Amazon転売

メルカリとAmazonどっちが転売で儲かるを比較 ヤフオクも選択肢に!

転売を始めたばかりの方はどこを転売先として使用すれば良いか迷いますよね。

特にメルカリがここまで利用者数が増えてからは、

「メルカリとAmazonはどっちが儲かるの?」

「ヤフオクは稼げなくなったの?」

という疑問が出てくると思います。

結論から言えば、メルカリもAmazonもどちらも儲かります。

問題はそれぞれのプラットフォームの特徴や違いを理解して転売を実践できるかどうかになります。

メルカリとAmazonを比較した場合、メルカリは少ない商品数でピンポイントで売れる商品を扱う場合に有効です。

逆にAmazonは多くの商品数を出品する場合に出品や発送の手間を省くことが出来ます。

商品を購入するユーザー層も違う為、販売戦略が異なります。

手数料の料金体系も違うので、あなたが取るべき戦略によっては、同じ時間を掛けても利益が変わってくる可能性があります。

メルカリとAmazonの違いを理解したい方

効率良くプラットフォームを利用したい方

どのサイトで商品を出品すれば分からない方

こういった方はこちらの記事をご覧いただくことで、メルカリとAmazonの違いを理解して利益を最大化することが出来ます。

ぜひこれからの転売の実践を効率良く進めて頂ければと思います!

メルカリもAmazonもどちらも儲かる

結論から言えば、メルカリもAmazonもどちらも儲かるプラットフォームであることは変わりありません。

集客力

商品販売力

それぞれどちらも大手ECサイトとしての力は大きく、転売を行っていく上では外せないサイトになります。

しかし、それぞれには長所と短所があります。

メルカリは個人の私物を売買するためのフリーマーケットという側面がありますので、それほど多い商品数の出品を想定していません。

一方でAmazonは個人のコミュニケーションを重視するというよりも、とにかく多くの商品を扱う際に有効なサイトだと思います。

扱う商品が少なければ、フリマアプリであるメルカリを使えば見込み客とのコミュニケーションをとりながら商品を販売していくことができます。

AmazonはFBAを利用しながら、副業でも多くの商品販売していくために必要なプラットフォームであると言えます。

メルカリとAmazonはどっちが売れるか比較

メルカリとAmazonを比較した場合に、どちらが商品を多く販売し、利益を得ることができるのかを比較してみたいと思います。

前述したとおり、メルカリもAmazonも集客力と販売力はどちらも十分に備わっているプラットフォームです。

今回はそれぞれのシステムの違いにフォーカスして解説を行っていきます。

出品方法の違い

メルカリは個人によるフリーマーケットという側面が大きいため、商品を1つずつ出品していく形になります。

AmazonはECサイトという側面が強いため、一度に多くの商品を出品することが可能になります。

メルカリでも出品作業を効率化するためのツールが開発はされていますが、運営側が年々規制を厳しくしているため、ツールによる出品作業はお勧めできません。

Amazonは公式で出品ファイルの利用を促進しているため、一度に多くの商品を出品状態にすることができます。

取引形式の違い

メルカリは商品の購入前に出品者と顧客がコミュニケーションをとる機会が設けられます。

コメント機能を使用することで、商品ごとに問い合わせを行ったり、値下げ交渉などを行ったりすることができます。

価格に関しての問い合わせの他にも、発送方法や発送時期などのやり取りを、コメント欄で行ってから取引に入っていくことができます。

Amazonは販売に関わるほぼ全ての手続きを、アマゾン側で行うような形になります。

出品者側は受注をした後、購入者に向けて商品を発送すれば良いだけの状態です。

購入者と出品者のコミュニケーションは必要最低限に抑えることができます。

通常の商品の購入であれば、出品者と購入者の連絡などは発生しないのがAmazonです。

発送方法の違い

メルカリは商品が売れた後は、出品者側が商品を発送する形になります。

匿名配送などもありますが、これは出品者と購入者の名前や住所を伏せた状態で商品を発送できる仕組みというだけであり、出品者が発送を行わなければいけないことには変わりはありません。

