Amazonギフト券(商品券タイプ)の使い方と買取方法を徹底解説!

コンビニで購入できるカードタイプやメールで贈れるメールタイプと比べ、商品券タイプのAmazonギフト券は見た目が馴染み深く、配布用として使われやすい特徴があります。

現に2019年6月の法改正で禁止されるまでは、ふるさと納税の返礼品としても使われており、高還元率でお得であると話題になりました。

その流れに乗り、法改正前に駆け込みで商品券タイプのAmazonギフト券を申し込んだ方も多いのではないでしょうか。

ただ、商品券タイプのAmazonギフト券を初めて手にするという方は

「貰ったはいいけど使い方がわからない…」

「商品券なのに街では使えないの?」

このように、せっかく貰ったAmazonギフト券を活用できずに悩んでしまう事もあるかもしれません。

しかし、使い方はとても簡単なのでご安心ください。

具体的には、商品券の裏面に記載されているギフト券番号をAmazonのサイトで入力するだけです。

すると商品券に設定されている金額がAmazonアカウントに登録され、その金額内であれば現金を使わずに買い物ができます。

ポイントで支払いをするのと同じく、節約にも繋がりますね。

商品券の金額は

・500円、1,000円など額が固定のもの

・購入者が金額を自由に指定するもの

大きく分けてこの2種類があります。

固定額の場合には額面が記載されているので確認してみましょう。

この記事ではAmazonギフト券(商品券タイプ)の詳しい使い方、有効期限や買取方法について解説しているため、

当分の間Amazonギフト券を使用する機会がなく、期限が心配

Amazonで買いたい商品がない為、現金化したい

という方にもおすすめです。

商品券タイプのAmazonギフト券を有効活用するため、1つ1つ確認しながら知識を身に付けていきましょう。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
目次

Amazonギフト券(商品券タイプ)とは?

Amazonギフト券とは、Amazonのショッピングサイトで使えるギフトカード(商品券)です。

普通の商品券とはちがい、ポイントが付与されたり、クレジットカードがなくても利用できます。

お得に利用できることから、自分用に購入する人も増えています。

お祝い事やプレゼントをするときに、何をあげるか迷ってしまい、商品券を贈る人は多いでしょう。

一般的な商品券だと利用できる店舗や商品が限られることが多いです。

Amazonギフト券であれば、世界1のショッピングサイト内でのお買い物ができます。

商品を選択する幅が広いので、喜ばれるでしょう。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券の種類は10種類です。

それぞれ用途や使い方によって選びましょう。

タイプ種 類価 格用 途特 徴
デジタルEメール15円~50万円贈答用Eメールにギフトコードを添付送信デザインが豊富
印刷15円~50万円贈答用購入後に印刷するデザインが豊富
チャージ5千円~5万円自分用アカウントにチャージするポイントが還元
配送グリーティングカード千円~5万円贈答用大人数向けデザインが豊富
ボックス5千円~5万円贈答用デザインが豊富コンビニでも買える
封筒3千円~5万円贈答用デザインが豊富ビジネスにも向く
商品券5百円~5万円贈答用デザインが選べる
マルチパック1万円~5万円贈答用10枚組
店頭購入カード3千円~2万円※自分用最もポピュラーコンビニで買える現金派向け
シート2千円~2万5千円自分用贈答用コンビニのマルチコピー機から発券手紙などに同封できる

※バリアブルタイプは1500円~5万円の中で好きな金額

Amazonギフト券は種類も使い勝手も様々なシーンに合わせられます。

贈答用のデザインも、お子様向けや、イベント、ビジネス用のフォーマルなものもそろっています。

金額も選べる幅が広いので、迷うことはないでしょう。

商品券タイプのAmazonギフト券はその名の通り商品券のような見た目をしているため、様々なタイプがあるAmazonギフト券の中でも、特に配布用や贈答用として使いやすいです。

500円券、1,000円券といった固定額のものだけでなく自分で金額を指定することもでき、使える幅が広い点も魅力です。

土日限定でふるさと納税の返礼品リストに追加される、いわゆる「闇ふるさと納税」にも使われ話題になったのもこの商品券タイプです。

還元率が高い返礼品として大人気でしたが、2019年6月の法改正によって返礼品に使うことを禁止されました。

その存在が大勢に認知されたため、これからも景品でもらったり、人からプレゼントされたりと手に入る機会が多くなるかもしれませんね。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の使い方

