国内転売ビジネス

メルカリを商売目的で利用すれば転売で売り上げ10万を稼げる!

メルカリを商売目的で利用すれば10万円は稼げる

メルカリを商売目的で利用している人はたくさんいます。

売り上げや利益が多い人では月に10万円以上の利益を得ている方も多いです。

しかし、転売というビジネスを知ったばかりの方は、

「メルカリって商売目的で使って良いの?」

「メルカリは稼げるサイトなの?」

と思っている方もいらっしゃいますよね。

メルカリは集客力も高く、様々な商品ジャンルを扱えるサイトです。

個人の副業でも十分に稼ぐことが出来ます。

真面目にやれば起業の足掛かりにすることも可能です。

メルカリ以外のサイトや実店舗から商品を仕入れて、それ以上の価格で出品・販売することが出来れば利益を得ることが出来ます。

仕入れ価格以外にも、送料などを安く抑えることが出来れば、さらに利益は大きくなります。

メルカリを使って転売で稼ぎたい方

商売の基本を学びたい方

こういった方はこちらの記事をお読み頂ければと思います。

商売に必要な基礎をメルカリで手堅く稼ぎながら学ぶことが出来るようになります。

 

メルカリで商売することで十分に稼げる

フリマアプリであるメルカリを使えば、十分に商売として稼ぐことが可能です。

メルカリは、フリマアプリと言っても、かなり多くのユーザーが集まっているサイトになります。

販売できる商品のカテゴリーも、ほぼ全てのジャンルをカバーしていて、商売目的で商品を出品している販売者も数多く存在しているプラットフォームになります。

メルカリ自体は商売を目的とした業者の参入を拒んでいるような状態です。

ですが、実際にはそのすべての利用者を規制しているということではありません。

利用規約に違反せずに、人気のある商品を出品することができれば、問題なく稼ぐことができるサイトであることは間違いありません。

将来的に起業を考えている方も、メルカリで商売の基本を学ぶことも可能です。

世の中にはどんな商品が求められているのか

スマホで商品を売買するにはどんな戦略が必要なのか

というようなマーケティングの基礎を学ぶこともできます。

 

メルカリの転売で稼ぐことが出来る理由

メルカリで転売を行って稼ぐことができる理由は明確にあります。

メルカリというフリマアプリが誕生してそれほど時間は経過していませんが、これほどの人気を誇っているのには理由があるのです。

それらを理解すれば稼げる理由も納得がいくかと思います。

 

集客力がある

メルカリにはとにかく多くのユーザーが集まっています。

既に日本の人口を超えるスマホの数が出荷されています。

そのスマホを利用した「アプリ」という形式でサービスを提供している為、商品を出品する側と、商品を購入する側の両者のハードルが低く設定されているのです。

つまり、スマホを持っていればその全ての人がメルカリの潜在的なユーザーになり得るということになります。

それぐらい大きな集客力を持っているのがメルカリです。

商売の基本として、

顧客が多い市場に参入する

ということが重要になってくるわけですが、メルカリはその条件を満たしているということになります。

 

商売を行うまでのハードルが低い

メルカリはスマホ1台でほぼ全てのやり取りを完結することができます。

商品を購入する側にとっても、スマホがあれば簡単に欲しい商品を手に入れることができるわけです。

出品する側にとっても、スマホで写真を撮り、簡単な商品説明を書き加えることができるスキルがあれば、誰でもものの数分で商品を販売することができます。

販売する側と購入する側の参入障壁が極端に低い環境をメルカリは構築しているのです。

 

見込み客とのコミュニケーションが取れる

ネット上で商品を行う場合に問題となるコミュニケーションの問題をメルカリは解決しています。

商品の購入前に購入者が出品者に気軽に問い合わせができるコメント機能が備わっています。

このコメント機能を利用することで、他のサイトではできないような問い合わせお気軽に行うことが可能になっています。

本来であれば、

商品説明作成の際のコピーライティングスキル

機能的価値が高い商品を扱わなければいけない

というのがECサイトでの販売者側の役割になります。

しかしそれらを持ち合わせていなくても、コメント機能があることで、見込み客を確実に売上に繋げることができるのです。

 

商売上手になる為の基礎を学ぶ

メルカリのアプリに備わっている全ての機能を使いこなすことができれば、全ての商売に通じる考え方を身につけることができます。

・需要がある商品を探す

・商品が仕入れられるルートを探す

・自分が持っている資金に合わせて商品を仕入れる

こういった商売の基礎をメルカリで全て身につけることができるのです。

今まで、個人としてビジネスを行ったことがなくても、先ほど挙げた

参入障壁の低さ

を考えると、メルカリは転売初心者におすすめのサイトであることが分かります。

 

商品の仕入れ先はいくらでもある

一般的な、物を売る商売の場合は、自分自身で売る商品を用意しなければいけません・

しかし、メルカリを利用して稼ぐのに必要なのは、売れる商品がどんなものであるかを理解することだけです。

それさえ理解してしまえば、メルカリ以外の市場で商品を仕入れて転売を行えば良いだけです。

問題は商品をどこから仕入れるかという部分になります。

仕入先に関しては、

国内の他のECサイト

直接足を運べる実店舗

になります。

例えばAmazonやヤフオクも仕入れ先になりますし、身近な実店舗もう商品の仕入先に数えることができます。

ECサイトであればAmazon、ヤフオク、または価格ドットコムに掲載されているようなネットショップからの仕入れも可能です。

本格的に転売に取り組んでいる出品者は、海外から商品を輸入している場合もあります。

また実店舗であれば、ファッションセンターしまむらなどのごく普通の店舗で商品を仕入れることも可能です。

 

ハンドメイドなどの作品も販売できる

メルカリで販売できるものは、仕入れが必要な既製品ばかりではありません。

趣味で行っているハンドメイドの作品なども販売することができます。

特にメルカリでは、子供向けのハンドメイドや、女性向けのアクセサリー、雑貨なども人気がある商品ジャンルの1つです。

もしあなたが、趣味でハンドメイドの作品を作っているのであれば、趣味を兼ねて作品をメルカリで出品して行くのも良いかと思います。

この時に考えておきたいのは、

メルカリでどんなハンドメイド作品が売れているのか

ということを事前にリサーチをするということです。

自分が作りたい作品を作ってメルカリで販売するのもいいでしょう。

ただし、自分が作りたいものと市場が求めているものが違う可能性はあります。

もし利益を上げることを目的として、ハンドメイド作品の販売先に利用するのであれば、メルカリでどんな商品が売れているのかを事前に把握しておくことは重要です。

 

税金の知識は身につけておく

メルカリは個人でも不用品の販売や商品の販売を行える場所を提供しているだけです。

サイトの利用規約なども定めてはいますが、税金などの対策は個人で行う必要があります。

基本的には、年間で20万円以上の所得がメルカリで発生しているようであれば、確定申告が必要になります。

特に副業で行う場合には、確定申告を行わなかった場合、税務調査が入る可能性があります。

そのことがきっかけで、会社に副業がバレてしまうということも可能性としては十分にあり得ます。

もし商品の販売先をメルカリ以外の所に移したとしても、確定申告をしなければいけないということは変わりありません。

しっかりと税金関連の知識も持ち合わせてから転売を実践していくことが求められます。

まとめ

メルカリは個人が商売をするしていく上では最適なプラットフォームであると言えます。

集客力もさることながら、世の中の認知度も高いサイトです。

今後、自社の商品や仕入れた商品の販売先としてメルカリを使っていくことは、とても重要な販売戦略になっていくと思います。