AmazonのFBA販売が儲からないと感じる理由は手数料が高いから

Amazonで儲からないという人たちが真っ先にあげる理由は大抵、

「FBAの手数料が高い!」

になります。

確かに、FBAは仕入、販売、発送と、かなり多岐にわたって手数料を取る仕組みになっており、特に少量の転売セラーにとって負担は大きいでしょう。

しかし、儲からない理由は、手数料の高さ以外にあるという見方もできます。

FBAに入ればセラーの出品商品がAmazonサイトの一番上に乗りやすくなったり、発送後の購入者からのクレームをAmazonが一手に引き受けてくれたりと、恩恵は数多くあります。

なので、大口ビジネスの転売セラーの中にはFBAが安いと感じる人もいることでしょう。

何事においても儲からない人は、労力をできるだけ惜しむ傾向にあり、まずそこを変えてみるべきではないでしょうか。

Amazonの転売ビジネスにおいても、マジメな努力をせずにFBAや各種のツールに任せっぱなしでは売れる商品を扱って稼ぐことができません。

ここでは、利益計算をして出品商品の価格を定めておくことなど、FBAを利用しながらでも儲かる具体多岐な方法をいくつか紹介します。

また、FBAを利用しないでも稼げる方法、つまり無在庫販売についても触れます。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

目次

AmazonのFBA販売で儲からない理由

儲からない人の多くは、まずリスクを避けてビジネスの初期投資をしない傾向にあり、Amazon転売においてはFBA以外ではできるだけ無料のツールを使いたがります。

中にはKeepaのように優れものツールもありますが、無料ツールの多くは有料ツールの足元にも及びません。

出品ツールの中にプライスターというものがあり、ツール全体の中でも利用者の人気トップランクを走っているほどの優れものです。

月々4,800円の利用料金ですが、きめ細かな商品情報の抽出や数多くの商品を一括出品できる機能などがあり、本格的な転売セラーには不可欠なツールだといえます。

とにかく、人気と評判のあるツールには、お金を惜しまずに利用する必要があります。

また、一攫千金を狙う負けパターンもあります。

1つの商品だけで何十万もの利益を上げようとしますが、大抵はいつまでも売れません。

それでFBAの基本料金払いで赤字転落した結果、FBAに逆恨みするようなことになります。

利益が低くても数をこなして地道にコツコツやってゆくことが大切であり、どんな世界でもこの手堅さこそが成功の源になるものなのです。

手数料が高い

Amazon転売は基本、薄利多売、つまり利益の薄い商品を数多く売るビジネスモデルです。

なので、売れなければ利益が少なくなり、手数料が高く感じられるようになります。

FBAは基本手数料が月々4,900円(税抜き)、それに在庫保管手数料と配送代行手数料の2つに大別されるものも加わります。

特に商品が売れ残り、在庫に長く預けていれば、その分、在庫保管のコストだけが膨れ上がってゆき、セラーには大きな金銭的負担がかかります。

配送コストにしても少量かつ近距離の販売であれば、自己発送した方が安くつくこともあります。

そういう方々にとっては、FBAは手数料が高いと思われてもしょうがないでしょう。

FBAが儲からない理由の1つ目は手数料が高いからです。FBAは、Amazonフルフィルメントセンターに商品を預けて保管から発送までを代行してもらうサービスです。

FBA利用には主に以下の2つの手数料がかかります。

  • FBA配送代行手数料
  • FBA在庫保管手数料

FBAを利用するうえでは、この2つの手数料は必ず支払いが必要です。

上記の2つ以外にもFBAで利用できるサービスがあり、利用した分だけ手数料がかかります。

FBAサービスには数種類のサービスがあるため、上記の2つの手数料を知ったうえで、他の手数料も調べておくと安心です。

手数料が高いと感じている方は、FBA料金を最低限に抑えられるよう工夫すると高いと感じなくてすむかもしれませんね。

FBA配送代行手数料

FBA配送代行手数料は、FBAを利用するなら必ず支払う手数料の1つです。

商品のピッキング・梱包・配送・カスタマーサービス・返金に必要な料金が含まれます。

FBA配送代行手数料は、商品サイズによって料金が異なります。

商品サイズは大きく分けて5種類です。

商品サイズは、最大寸法と重量によってFBA小型軽量商品プログラム〜特大サイズに分けられます。

小型サイズは料金が安く、大きくなるほど料金が上がります。

  • 小型サイズ=約300円
  • 特大サイズ=約5600円

これは、商品1点あたりの手数料です。

小型サイズと特大サイズでは、5000円以上の差がありますね!