Amazonギフト券を使うにはギフト券番号をAmazonアカウントに登録しなければなりません。

ギフト券の種類によって番号確認の方法に若干の違いがあります。

商品券タイプの登録方法を見ていきましょう。

ギフト券番号の登録方法

まずは商品券タイプのギフト券番号を確認する方法です。

商品券を裏返し、上部にある「はがしてギフト券番号を確認」というシールを剥がします。

そうするとハイフンで区切られた英数字が記載されていると思います。

これがその商品券のギフト券番号です。

Amazonのアカウントを作る

Amazonギフト券を使うためにはAmazonのアカウントが必要です。

Amazonアカウントを持っていない方はまずアカウント登録から始めましょう。

Amazonのホームページ(https://www.amazon.co.jp/)の「アカウント&リスト」をクリックするとログイン画面になります。

一番下にある「Amazonアカウントを作成」からアカウント作成に進むことができます。

アカウントにギフト券番号を登録する

アカウントが作成できたら、続いてギフト券番号を登録します。

ギフト券の登録は

1.ログインした状態でトップページの「アカウント&リスト」をクリック

2.「Amazonギフト券」をクリック

3.「Amazonギフト券を登録する」をクリック

4.商品券裏面に記載されているギフト券番号をハイフンなしで入力する

5.入力ができたら「アカウントに登録する」をクリック

以上のような手順で登録することができます。

Amazonギフト券を使ってお買物をする

ギフト券番号が登録できたら後はAmazonでお買い物をするだけです。

特に意識する必要がなく、購入時に自動でAmazonギフト券が使用されます。

例えばギフト券残高が1,000円の時には

・500円の商品を購入 → 請求金額は0円、ギフト券残高は500円

・1,000円の商品を購入 → 請求金額は0円

・3,000円の商品を購入 → 請求金額は2,000円

このようになります。

Amazonギフト券(商品券タイプ)の有効期限は?

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は「発行から10年」です。

この「発行」はAmazonギフト券のタイプによって少し意味が違い、商品券タイプのようにAmazonから配送されるギフト券の場合は「発送した時点」を意味します。

かなり余裕があるので有効期限が切れてしまうことはあまりないかもしれませんが、一応覚えておくと良いでしょう。

Amazonアカウントに番号を登録してあれば「残高・利用履歴」から有効期限が迫っているギフト券を確認することも可能です。

Amazonギフト券のメリット

  1. 現金派・キャッシュレス派どちらもOK
  2. キャンペーンやポイント還元でお得に活用できる
  3. プレゼントに最適
  4. コンビニやオンラインで手軽に買える

1.現金派・キャッシュレス派どちらでもOK

Amazonギフト券は種類が豊富です。

購入の仕方もコンビニやAmazonからオンラインで買えます。

決済の方法も

  • クレジットカード
  • 現金
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • 携帯決済

と5種類もあるので、便利です。

2.キャンペーンやポイント還元でお得に活用できる

AmazonではAmazonギフト券に関するキャンペーンを随時実施しています。

Amazonでよくお買い物をする人や、ギフト券を利用したい人は情報をチェックしましょう。

現在利用できるキャンペーン

キャンペーン終了時期還元上限還元率
配送タイプ2,000円以上で200p(初回限定)未定200p10%
5,000円以上チャージで1,000p(初回限定)未定1,000p20%

