国内転売ビジネス

Amazonギフト券(商品券タイプ)の使い方と買取方法を徹底解説!

コンビニで購入できるカードタイプやメールで贈れるメールタイプと比べ、商品券タイプのAmazonギフト券は見た目が馴染み深く、配布用として使われやすい特徴があります。

現に2019年6月の法改正で禁止されるまでは、ふるさと納税の返礼品としても使われており、高還元率でお得であると話題になりました。

その流れに乗り、法改正前に駆け込みで商品券タイプのAmazonギフト券を申し込んだ方も多いのではないでしょうか。

ただ、商品券タイプのAmazonギフト券を初めて手にするという方は

「貰ったはいいけど使い方がわからない…」

「商品券なのに街では使えないの?」

このように、せっかく貰ったAmazonギフト券を活用できずに悩んでしまう事もあるかもしれません。

しかし、使い方はとても簡単なのでご安心ください。

具体的には、商品券の裏面に記載されているギフト券番号をAmazonのサイトで入力するだけです。

すると商品券に設定されている金額がAmazonアカウントに登録され、その金額内であれば現金を使わずに買い物ができます。

ポイントで支払いをするのと同じく、節約にも繋がりますね。

商品券の金額は

・500円、1,000円など額が固定のもの

・購入者が金額を自由に指定するもの

大きく分けてこの2種類があります。

固定額の場合には額面が記載されているので確認してみましょう。

この記事ではAmazonギフト券(商品券タイプ)の詳しい使い方、有効期限や買取方法について解説しているため、

当分の間Amazonギフト券を使用する機会がなく、期限が心配

Amazonで買いたい商品がない為、現金化したい

という方にもおすすめです。

商品券タイプのAmazonギフト券を有効活用するため、1つ1つ確認しながら知識を身に付けていきましょう。

 

Amazonギフト券(商品券タイプ)とは?

商品券タイプのAmazonギフト券はその名の通り商品券のような見た目をしているため、様々なタイプがあるAmazonギフト券の中でも、特に配布用や贈答用として使いやすいです。

500円券、1,000円券といった固定額のものだけでなく自分で金額を指定することもでき、使える幅が広い点も魅力です。

土日限定でふるさと納税の返礼品リストに追加される、いわゆる「闇ふるさと納税」にも使われ話題になったのもこの商品券タイプです。

還元率が高い返礼品として大人気でしたが、2019年6月の法改正によって返礼品に使うことを禁止されました。

その存在が大勢に認知されたため、これからも景品でもらったり、人からプレゼントされたりと手に入る機会が多くなるかもしれませんね。

 

Amazonギフト券(商品券タイプ)の使い方

Amazonギフト券を使うにはギフト券番号をAmazonアカウントに登録しなければなりません。

ギフト券の種類によって番号確認の方法に若干の違いがあります。

商品券タイプの登録方法を見ていきましょう。

 

ギフト券番号の登録方法

まずは商品券タイプのギフト券番号を確認する方法です。

商品券を裏返し、上部にある「はがしてギフト券番号を確認」というシールを剥がします。

そうするとハイフンで区切られた英数字が記載されていると思います。

これがその商品券のギフト券番号です。

 

Amazonのアカウントを作る

Amazonギフト券を使うためにはAmazonのアカウントが必要です。

Amazonアカウントを持っていない方はまずアカウント登録から始めましょう。

Amazonのホームページ(https://www.amazon.co.jp/)の「アカウント&リスト」をクリックするとログイン画面になります。

一番下にある「Amazonアカウントを作成」からアカウント作成に進むことができます。

 

アカウントにギフト券番号を登録する

アカウントが作成できたら、続いてギフト券番号を登録します。

ギフト券の登録は

1.ログインした状態でトップページの「アカウント&リスト」をクリック

2.「Amazonギフト券」をクリック

3.「Amazonギフト券を登録する」をクリック

4.商品券裏面に記載されているギフト券番号をハイフンなしで入力する

5.入力ができたら「アカウントに登録する」をクリック

以上のような手順で登録することができます。

 

Amazonギフト券を使ってお買物をする

ギフト券番号が登録できたら後はAmazonでお買い物をするだけです。

特に意識する必要がなく、購入時に自動でAmazonギフト券が使用されます。

例えばギフト券残高が1,000円の時には

・500円の商品を購入 → 請求金額は0円、ギフト券残高は500円

・1,000円の商品を購入 → 請求金額は0円

・3,000円の商品を購入 → 請求金額は2,000円

このようになります。

 

Amazonギフト券(商品券タイプ)の有効期限は?

2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は「発行から10年」です。

この「発行」はAmazonギフト券のタイプによって少し意味が違い、商品券タイプのようにAmazonから配送されるギフト券の場合は「発送した時点」を意味します。

かなり余裕があるので有効期限が切れてしまうことはあまりないかもしれませんが、一応覚えておくと良いでしょう。

Amazonアカウントに番号を登録してあれば「残高・利用履歴」から有効期限が迫っているギフト券を確認することも可能です。

 

Amazonギフト券(商品券タイプ)は買取してもらえる?

街に店舗を構えているような金券ショップではAmazonギフト券を買い取ってくれる所はほとんどありませんが、ネット上にはAmazonギフト券の買取サイトが多く存在します。

ただし、ほとんどがメールタイプのAmazonギフト券のみを対象としており、商品券タイプのAmazonギフト券を買い取ってくれるサイトは一握りです。

現在、商品券タイプのAmazonギフト券の買取をしているサイトは以下の通りです。

金券買取EX

ギフトグレース

アマテラ

ギフトチェンジ

バイカ

買取本舗

アマプライム

ベストレート

このように様々なサイトがありますが、サイトを選ぶ際に重視したいのが「信頼性」です。

・サイトの運営元がはっきりしている

・古物営業許可番号がホームページに記載されている

などといった点を確認して判断するのが良いでしょう。

ちなみに上で8つのサイトを挙げていますが、アマテラ、ギフトチェンジ、バイカ、買取本舗の4つに関しては運営元が全て同じです。

またアマプライムとベストレート、そしてAmazonギフト券や買取サイトについての情報を発信している「ウルチケ」という情報サイトも同一の運営です。

これはホームページに記載されている会社の住所や古物営業許可番号が同一であることから分かります。

一応断っておきますが、いずれのサイトも買取実績はあるようなので悪質な詐欺サイトというわけではありません。

ただ、名前を変えて同じようなサイトをいくつも運営していたり、自社のサイトに高い評価を付けているのを見ると、個人的にはなんとなく不安になってしまいますね。

また、東京公安委員会のホームページの古物営業許可があるサイトの一覧を参考にするのも良いでしょう。

許可を受けている業者全てが載っている訳ではありませんが、判断材料の一つにはなると思います。

ちなみに上で挙げたサイトの中で一覧に載っているのは「金券買取EX」だけです。

商品券タイプのAmazonギフト券を買い取ってもらう際は、換金率だけではなく、様々な視点から見て総合的に判断してサイトを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

商品券タイプのAmazonギフト券は、裏面に記載されているギフト券番号をAmazonアカウントに登録することで使えるようになります。

見た目は商品券ですが街では使えないので注意してくださいね。

使い方が分からずに放置しているAmazonギフト券がある方は早速登録をしてみましょう。