このように、商品サイズによってFBA配送代行手数料が大きく異なります。

商品を仕入れる前に、リサーチの時点で「この商品のサイズはどれくらいか」を把握しておきましょう。

商品サイズによっては、FBA配送代行手数料が高いことが原因で利益が出ていないのかもしれません。

FBA在庫保管手数料

FBA在庫保管手数料は、FBA利用時に必ず支払う手数料の2つ目です。

AmazonFBAを利用するには、仕入れた商品をAmazonフルフィルメントセンターに送ります。

Amazonの倉庫に発送した商品は、注文が入るまで保管してもらわなければなりません。

倉庫に保管する際にかかる手数料が、FBA在庫保管手数料です。

手数料は、1日あたりの平均スペース使用料に基づいて計算されます。

FBA在庫保管手数料は毎月支払う必要があります。

FBA在庫保管手数料は、商品カテゴリとサイズ、保管した時期によって料金が変動します。

具体的には以下のような特徴があります。

  • 時期:1~9月が安い
  • カテゴリ:服&ファッション小物、シューズ&バッグが安い
  • サイズ:大型/特大型が安い

在庫保管手数料は、「1〜9月、服&ファッション小物、シューズ&バッグ」がサイズに関係なく最も安いです。

一方で、「10〜12月、服&ファッション小物、シューズ&バッグを除くカテゴリ、小型/標準サイズ」は最も高いです。

ツールで抽出した商品だけを出品している

プライスターなど優れた出品ツールがあるので、転売セラーたちはついついそこに依存してしまうこともあるでしょう。

しかしネット上に出品される商品も生ものであり、ツールという機械がその良し悪しを完全に把握できるワケではありません。

大量に商品をさばくセラーでも、経験をつんで学習し、自分なりの基準を持って商品を仕入れることが大切になってきます。

この独自の知恵や直感を持つことができれば、便利なツールはなお使い勝手のよいものになることでしょう。

また、出品ツールには思わぬ落とし穴もあります。

商品が二重登録されることがあり、それは最悪、Amazonのアカウント停止を招きます。

FBA倉庫への配送料がかかる

先程も説明しましたが、FBAを利用するにはFBAの倉庫に仕入れた商品を発送しなければなりません。

FBAの倉庫へ発送するためには、送料がかかります。

FBAを利用する際にはFBAの手数料だけではなく、倉庫までの配送料も考慮しておきましょう。

倉庫までの配送料はまとめて発送すると安くなる場合があります。

せどり初心者は仕入れる商品数が少ないため、まとめて送る量も少なく、送料が高くなりがちです。

熟練者は1度に数十箱まとめて発送するため、送料は安くなります。

また、商品を送る場所は1つではありません。

FBA倉庫は全国にあり、商品によって発送する倉庫の場所が異なります。

FBAの手数料をできるだけ安く抑えていても、倉庫までの配送料で高くついてしまったらもったいないですよね。

配送料はできるだけ安い業者を選びましょう。

FBAが儲からない理由は、商品をFBA倉庫へ送る料金が高いからかもしれません。

利益計算を行っていない

AmazonFBAが儲からないのは、利益計算が十分ではないからかもしれません。

あなたは、商品の仕入れ以外にかかる経費がいくらぐらいか計算できていますか?

