国内転売ビジネス

Amazonから転売してメルカリで稼ぐ方法 ノーリスクで初心者でも出来る!

Amazonから転売してメルカリで稼ぐ方法について

転売ビジネスでは、Amazonとメルカリでの商品の価格差を利用することで初心者でもノーリスクで稼ぐことが可能です。

「Amazonだけでは、出品した商品が購入されない・・・」

「商品を仕入れたけど、在庫が多く残る・・・」

転売ビジネスを行う上で、このようなリスクは少しでも下げたいのが本音ですよね。

こんな悩みも、メルカリを利用することによる「販売経路の拡大」や「無在庫転売」により解決することができます。

「木を見て森を見ず」ではないですが、特にAmazonだけを売買の拠点にされている方は、メルカリを利用するだけで見えてくる世界が大きく広がります。

1つのことに縛られるのではなく、リサーチをして色々な「武器」を持つことが転売ビジネスで利益を上げるためには必要です。

この記事では、そんなメルカリを利用したAmazon転売の方法を詳しく解説します。

Amazon以外でも、転売ビジネスをしたい

在庫にかかる経費は少しでも減らしていきたい

このような方は、ぜひこの記事をご覧ください。

あなたもメルカリを利用した新しい「武器」を使って、転売ビジネスで利益を上げていきましょう。

 

Amazonから転売してメルカリで稼げる理由

Amazonとメルカリはどちらも商品を購入したり販売したりすることができます。

この中でメルカリは、業者からの取引は極力抑えた個人間取引(CtoC)が基本です。

例えば個人間取引(CtoC)とは、「所有している衣服が不要になった人(個人)」が、「その衣服を欲しい人(個人)」に販売するような個人同士で行う取引のことです。

つまり、Amazonは「お店(業者)」が商品を販売できますが、メリカリでは「お店(業者)」が商品を販売できないのです。

このような「違い」があるため、Amazonから転売してメルカリで稼ぐことができるのです。

ではメルカリでどのように稼ぐことができるのか見ていきましょう。

 

Amazonとメルカリは価格差がある

メルカリは個人間取引(CtoC)を基本としているため、Amazonとの価格差が生まれます。

Amazonでは業者が販売することが多いため、価格競争が激化して価格割れが起きている商品があります。

価格割れが起きた商品では、Amazonよりメルカリの方が高く売られているケースがあるのです。

このような商品をAmazonで仕入れて、メルカリで販売することで利益を上げることができます。

 

中国輸入のノーブランド品が狙い目

Amazonで価格割れをするケースはわかったけど、どのような商品が安く販売されているのでしょうか。

最も狙い目な商品は中国輸入の「ノーブランド品」です。

Amazonで「ノーブランド」と入力するだけで商品を検索することができます。

Amazonの「ノーブランド品」をメルカリとの価格を比べることで、価格割れを起こしている商品を選んで仕入れることができます。

 

ネット上で仕入れることが出来る

転売ビジネスをやられている方は、「家電量販店」「雑貨店」等の実店舗で商品を仕入れている方も多いのではないでしょうか。

実店舗では自分で商品を確認できるので、欠陥品があったら購入を避けることができるメリットがあります。

しかし、様々な場所を回らなければいけないので時間がかかるのが難点です。

その中で、Amazonで仕入れてメルカリで販売する転売はネットで全て完結してしまいます。

このため、時間がない方でも転売を実践することができるのです。

 

Amazonで仕入れてメルカリで転売する流れ

Amazonで仕入れてメルカリで販売する転売の流れをご紹介します。

特に初心者の方は、初めの失敗は大きな負担となってしまうことがあります。

そのため、しっかりと流れを確認して実践してみましょう。

 

1.Amazonでの価格をリサーチする(入れ替え)

Amazonでの価格をリサーチしていきましょう。

ここで狙うのは、先ほどご紹介した中国輸入の「ノーブランド品」です。

Amazonの検索画面に「ノーブランド」と入力して下さい。

検索するとかなりの数の商品が出てきますが、赤字表記の定価より安くなっている商品を選んでいきましょう。

 

2.メルカリで需要がある商品を調べる(入れ替え)

次に、Amazonで選んだ商品がメルカリで需要があるか知る必要があります。

メルカリの表記で「SOLD」となっていれば商品が売れていることになります。

Amazonで選んだ商品を検索して、このような「SOLD」と記載された商品が多数あるか確認してみましょう。

多くの出品表示が多くあるのに、「SOLD」と記載された商品が明らかに少ないときは、その商品に需要がないのでメルカリでの出品はやめましょう。

 

3.価格差があれば仕入れて出品する

Amazonで選んだ商品が、メルカリの方が高ければ商品選びは完了です。

Amazonで商品を仕入れて、メルカリで出品を行いましょう。

ただし、価格差に関して、メルカリでは販売価格の10%が手数料として取られてしまいます。

このため、販売手数料を考えた価格差を考慮することが必要になります。

 

無在庫販売にも応用できる

Amazonから仕入れてメルカリで販売する方法は、「無在庫販売」にも応用することができます。

「無在庫販売」とは、メルカリで注文が入った時点で、Amazonから商品を仕入れる方法です。

そのため、在庫リスクがなくなる大きなメリットとなります。

Amazonの価格割れは商品の供給が多いために起こる現象です。

このため、Amazonでの仕入れるときに商品がなくなっているリスクはなく、安心してメルカリで商品を販売することができます。

ただし、メルカリでの「無在庫販売」は規約違反で、見つかった場合は「アカウント停止」「強制退会処分」となる場合があります。

「無在庫販売」は法律的には問題がないですが、「無在庫販売」を行うときは自己責任で行いましょう。

Amazonを販路にすることも可能

メルカリを利用した転売では、メルカリで仕入れた商品をAmazonで販売することも可能です。

先述した通りに、メルカリは個人間取引(CtoC)が基本です。

このため、市場の商品価格を理解していない方が調べずに、商品を出品している場合があるのです。

このような商品は、Amazonの方が高い価格で販売されていて、メルカリで商品を安く仕入れてAmazonで商品を高く販売することができるのです。

このように、メルカリで仕入れてAmazonを販路にすることで、「販売経路を拡大」することができます。

Amazonだけで商品を探してが見つからない方は、メルカリに視野を広げることで良い商品が見つかり大きな利益を得られるかもしれません。

メルカリにはこうした極端に安くなっている商品が、たまにあるので探してみてください。

 

まとめ

Amazonとメルカリを利用した転売ビジネスの方法をまとめてみました。

メルカリを利用することで、「販売経路の拡大」や「無在庫転売」により転売ビジネスの幅が広がったことがよくわかったと思います。

「安く買って高く売る」ことが転売の基本になります。

Amazon、メルカリのどちらで仕入れるにしろ、価格差と需要の確認が大切です。

また、転売ビジネスで利益を出していくには、多くの「武器」を身に付けていくことが重要となります。

この基本を忘れずに転売ビジネスで利益を出していきましょう!

 

最後までご覧頂き有難うございます!