Amazonで相乗り出品!対策方法も合わせて解説します!

Amazonせどりで出品すると、「相乗り出品」というキーワードをよく目にします。

相乗り出品は手軽にできるので、初心者の人でも比較的簡単にできるビジネスモデルです。

しかし、相乗り出品をされた側は、売上や利益が下がったりと、デメリットが多くなります。

そのためにAmazonで商品を出品する際には、相乗り出品について知っておくことが必要です。

本記事では相乗り出品についてくわしく解説いたします。

また、相乗り出品をされた時の対策もあわせて説明します。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
目次

Amazon相乗り出品とは 

相乗り出品とは、複数の出品者が同じ商品ページに商品を出品すること。

すでにAmazonで出品されている商品に対して、ショッピングカートを追加して販売します。

Amazonの規約では、同じ商品は1つの商品カタログページに出品しなければならないルールがあります。

そのため、まったく同じ商品を出品する場合、複数の出品者がいても同じページで出品をしなければなりません。

購入者にとってはページが見やすいので、良いルールといえます。

しかし、出品者にとっては良いことばかりではありません。

Amazon相乗り出品のメリット

相乗り出品のメリットは、商品ページを作成しなくてよいことです。

新規で商品を出品する際に、商品のタイトルや画像、商品説明などを作る手間がかかりません。

既に登録されている商品のカタログに対して、ショッピングカートを追加するだけで、販売を始められます。

商品ページの評価が良ければ、その評価のまま出品が可能です。

評価だけではなく、ランキングも反映されます。

また、すでに販売が行われているので、サイトやツールを使って過去の販売実績を確認できます。

利益率や回転率も分かり、売れるかどうかの判断もしやすいです。

他にも価格やランキングの推移、出品者数などのいろいろなデータを見れます。

情報を多く集められるので、仕入れや出品の戦略を練れます。

Amazon相乗り出品のデメリット

出品が簡単で手間いらずということはメリットですが、それはライバルも参入しやすいというデメリットでもあります。

ライバルが増えれば、価格競争が起きます。

Amazonのルールでは、商品のトップページに表示される出品者は1人です。

また、カートに入れるボタン(カートボックス)を持てるのも1人だけです。

なので、出品者はトップページでカートボックスを取得するために、競争をしなければなりません。

方法としては価格を下げて、最安値にすることです。

ライバルもカートを取得しようと、価格を下げるので、終わりなき価格競争になってしまいます。

そうなると、利益率が下がるどころか、下手をすれば赤字になります。

相乗り出品の注意すべき点

相乗り出品は価格競争になりやすいですが、デメリットを覚悟のうえで出品する人は多いです。

その覚悟のうえで相乗り出品をやるのは問題はありません。

しかし、なんでも出品してよいわけではありません。

商品によっては注意が必要です。

  • ブランド商品・人気アニメキャラクター
  • 全く同じ商品か?
  • 梱包資材やおまけ
  • Amazonや家電量販店が出品している商品

ブランド商品・人気アニメキャラクター

ブランド商品には商標権があります。

商標権がある商品に相乗りすると知的財産権の侵害になってしまいます。

違法と訴えられると、出品できなくなり、損害賠償を請求される可能性があります。

商品説明欄をよく確認して、商標登録番号が記載されている商品は相乗り出品を避けましょう。

全く同一の商品か?