3.プレゼントに最適

Amazonギフト券は全部で10種類のタイプがありますが、そのうちの8種類がプレゼント向けに設定してあります。

コンビニでも購入できますが、Amazonのサイトから購入すると、タイプ・デザイン・ラッピングの種類が豊富にあります。

贈る相手や、プレゼントの用途に合わせて、自由に選べます。

フォーマルなデザインや、熨斗(のし)などもありますのでお仕事でも重宝します。

4.コンビニやオンラインで手軽に買える

カード・ボックス・商品券タイプは全国の各コンビニや一部の家電量販店で買えます。

コンビニで買う場合の支払い方法は基本的に現金のみとなっているのでご注意ください。

カードタイプ以外のギフト券はAmazonのサイトで買えます。

支払い方法は主にクレジットカードです。

現金派で自分用に買いたい場合はチャージ機能を使うのがおすすめです。

Amazonギフト券のデメリット

1.Amazon、Amazon Pay加盟店でしか使えない

Amazonギフト券はAmazon専用のギフト券ですので、Amazonでの買い物にしか使えません。

一般的な商品券では、使える店舗が数店舗ありますが、Amazonギフト券はコンビニやスーパーなどの実店舗では使用できないのがデメリットです。

Amazonサイト内でもギフト券が使えないものもあります。

ほかにAmazon Payに加盟している通販サイトでのお買い物も利用できます。

Amazon Pay加盟店は、

  • 出前館
  • FOD
  • 朝日新聞デジタル
  • コジマネット
  • アイリスオーヤマ公式通販サイト
  • 劇団四季
  • プレミアムバンダイ

などです。

2.ギフト券1枚につき1アカウントしか登録できない

1度アカウントに登録したAmazonギフト券はほかのアカウントに譲渡はできません。

したがってアカウントの再登録はできません。

登録するアカウントを間違えてしまうとそれ以外のアカウントは使えなくなってしまうので、注意してください。

おつりは出ませんが、「残高」としてアカウントに残ります。

次回のお買い物に使えます。

Amazonギフト券(商品券タイプ)は買取してもらえる?

街に店舗を構えているような金券ショップではAmazonギフト券を買い取ってくれる所はほとんどありませんが、ネット上にはAmazonギフト券の買取サイトが多く存在します。

ただし、ほとんどがメールタイプのAmazonギフト券のみを対象としており、商品券タイプのAmazonギフト券を買い取ってくれるサイトは一握りです。

現在、商品券タイプのAmazonギフト券の買取をしているサイトは以下の通りです。

金券買取EX

ギフトグレース

アマテラ

ギフトチェンジ

バイカ

買取本舗

アマプライム

ベストレート

このように様々なサイトがありますが、サイトを選ぶ際に重視したいのが「信頼性」です。

・サイトの運営元がはっきりしている

・古物営業許可番号がホームページに記載されている

などといった点を確認して判断するのが良いでしょう。

ちなみに上で8つのサイトを挙げていますが、アマテラ、ギフトチェンジ、バイカ、買取本舗の4つに関しては運営元が全て同じです。

またアマプライムとベストレート、そしてAmazonギフト券や買取サイトについての情報を発信している「ウルチケ」という情報サイトも同一の運営です。

これはホームページに記載されている会社の住所や古物営業許可番号が同一であることから分かります。

一応断っておきますが、いずれのサイトも買取実績はあるようなので悪質な詐欺サイトというわけではありません。

ただ、名前を変えて同じようなサイトをいくつも運営していたり、自社のサイトに高い評価を付けているのを見ると、個人的にはなんとなく不安になってしまいますね。

また、東京公安委員会のホームページの古物営業許可があるサイトの一覧を参考にするのも良いでしょう。

許可を受けている業者全てが載っている訳ではありませんが、判断材料の一つにはなると思います。

ちなみに上で挙げたサイトの中で一覧に載っているのは「金券買取EX」だけです。

商品券タイプのAmazonギフト券を買い取ってもらう際は、換金率だけではなく、様々な視点から見て総合的に判断してサイトを選ぶようにしましょう。

Amazonギフト券のメリット

  1. 現金派・キャッシュレス派どちらもOK
  2. キャンペーンやポイント還元でお得に活用できる
  3. プレゼントに最適
  4. コンビニやオンラインで手軽に買える

1.現金派・キャッシュレス派どちらでもOK

Amazonギフト券は種類が豊富です。

購入の仕方もコンビニやAmazonからオンラインで買えます。

決済の方法も

  • クレジットカード
  • 現金
  • コンビニ決済
  • 代金引換
  • 携帯決済

と5種類もあるので、便利です。

2.キャンペーンやポイント還元でお得に活用できる

AmazonではAmazonギフト券に関するキャンペーンを随時実施しています。

Amazonでよくお買い物をする人や、ギフト券を利用したい人は情報をチェックしましょう。

現在利用できるキャンペーン

キャンペーン終了時期還元上限還元率
配送タイプ2,000円以上で200p(初回限定)未定200p10%
5,000円以上チャージで1,000p(初回限定)未定1,000p20%