Amazonは、

自己発送

FBA発送

という形で商品の発送方法が2通りあります。

自己発送は、セラーが購入者に向けて直接商品を発送する形式です。

FBAは、Amazon倉庫から購入者に向けて商品を発送する形式になります。

FBA販売を行う場合には、セラーはAmazonの倉庫にあらかじめ商品を納品しておけば、商品が売れた場合にAmazonが代わりに発送を行ってくれます。

自己発送よりも手数料が多く発生してしまいますが、その代わり、発送に関わる手間を省くことができます。

副業で転売を行う場合には、FBAを利用して梱包や発送に関わる手間を省き、時間を効率的に使うことが可能となります。

手数料の違い

メルカリとAmazonでは、手数料の形式に大きな違いがあります。

メルカリはどんな商品であっても販売額に対して10%の手数料が発生します。

ただし月額で固定で発生する手数料などはありません。

商品が売れない状態であれば手数料が発生することはありません。

一方でAmazonは販売した商品のカテゴリーによって手数料の金額が変わってきます。

また、大口出品と小口出品の2つのアカウントの種類があります。

1ヶ月間にある程度の商品販売数を見込めるようであれば大口出品のアカウントを利用することになります。

この場合月額で4900円の利用料が発生します。

ユーザー層の違い

メルカリとAmazonではサイトに集まるユーザー層に違いがあります。

メルカリはどちらかと言うと、10代-30代までの女性のユーザーが多い形になります。

一方でAmazonは老若男女のユーザーが利用することになりますが、どちらかといえば男性ユーザーが多く利用するサイトとして認識されています。

商品の購入前に様々なやりとりを行ってから購入に至るメルカリとmほぼやり取りがないまま購買行動に進めるAmazonの違いがあるかと思います。

売れる商品の違い

サイトに集まるユーザー層が違う為、売れる商品の傾向にも違いが出てきます。

メルカリは女性向けのアパレルや、子供向けの商品、もしくはハンドメイド商品なども売れ行きが好調です。

Amazonに関しては、様々な商品が万遍なく売れるという形にはなります。

カタログ制を導入している為、ハンドメイド商品などの作品はよっぽどのことがない限りは販売に向いていないかと思います。

転売初心者はヤフオクも選択肢に入れる

これから転売を始めようとしている初心者の方は、メルカリとAmazon以外にも、

ヤフオク

を商品の販売先として選択肢に入れるようにしてください。

なぜならば、これまでメルカリとAmazonの違いを解説してきた通り、プラットフォームによって、そのサイトを使うユーザー層や売れる商品の傾向が違うからです。

ヤフオクではオークション制を導入している為、出品形式の違いが出ます。

ニッチな商品であっても、その商品を欲しいと思っているユーザーが複数いた場合、自動的に価格がつり上がっていくようなシステムが導入されています。

コレクター商品や、コアなファンが多いような商品ジャンルを扱う場合には、ヤフオクを利用した方が高値で売れる可能性があるということです。

実践初期の頃は一つのプラットフォームに絞り、商品が売れる実感を掴んでいくことは重要です。

しかし、ある程度慣れてきたら、徐々に商品の販売先を増やしていくことを検討してください。

現時点でのおすすめは、

実践初期 → メルカリかAmazonのどちらかに販売先を絞る

慣れてきたら → ヤフオクに販売先を増やしていく

まとめ

メルカリとAmazonはどちらも集客力のある大きいプラットフォームです。

しっかりと商品リサーチを行って、売れる商品を仕入れることが出来れば、よっぽどのことがない限りは稼ぐことができます。

いずれにしても、重要なのは需要がある商品を扱うということです。

需要がない商品を扱ってもなかなか売れることはありません。

しっかりとリサーチ力を養って転売を実践していく必要があります。