FBAが高くて儲からないと感じる場合、仕入れる段階では「この商品は儲かる商品だ!」と思って購入したはずです。

しかし、実際に販売すると利益が出なかった……

というのも、原因は、FBAの手数料の計算が曖昧だった可能性があります。

仕入れたい商品を見つけたら、購入する前に手数料やその他の経費にいくらかかるかを計算したうえで、利益が出るかを計算してくださいね。

Amazonでは、FBAシミュレーターを利用すればFBAを利用した際の利益計算ができます。仕入れる前にぜひ、FBAシミュレーターから利益計算を利用しましょう。

FBA販売で利益を出す為の対策

色々な利益対策がありますが、最もイージーで手堅いものはセール期間を狙うことではないでしょうか。

Amazonは7月の『Amazonプライムデー』と12月の『Amazonサイバーマンデー』という具合に、頻繁にバーゲン・セールをしています。

そして去年から、毎月『Amazon タイムセール祭り』が開かれ、54時間の間だけ特定の売れ筋商品がバーゲンセールされるようになりました。

これは特にFBA販売を本気でやる大量転売セラーにとっては、バーゲンの対象商品数が多い分、ビッグチャンスだと言えます。

値段が飛びぬけて安くなる状況であれば、ほとんど頭や手間を使うことなく大きな利益を上げられる可能性が高まります。

こういう時に多く儲けておけば、普段の取引で出た損失の補填にもなることでしょう。

仕入れ値を安く抑える

仕入れ値を安くするには、先にも書いたKeepaが大いに役立ちます。

GoogleのChromeの拡張ツール、Keepaを使えば、何よりも価格トラッキング機能を利用できます。

Keepaにおいて、出品したい商品に対し希望仕入れ価格を設定しておけば、あとは放っておくだけでその商品の価格をトラッキング、つまり追跡してくれます。

希望の価格になるとお知らせが入り、そこで仕入れれば利益を出せます。

ただ配送料金はふくまれていないので、希望仕入れ価格に数百円をプラスしておくべきでしょう。

回転率の高い商品を出品する

先に利益率の高い商品で一攫千金を狙わないよう書きました。

利益率よりも回転率を重視した方が転売ビジネスも大体うまくゆくものです。

回転率とは年間のその商品の在庫回転数のことですが、要はよく売れてよく回る率ということです。

利益が少なくても、売れてよく回る商品をできるだけ数多く販売することは、薄利多売のAMAZON転売において典型的な成功モデルと言えるでしょう。

利益率は10%で上出来、20%も行けば奇跡だというくらいの慎ましい姿勢で商売し続ければ、いずれ必ず一財産を築くことになるでしょう。

ライバルセラーの数を意識する

Amazon転売は個人でも気軽に始められるだけに、ライバルが数多く出てきます。

自分の扱う商品に関連したライバルの人数やその在庫数を意識することは大切です。

どちらの数も多ければそれだけ競争率が高く、また価格の値下げ競争も起こりやすくなります。

転売初心者のうちは、そういう場を避けた方がいいでしょう。

大勢のライバルに相乗りせずに新規商品を出したり、マニアックな好みを突いたニッチ商品を出したりした方が勝算は高いハズです。

FBAを使わずに稼ぐ方法も検討しよう

月2~3万円の小遣い稼ぎでいいんだよ。

まずは、スモール起業で転売ビジネスを始めたいんだ。

そういった小さな池に釣りに行くような感覚でAmazon転売をしたい人であれば、FBAという海釣り用の高級つり竿をレンタルしても、損をするだけです。

Amazonは主に小口の転売者たちのために、FBA抜きの無在庫販売も行っています。

無在庫販売とはAmazonの在庫を借りず、個人で仕入れた商品を直接、購入者に届けるやり方です。

購入が決定した後、直接その人に仕入れ商品を発送する方法と、自宅を経由して行う方法がありまずが、商品の到着が早くコストも安いことから、直接発送の方が多く使われています。

FBAシミュレーターを使えば、多くの場合、FBA利用者より無在庫の自己発送者の方がコストがかからず、多くの利益があがることが見て取れるでしょう。

しかし反面、売れるかどうかという最も大切な点で、さまざまな販促サービスを受けるFBA利用者には大きく引き離されてしまいます。

それでも無在庫セラーはFBAのコストがかからない分、気軽にのんびりと続けられます。

利益率は低いけれど回転率がそこそこあるものや、相乗りではないニッチ商品などを中心にコツコツ売ってゆけば、必ずその努力に見合った報酬を得ることができるでしょう。

そして、小さな池にも時にブラックバスのような大物が眠っていることもあります。

FBAを利用しない無在庫セラーにも夢はあるのです。

FBA納品が最適な商品

販売する商品の特徴によってFBAに向いている商品があります。

FBA納品が最適な商品は以下の3つです。

  • 立て積み商品
  • 海外輸入品
  • 利益率の高い商品

FBAを利用すると、商品によっては儲からない可能性があります。

商品を発送する際は商品サイズによって、FBAを利用したほうが安い場合と、自己配送の方が安い場合があります。

小型サイズの商品は、FBAを利用せず自分で発送した方が安くなる場合があります。

このように、商品によってFBAの利用がいい商品と悪い商品があります。

上記の3つはFBA納品で儲かる商品です。

このような商品を取り扱う場合はFBAを積極的に利用しましょう!