3.プレゼントに最適

Amazonギフト券は全部で10種類のタイプがありますが、そのうちの8種類がプレゼント向けに設定してあります。

コンビニでも購入できますが、Amazonのサイトから購入すると、タイプ・デザイン・ラッピングの種類が豊富にあります。

贈る相手や、プレゼントの用途に合わせて、自由に選べます。

フォーマルなデザインや、熨斗(のし)などもありますのでお仕事でも重宝します。

4.コンビニやオンラインで手軽に買える

カード・ボックス・商品券タイプは全国の各コンビニや一部の家電量販店で買えます。

コンビニで買う場合の支払い方法は基本的に現金のみとなっているのでご注意ください。

カードタイプ以外のギフト券はAmazonのサイトで買えます。

支払い方法は主にクレジットカードです。

現金派で自分用に買いたい場合はチャージ機能を使うのがおすすめです。

Amazonギフト券のデメリット

1.Amazon、Amazon Pay加盟店でしか使えない

Amazonギフト券はAmazon専用のギフト券ですので、Amazonでの買い物にしか使えません。

一般的な商品券では、使える店舗が数店舗ありますが、Amazonギフト券はコンビニやスーパーなどの実店舗では使用できないのがデメリットです。

Amazonサイト内でもギフト券が使えないものもあります。

ほかにAmazon Payに加盟している通販サイトでのお買い物も利用できます。

Amazon Pay加盟店は、

  • 出前館
  • FOD
  • 朝日新聞デジタル
  • コジマネット
  • アイリスオーヤマ公式通販サイト
  • 劇団四季
  • プレミアムバンダイ

などです。

2.ギフト券1枚につき1アカウントしか登録できない

1度アカウントに登録したAmazonギフト券はほかのアカウントに譲渡はできません。

したがってアカウントの再登録はできません。

登録するアカウントを間違えてしまうとそれ以外のアカウントは使えなくなってしまうので、注意してください。

おつりは出ませんが、「残高」としてアカウントに残ります。

次回のお買い物に使えます。

Amazonギフト券の買い方

コンビニ・家電量販店などの実店舗で買う

  • カードタイプ
  • ボックスタイプ
  • 商品券タイプ
  • シートタイプ

この4タイプはコンビニや量販店で買えます。

金額が固定されているAmazonギフト券のほか、1円単位で指定できるバリアブルタイプもあります。

金額が固定されているギフト券をレジに持って行けば、手軽に購入できます。

シートタイプはコンビニのマルチメディア端末から購入できます。

売り切れることがありませんので、確実に購入したい人はシートタイプがおすすめです。

オンラインで買う

カードタイプ以外のAmazonギフト券はPCやスマホを使ってAmazonのサイトから購入できます。

支払い方法は主にクレジットカードとなるため、現金派の人はチャージ機能を使うのがおすすめです。

プレゼントとして郵送したい場合には、一旦、自分の住所に代金引き換えで支払います。

その後、別途郵便物として郵送しましょう。

ギフト券の登録方法・残高照会

Amazonギフト券の登録方法はとても簡単です。

ギフト券タイプ登 録 方 法
カードなどの実券タイプカード裏面の15桁のギフトコードを自分のAmazonアカウントに登録する
Eメールなどのコード取得タイプメールで送られたURLを開く→アカウントに登録するをタップ→アカウントにログイン後Amazonアカウントに適用をタップ→自動で登録される
チャージタイプアカウントにログインし金額を指定し購入→自動的にアカウントにチャージされる

おつりは出ませんが、残高はアカウントに「Amazonギフト券残高」として金額が反映されます。

次回のお買い物に利用しましょう。

Amazonギフト券の使い方

Amazonギフト券はオンラインでいろんな使い方があります。

  • Amazonサイトでの買い物
  • Amazon Payでの支払い
  • Amazonプライムの会費
  • Amazonデジタルコンテンツの購入

Amazonサイトでのお買い物

一番ポピュラーな使い方です。

Amazonは世界的に巨大な通販サイトであり、取り扱う商品の数も膨大です。

画面設計やデザインもとても見やすく、ユーザーにとって欲しい商品が探しやすいプラットフォームです。

価格も定価よりも安いものが多くあり、お得に買い物ができます。

日用品や頻繁に使う商品は、チェックしてギフト券で購入してみましょう。

Amazon Payでの支払い

Amazonギフト券はAmazon Payに対応した通販サイトでも利用できます。

Amazon PayとはAmazonが提供する電子決済サービスのことです。

アイリスオーヤマ公式通販サイト/コジマネット/タワーレコードオンライン/プレミアムバンダイ/スポーツオーソリティ/プーマ/ニューバランス/BEAMS/ハニーズ/ショップジャパン/ふるさとチョイス