相乗り出品では全く同じ商品か確認しなければなりません。

色違いや、型番違いの商品は、相乗り出品はできません。

同じ商品だと思っても似ているだけで、型番が違っていることもあります。

パッケージやおまけ

商品ページに「商品をこのようなパッケージで発送します」と画像で説明しているものがあります。

この場合も、全く同じ仕様で発送しなければなりません。

また、相乗りする商品に「おまけ付き」とある場合には、全く同じものを用意する必要があります。

おまけがついていないと、クレームになります。

Amazonや家電量販店が出品している商品

Amazonや家電量販店が出品している商品は相乗りしても問題はありません。

しかし、カートを取ることはほとんど不可能でしょう。

価格においても勝てる可能性はありません。

相乗り出品は稼ぎにくくなっている

昨今のコロナウイルスの流行や、景気の下落により、将来に不安を抱く人が増加しています。

それにともない、副業でせどりや中国輸入を始める人も増えました。

Amazonで相乗り出品をする人も、過去に類を見ないほど増えており、熾烈な価格競争が激化しています。

薄利多売の状態で、利益を出すためには、販売数を増やすしかありません。

仕入れ商品を増やさないといけないので、延々とリサーチをし続ける必要があります。

利益は低く稼げないのに時間と労力は多くかかります。

また、各手数料も上がっています。

Amazonでの販売手数料はたびたび改定されます。

2022年の改定では

  • ドラッグストア
  • ビューティー
  • 食品・飲料
  • ペット用品
  • ベビー・マタニティー

以上のジャンルで手数料が2%〜5%値上がりしました。

そして、2022年1月にAmazonの倉庫で商品の保管・発送・顧客対応などを代行するサービスのAmazonFBAの手数料も値上げが発表されました。

その後も新たに、燃料費の高騰とインフレの影響により追加料金が上乗せされ、今後の値上がりが懸念されます。

コストが上がるのでさらに利益率が下がり、だんだんと稼ぎにくくなっています。

規制が厳しくなりアカウント停止になる可能性がある

Amazonは増加する相乗り出品者に対する規制を厳格化する方向に動いているようです。

メーカーやブランドオーナーなどからのクレームが増加しており、Amazonも対応に追われています。

Amazonの規制強化の背景には、出品者の転売による迷惑行為が原因としてあります。

今後、企業としての姿勢を問われるため、Amazonは方針を変えることなく、さらに厳しい態度をとる可能性があるでしょう。

出品者は購入者やメーカーからのクレームにより、Amazonのアカウントを停止される可能性があります。

アカウントが停止されると、出品ができなくなり、売上金の入金もストップしてしまいます。

販売数を増やさなければ稼げないのに、仕入れる商品は慎重に選ぶ必要があるのです。

相乗り出品は「出品作業が楽」「すぐに売れる」といわれますが、もはや「安全」とはいえません

Amazon相乗り出品を防ぐには?

