Amazon転売

amazonで真贋について疑いを持たれた場合の対処方法

日本でも海外でもamazonは偽物を扱う事と、知的財産権の
侵害をしている商品を扱う事に対して非常に厳しく対処してきます。

アカウントの停止は勿論ですが、過去に販売した数量分の
領収書や請求書の提示を求めてきます。

amazonでアカウントが停止するには色々な理由が有りますが
真贋の疑いが最もアカウント再開が難しいとされます。

今回の記事では、真贋の疑いを掛けられないための対策や
アカウントが止まった後の対応方法についてご説明を
させて頂きますので是非参考にしてみて下さい。

偽物の疑いを持たれないために

amazonから偽物を扱っていると疑いを掛けられた時点で
アカウントが停止されてしまいます。

お客さまからのクレームが発端になりますので、疑われないための
対策が必要になります。

正規品代理店から仕入れを行う

取り扱う商品は全て正規品代理店から商品を仕入れて販売していれば、
お客様から偽物の疑いをもたれる事はまず有りません。

しかし場合によっては疑われる可能性が有ります。

海外製品の時に多いですが、製品の品質にムラが有ったり
不良が多かったりすると偽物である事を疑われる可能性は
十分に有るので注意をして下さい。

CtoCサイトからの仕入れをしない

個人間取引をメインに扱うサイトとして代表的なのは
ヤフオクなどのオークションサイトや、メルカリ等の
フリマアプリになります。

不要品処分の一環として安く販売されている方も中には
いらっしゃるので安く仕入れが出来る分、利益も狙いやすいですが
その分リスクも有ります。

メーカー正規品を扱うセラーは参入者の増加と商品価格の値崩れを
極端に嫌います。

amazonから警告が来たときの対処法

真贋についてクレームが上がるとamazonから警告が来ますが
警告が来ると言う事は、アカウント停止を意味します。

過去に販売した数量と同等数の仕入れ分の領収書・請求書の
提出を求められます。

また、条件としてはメーカーの正規代理店から発行された
書類に限ります。

店舗は勿論ですが、正規代理店の権利を取得していない
問屋や卸から購入した場合は、取り扱い商品が本物である事を
証明する事は非常に困難になります。

メーカー正規代理店から仕入れを行っていない場合

amazonが見て、仕入れ先がメーカーの正規代理店かどうかの判断が
付かない場合については、代理店契約書やメーカーから仕入れている事の
証明を出す必要が有ります。

メーカーサイトに記載されていれば、URLを連絡すれば良いですが
記載が無ければ、別の方法で証明する必要が有ります。

方法としては、仕入れ先が商品を仕入れた際の請求書や領収書
代理店契約書の写しなどが必要になります。

結論としては、問屋や卸売業者の多くは正規代理店契約を
していないので証明をする事は困難になります。

ノーブランド品・並行輸入品について

並行輸入品

並行輸入品は日本の正規代理店から仕入れていない海外製品の事を
指します。

海外メーカーや、海外の代理店から商品を直接購入していれば
良いですが、ebayや海外amazonから仕入れている場合は
本物であることの証明は非常に困難になります。

メーカー正規代理店が、並行輸入品の排除するための対応として
指摘してくる事が有りますので十分注意をするようにして下さい。

ノーブランド品

ブランドが無いのでノーブランド扱いになりますが、ロゴや
ブランド名を付したモノが多数amazonには存在しています。

商品やパッケージはノーブランド品と同じで、商品タイトルに
ブランド名を付け足しただけの商品も有ります。

そもそも根本はノーブランド品なので、本物・偽物の概念自体が
無いですし、amazonの規約上でもノーブランド品にブランド名を
付けて販売する事は禁止されています。

しかし、上記の様な商品でも偽物の疑いを掛けられて
アカウントが止まる事が有ります。

該当商品はノーブランド品である事をamazonに説明しても
正規代理店から仕入れた事を証明するように言われるだけで
何も進みません。

中国のノーブランド品を扱う際は、他者が作った商品ページに
相乗りするのではなく、自社で作成した商品ページで
販売するようにして行きましょう!