縦積み商品

FBA納品が最適な商品の1つは、縦積み商品です。

縦積み商品とは、同じ商品を大量に仕入れることです。

縦積み商品は、商品がたくさんあるため、自己配送では作業量が膨大になります。

また、商品を大量に仕入れるとその分保管場所も必要になります。

保管場所や注文が入ってからの作業量を減らすために、FBAを利用しましょう。

以下のような商品は、縦積みしやすい商品です。

  • トレンド商品
  • 新品で定期的に売れる商品
  • 中古でも人気の商品
  • セールで大量に安売りしている商品

縦積み商品のメリットは以下の通りです。

  • 同じ商品なので管理や出品作業が楽
  • 同じ梱包材を使える
  • よく売れる商品なら早く利益が出る

一定の需要があり、継続的に売れる商品や売れ筋の商品をみつけたら縦積みすると利益が出やすいです。

しかし、大量に仕入れると作業量が多くなりますので、FBAの利用が最適です。

FBAを利用する際は、縦積み商品を探しましょう!

海外輸入品

海外輸入品は、FBAの利用がおすすめです。

海外から商品を輸入する場合は、単品の仕入れは少なく、複数の仕入れが一般的です。

海外輸入では、中国からの輸入が多いです。

中国輸入は、大量に仕入れて大量出品するため、FBAを利用しないと保管場所や配送作業が負担になってしまいます。

中国輸入は、ロット単位での仕入れになります。

1ロットは〇〇個と決められており、決められた数ごとに仕入れます。

1ロットは、10〜100個と幅広いです。

数十個、数百個と仕入れれば、保管場所にも困りますし、作業量もかなり負担になると予想できますね。

輸入ビジネスの場合は1人で無理をせず、FBAを積極的に活用しましょう!

利益率の高い商品

利益率の高い商品は、FBAの利用が最適です。

利益率が高ければ、FBAの手数料を差し引いても儲かります。

利益率の高い商品でFBAを利用すれば、高利益の商品がさらに売れやすくなるので、儲かりやすくなります!

そのため、FBAの手数料込みでも高利益になる商品を探しましょう。

FBAの利用にはどうしても手数料がかかります。

また、FBA以外にもAmazonで出品するには手数料がかかりますね。

仕入れる前に、手数料がいくらかかるのかを知っておきましょう。

Amazonで必要な手数料は以下の5つです。

  • 出品プラン料
  • 販売手数料
  • FBA配送代行手数料
  • FBA在庫保管手数料
  • FBA納品時の送料

この5つを加味して商品をリサーチし、高利益の商品を狙いましょう。

利益率の高い商品でFBAを利用して、さらなる利益を目指しましょう!

AmazonFBAで利益を出す方法

AmazonFBAで利益を出す方法は5つあります。

  1. 安く仕入れる
  2. 手数料や送料を安くする
  3. 回転率を上げる
  4. ライバル数を意識する
  5. 正確な利益計算をする

FBAの利用はメリットが大きいですが、手数料がかかります。

そのため、AmazonFBAを利用する方は、FBAの手数料を支払ったうえで利益を出す必要があります。

上記の5つを意識して作業をしていると時間もかかるし面倒だと思うことがあるかもしれません。

しかし、作業をおろそかにしていると利益が出なくて悩むことになる可能性があります。

以下を参考にして、FBAを利用しながら利益を出していきましょう!