相乗り出品は手軽にできますが、自分の商品ページに相乗りされると稼げなくなります。

こちらでは、相乗りをされた場合の対策を解説します。

  • 価格を下げる
  • セット商品やおまけをつける
  • 画像で差別化する
  • オリジナル商品を販売する

価格を下げる

相乗り出品されたら、再度カートを取得するにはライバルよりも価格を下げることです。

しかし、この対策法は、ほかの相乗り出品者も同様に行えますので、同じ商品カタログ内での値下げ競争になります。

その結果、利益が少なくなります。

セット商品やおまけをつける

出品するメインの商品と他の商品とのセット販売や、おまけつけるという方法があります。

相乗り対策では有効な手段です。

全く同じセット商品や、おまけを用意しなければならないので、相乗りのハードルが上がります。

おまけ付きのページを作成する場合は、関連するおまけでないと規約違反になるので注意が必要です。

画像で差別化する

単純ですが、画像を変更するだけで効果的に相乗りを防止できます。

理由はAmazonの画像を使って海外商品を検索する人が多いからです。

アリババやタオバオの画像をそのまま使ってはすぐに真似されてしまいます。

魅力的で訴求力のある写真を用意できれば、相乗り出品のハードルが上がります。

自分でできない場合は、プロにお願いしましょう。

クラウドソーシングサイトを利用するとよいでしょう。

オリジナル商品として販売する

Amazonで商品を登録する際に、オリジナル商品として販売することで、相乗り出品を回避できます。

価格競争に巻き込まれずに自由に価格設定ができます。

オリジナル商品として販売することで長期的に利益を出し続けられます。

ただし、新たに出品する際は認知度が低い状態からのスタートなので、Amazonでの検索対策や、広告などの集客対策が必要です。

オリジナル商品は敷居が高いように思われますが、経験がなくても自分で開発して販売できる方法があります。

それがOEM商品です。

OEM商品とは

OEMとは「オリジナル・イクイップメント・マニュファクチャリング(Original Equipment Manufactuaring)」の略語です。

日本語では「相手先ブランド製造」「自社製品を製造する会社」などに直訳されます。

OEM商品とは、すでに販売されている商品に、自分で作ったブランド名のロゴを入れてオリジナル化して販売するというものです。

たとえば、トヨタの「パッソ」のOEM供給元はダイハツの「ブーン」です。

セブンイレブンの「セブンプレミアム」も自社で製造しているわけではなく、他社メーカーに依頼しています。

自分で工場を持つ必要がなく、1から開発する必要がありません。

そのため、コストも最小限に抑えられるのがメリットです。

AmazonOEMで自社ブランド販売をする

OEM商品をAmazonで販売するには、中国の工場を利用するのがおすすめです。

ノーブランドの商品に自社ブランドのタグや刺繍を入れて、独占的に販売できます。

Amazonで独占販売できれば、相乗り出品のように価格競争に巻き込まれることはありません。

安定した販売が可能になります。

AmazonOEM販売のメリット

  • 価格を自由に決められる
  • 価格競争に巻き込まれない
  • 長期的に利益を出せる

価格を自由に決められる

自社のオリジナル商品なので、価格を自分で自由に決められます。

相乗り商品では、どうしても最安値や、相場に準じた価格を設定する必要があります。

しかし、オリジナル商品では、競合相手がいないので、付加価値をつけることで、高い値段で販売が可能です。

価格競争に巻き込まれない

オリジナル商品であるため、自分だけの商品ページになります。

他の出品者は出品できないので、価格競争に巻き込まれることはありません。

長期的に利益を出せる

価格競争にならないので、長期的に利益が出せます。

オリジナル商品は利益率が高いので、少ない販売数でもしっかりと利益が出せるでしょう。

収益の予想が立てやすいので経営が安定します。

AmazonOEM販売のデメリット

  • 資金が必要
  • 認知度が低い
  • 商品を真似されることもある

資金が必要

OEM商品を中国輸入でやる場合、ロット単位での仕入れになります。

そのため、ある程度の資金が必要です。

商品が売れだすと、次の仕入れが必要になるのでそのための資金も必要になります。

認知度が低い

オリジナル商品のため、最初はだれも存在を知りません。

認知度が低い状態から販売しなくてはならないため、初めの集客に努力が必要です。

商品ページを1から作る必要があります。

魅力的なページを作るのが難しい場合には、中国輸入の代行業者のサービスを利用するとよいでしょう。

商品を真似されることもある

OEMをする場合に自社の独自のノウハウが外部に流出してしまうことがあります。

そのため、似たような商品が生産される場合があります。

商品を真似されると、価格競争を生み出す可能性があります。

オリジナル商品でも相乗りされることがある

AmazonOEMに取り組んでいても、ライバルが自社カタログに相乗り出品してくる可能性はあります。

Amazonの規約として、オリジナルブランドの商品とは、

  • 商品ページのタイトルの冒頭にブランド名を入れること
  • ブランドタグ付き・またはブランドロゴの入った箱、袋に入れて販売すること
  • または、商品自体にロゴを印字すること

ことが条件になります。

しかし、これだけでは相乗り対策は不十分です。

画像にロゴを入れたり、知的財産権を取得しておくことが重要です。

知的財産権とは?

知的財産権とは、意匠権商標権など、「人の知恵によって生み出されたアイディアや技術です。

せっかく苦労して生み出したアイディアを、簡単に真似されると創作者の不利益になります。

それを防ぐため、その創作者に一定期間の権利を与える法律が知的財産権です。

Amazonで知的財産権を侵害すると

  • 商品ページの削除・販売停止
  • アカウント停止・閉鎖
  • 売上をさかのぼって、補償の可能性

があります。

Amazonで中国輸入をする場合、知的財産権の中でも

  • 商標権=ブランド
  • 意匠権=デザイン

を取得しておくことをおすすめします。

そうすれば、たとえライバルが自分の商品ページに相乗りをしてきたとしても、相乗り出品の取り下げを申請できます。

Amazonカスタマーサービスの知的財産権侵害から「商標権又は意匠権の侵害を報告」というリンクに取り下げ申請をしましょう。

知的財産権を取得していなくても出品はできますが、商標などを取得していなければ、Amazonは介入してくれません。

そのため、個人的にライバルと連絡を取る必要があります。

商標権をとって相乗り対策

Amazon販売では最もよく出てくる権利です。

商標とは、「誰が提供している商品・サービスなのか?」を表すマークです。

Ⓡのマークがついていますがこれが商標登録済という意味になります。

自社ブランドの商品をAmazonで販売するときは商標権をとりましょう。

相乗り出品を防止し、自分の利益を確保できます。

意匠権をとって相乗り対策

意匠とはデザインのことです。

新しく創作した創作者に与えられる権利です。

意匠は「物品の形状、模様もしくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美観を起こさせるもの」(意匠法第2条)のことです。

その意匠が量産可能である必要があります。

意匠権を取ったデザインの生産、使用、販売を独占でき、権利侵害者に対して、差止めや損害賠償を請求できます。

Amazonで相乗り対策をしよう:まとめ

Amazonで相乗り出品は気軽で簡単に始められるビジネスモデルです。

しかし、コロナ過でライバルが増えたり、世界情勢の不安定から起こる原油高、物価の高騰により稼ぎにくくなっています。

相乗り出品する際には、注意が必要なものがあります。ルールを守らないとAmazonのアカウントが停止されます。

なぜなら、近年Amazonは規制を強化して、悪質な出品者を排除して、購入者を守る体制を取り始めているからです。

相乗り出品で稼ぎにくくなった昨今は、オリジナルの商品をOEM化して販売する方法がおすすめです。

自社ブランドを立ち上げて、オリジナルの商品を販売するときは、相乗り対策として、知的財産権を取得することが重要です。

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次