Amazon Payが使える通販サイトの一部です。

まだまだこれからも増えていきますので、使えるお店をチェックしてギフト券を利用しましょう。

Amazonプライムの会費に利用する

Amazonプライムの会員であれば、年会費や月の会費の支払いにAmazonギフト券を利用できます。

Amazonプライム会員になると、Amazonプライムビデオの作品が追加料金なしで見放題になったり、商品購入の際にお急ぎ便が無料になったり、商品をお得に購入できたりします。

ただし、Amazonプライムを初めて利用するときにギフト券を使用すると、初回限定の無料体験を利用できなくなるので注意してください。

参考:Amazon.co.jp: Amazon Prime

Amazonギフトが使えない・登録できないときは?・

「Amazonギフト券が使えないときはどうすればいいの?」

「ギフトコードを入力してもエラーが出てしまう」

という場合があります。

いくつか原因がありますので、対処しましょう。

  • 有効期限が切れている
  • コードの入力間違い
  • 使用済みのギフト券
  • Amazonギフト券で買えないものを購入しようとした

有効期限が切れている

Amazonギフト券の有効期限が切れたものは一切利用できません。

2017年4月24日以前に発行されたAmazonギフト券は有効期限が10年間となっています。

それ以前のものは有効期限が短いものもありますので、一度確認してみましょう。

自分で購入したものなら、Amazonの履歴から分かります。

ギフトコードの入力間違い

単純な入力間違いかも知れません。

よく確認してください。

間違えやすいのは

  • 0(ゼロ)とO(オー)
  • 1(イチ)とl(エル)
  • 6と8と9
  • B(ビー)と8(ハチ)

などです。

コードのハイフンは入力しなくても大丈夫です。

使用済みのギフト券

ギフトコードを入力した際に「登録済みです」と表示される場合があります。

その場合は過去にそのギフト券を使用したということです。

複数のギフト券を持っていると、間違えて入力済みのギフト券をもう1度使おうとしてしまうケースがあります。

また、他人からもらったものなら、その人が使ってしまったという可能性もあります。

知らない人と売買したものであれば、悪意の有無はともかく、使用済みのギフト券という可能性もあります。

上記のうちに当てはまらない時には、Amazonのサポートに問い合わせてみるのもよいでしょう。

24時間365日対応しておりますので、電話・チャット・メールなど自分に合った方法を選びましょう。

ギフト券の買取や現金化は違法?

世間ではAmazonギフト券の買取や換金・現金化するサービスが数多く存在します。

これはやってもいいことなのでしょうか?

結論から言うと、利用は避けたほうがよいでしょう。

なぜなら、ギフト券の換金はAmazonの利用規約に抵触する可能性があるからです。

Amazonギフト券細則には、「ギフト券を再販売、その他対価を持って譲渡すること」が禁止行為としてあります。

参考:Amazonギフトカード細則 – Amazonカスタマーサービス

Amazonギフト券の現金化自体には違法性はありません。

しかし、残高の没収やアカウントの停止というペナルティを受ける可能性があります。

たとえAmazonギフト券を転売したとしても、換金率は100%ではなく、相場は80〜90%前後です。

換金するよりも、Amazonでお買い物したほうが断然お得で安全です。

また、Amazon以外で購入したギフト券は、不正取得されたものだったり、詐欺・トラブルの原因になったりする可能性もありますので、利用しないことです。

もし、このようなサイトでギフト券を入手しても、規約により予告なく凍結される可能性もあります。

お得に利用するつもりで大損する危険がありますので、Amazonの正規ルートから入手することをおすすめします。 

まとめ

商品券タイプのAmazonギフト券は、裏面に記載されているギフト券番号をAmazonアカウントに登録することで使えるようになります。

見た目は商品券ですが街では使えないので注意してくださいね。

使い方が分からずに放置しているAmazonギフト券がある方は早速登録をしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次