安く仕入れる

FBAで利益を出すためには商品を安く仕入れましょう。

利益が大きければ、得られた利益の一部をFBAの手数料に回せます。

FBA手数料を含めても上回る利益を得るためには、どれだけ安く仕入れたかが重要です。

仕入れを安く抑えるために最適なツールがあります。

Google Chromeの拡張機能のKeepaを使えば、仕入れたい商品と希望価格を登録しておくと希望価格になった時点でお知らせしてくれます。

この価格トラッキング機能は無料でも利用できるのでおすすめですよ。

Keepaは下記のリンクからインストールできます。

Keepa – Amazon Price Tracker

商品を安く仕入れるためにはリサーチが大切です。

Keepaを利用して、FBAの手数料込みで利益が出せる価格を設定しておくと、AmazonFBAを利用しながら利益を得られます。

狙った商品を仕入れたい価格で安く仕入れましょう。

手数料や送料が安い商品を選ぶ

FBAを利用しながら利益を出すためには、下記の2つを考えましょう。

  1. FBA手数料をが安い商品を選ぶ
  2. FBA納品時の送料を安くする

【FBA手数料が安い商品を選ぶ】

FBAで儲かるためにはFBAの手数料をできるだけ安く抑えましょう。

おさらいになりますが、FBAの手数料は商品によって料金が異なります。

FBA手数料で安い商品は以下の通りです。

FBA手数料特徴
FBA配送代行手数料小型サイズは料金が安い
FBA在庫保管手数料通年で服&ファッション小物、シューズ&バッグカテゴリがサイズに関係なく最も安い

上記に当てはまる商品を選べば、FBAの手数料を安くできますよ。

【FBA納品時の送料を安くする】

FBAは商品によって納品する倉庫の場所が異なります。

荷物を配送してくれる業者はたくさんありますので、納品場所が異なれば、料金もそれぞれです。

FBA納品時はFBAパートナーキャリアを使うとお得になる場合があります。

2023年1月時点では、FBAパートナーキャリアは日本郵便とヤマト運輸です。

ゆうパックは基本運賃と同額で割引されていません。

ヤマト運輸は、FBA倉庫への配送で割引料金が適用され、基本運賃の最大67%割引になります。

FBAパートナーキャリアの説明は以下のリンクを参照してください。

FBAパートナーキャリア

FBAパートナーキャリアは変わることがありますので利用する前に確認するほうがいいでしょう。

納品する商品のサイズや数、住んでいる地域や納品場所によってお得な運送会社が変わります。

手数料や送料を安く抑えて利益に繋げましょう。

回転率を上げる

AmazonFBAで稼ぐなら、商品の回転率を上げるのがおすすめです。

商品の回転率を上げて、利益を出していきましょう!

FBAの在庫保管手数料は利用した日数分の手数料を支払う必要があります。

FBA倉庫に預けている期間が長ければ、それだけ手数料が上乗せされていきます。

商品が売れて在庫が無くなれば、在庫保管手数料はかからなくなります。

在庫商品をたくさん売ってどんどん減らしていきましょう。

しかし、在庫が少なすぎるとお客様が商品を購入しにくくなります。

在庫保管手数料を抑えるためには、最低限の在庫数にしましょう。

また、FBAを利用すると商品が売れやすくなる特徴があります。

売れ行きのいい商品を仕入れてFBAを利用するとさらに商品が売れやすくなります。

回転率が上がるため、利益も出やすくなります。

売れ行きのいい商品を仕入れて回転率を上げ、FBAの手数料を上回る利益を出しましょう。

ライバル数を意識

FBAで利益を出したい方は、ライバル数を意識して仕入れをしましょう。

Amazonの出品は誰もが気軽に始めやすいため、出品者も多いです。

出品者が多いと、ライバルも増えます。

そのため、あなたがリサーチでみつけた商品は、他のライバルセラーもみつけている可能性が高いです。

仕入れたい商品をみつけたら、同じ商品を出品している人は何人いるかを必ず把握しましょう。

ライバルの人数だけではなく、その人の在庫がいくつあるかもチェックしておいて下さい。

在庫がたくさんあれば、その分競争率があがります。

Amazon出品初心者は、競争率が高いところは避けた方がいいかもしれませんね。

ライバルが少なくても売れる商品を狙いましょう。

例えば、新規商品を販売したり、プレミア商品など一部のコレクターに人気の商品を販売したほうが儲かりますよ。

FBAを利用して出品する際には事前にライバルの数を確認しましょう!

正確な利益計算をする

FBAを利用して稼ぐには、利益計算を正確にすることが大事です。

正確な計算をして、儲かる商品を仕入れて利益を出しましょう。

Amazonで出品する際の利益計算は、ぜひFBAシミュレーターを利用してください。

FBAシミュレーターの使い方は以下の通りです。

  • FBA料金シュミレーターにアクセス
  • 対象商品を検索する
  • 必要項目を入力

商品を検索する際は、ASINコードを入力しましょう。

ASINコードはAmazonの商品を識別するための番号です。

商品が検索できたら、希望価格・予測される販売手数料など必要項目を入力します。

計算結果とともに利益やコストなどがグラフで表示されるため、便利です。

損益分岐点を出しておけば、損益がわかりやすくなるためおすすめです。

出品前に損益分岐点を計算し、利益計算をしておけば、手数料が高くて儲からない事態には陥らないはずです。

以下は、FBA料金シミュレーターの画像です。

赤枠の部分に商品のASINコードを入力すると商品の検索結果が出てきます。

引用:FBAシミュレーター

上記のように商品価格を入力すると、画面の下の方に計算結果が表示されます。

AmazonFBAを利用する際の注意点

AmazonFBAを利用する際の注意点は3つです。

  • 商品の品質管理が難しくなる
  • 納品時の梱包ルールを守る
  • FBA倉庫で保管できない商品がある

FBAは販売する商品を倉庫に預ける必要があります。

仕入れた商品は一度送ってしまえば、その後の管理はAmazonが代行します。

そのため、自分で好きなように管理できない特徴があります。

また、納品する際にはルールがあります。

FBAを利用する方は、商品を仕入れる前に注意点を知っておきましょう。

商品の品質管理が難しくなる

AmazonFBAを利用する際は、商品の品質管理が難しくなります。

特別な品質管理が必要な商品の場合は、FBAを利用せず自分で保管しましょう。

FBAはAmazonの倉庫で商品を保管します。

倉庫へ一度送ってしまえば、商品の状態の確認が難しいです。

湿度や気温によって品質が変わりやすいもの、デリケートな素材の商品など、保管方法に気をつける必要のある商品は、FBA納品に向かないものがあるので注意しましょう。

納品した商品の状態を確認したい場合は、FBA倉庫から商品を返送してもらえます。

「返送→確認→再び納品」の手順で商品の状態の確認が可能です。

この場合、返送手数料や再び納品する送料を支払わなければなりません。

FBA倉庫に送る商品は品質管理が難しくない商品を選択しましょう。

納品時の梱包ルールを守る

Amazonに納品する際は梱包ルールを守りましょう。

FBAに商品を発送して、それ以降の作業を代行してもらうためにはルールがあります。

梱包ルールは「そのままお客様に送れる状態で納品する」ことです。

もちろんAmazonで最低限の梱包はしてもらえます。

しかし、基本的にはFBAに納品した商品は、そのままお客様に届けられると思って梱包しましょう。

もし梱包に不備があった場合は納品不備扱いとなります。

納品不備の場合、返品か処分を選択し、手続きは自己負担です。

梱包ルールを簡単にまとめると以下のようになります。

  • 梱包が終わったら既定の配送ラベルを貼り付ける
  • 商品配送中の衝撃対策をする
  • 異物混入は避ける
  • 緩衝材は使えるものが限られている

梱包ルールは、1つでも不備があると納品不備扱いになります。

商品を納品する前に梱包要件を確認しておきましょう。

詳しく知りたい方は、以下のFBA梱包要件を参照してくださいね。

FBA梱包要件

FBA倉庫で保管できない商品がある

FBAでは倉庫で保管できない商品があります。

保管できない商品と知らずに仕入れてしまうことのないよう注意しましょう。

Amazonでは「FBA禁止商品」が定められています。

FBA禁止商品に該当する商品は納品不可なので注意してください。

以下の製品はFBA禁止商品なので、FBA納品できません。

  • 温度管理が必要な製品
  • 期限表示がある製品
  • 動植物
  • 危険物や化学薬品
  • 販売に許可や届出が必要なもの
  • その他定められたもの

期限表示がある製品は、大口出品なら納品可能なものもありますので、確認が必要です。

Amazonセラー公式アプリでFBA納品できるかを確認できますので、仕入れた商品が納品できるかを事前に確認しましょう。

AmazonのFBA販売が儲からないと感じる理由は手数料が高いから:まとめ

Amazon転売で儲からない人の多くはFBA手数料が高いと感じており、薄利多売のビジネスモデルにはつきものの不満だと言えます。

本当に儲けたい人はFBAを使うのはもちろん、数多くの有料ツールも併用して初期投資を惜しまないようにしましょう。

ツールまかせにして怠けることなく、利益率よりも回転率の高い商品をコツコツ販売し、その時々の学びを大切にして経験を生かすことも大切です。

FBAシミュレーターやKeepaなどを使って、利益率や出品価格をコントロールすればより確実な利益UPが望めます。

Amazonのさまざまなセール期間は大きなビジネス・チャンスであり、特に販促特典のあるFBA利用者は大きな利益を上げられるハズです。

小遣い稼ぎ目的であればFBAの利用は必要なく、無在庫セラーとしてニッチな新規商品などをコツコツ売ってゆけばその努力に見合った報酬を必ず得られるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次