メルカリで不適切な商品の報告ボタンを押すとどうなる?相手にはバレるの?

メルカリはフリマアプリの中でも月間利用者数2000万人以上と多くの人が利用しており、出品数も豊富で便利ですよね。

ただ、見ていると、これは出品してはいいものなのかな…?と気になる商品もあったりします。

そんな時にできるのが不適切な商品の報告です。

不適切な商品の報告とは、著作権違反商品や出品禁止品の出品をメルカリ事務局に報告できるものです。

それぞれの商品ページにある「この商品を事務局に報告する」ボタンから簡単に通報できますが、操作中に間違って押してしまったことがある方も中にはいるのではないでしょうか。

「押しただけだけど、本当に報告されたのかな?」

「誰が報告したか、相手にバレるのかな?」

「嫌がらせに思われたらどうしよう」

と不安に思っている方もいると思います。

あなた一人が報告をしただけでは、すぐに相手に何らかのペナルティが科せられることはありません。

とはいえ、

相手にバレるのか、嫌がらせに思われないか、自分が出品をしている場合、どんな時に通報をされてしまうのか、

上記に関して気になることも多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、不適切な商品の報告について詳しく解説していきます。

  • 不適切な商品とはどんなもの?報告の仕方は?
  • 報告ボタンを押したらどうなるの?
  • 誰が報告したのか相手にバレる?
  • 自分が通報されないためには何に気をつけたらいいの?

このような疑問を持っている方に、参考になる内容となっています。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

目次

メルカリの不適切な商品の報告とは?

メルカリの不適切な商品の報告とは、出品してはいけない商品を見つけた時にメルカリ事務局へ連絡する行為です。

著作権違反している、偽ブランド品、アダルト品、危険物などメルカリのルールに反した商品が不適切な商品になります。

メルカリ事務局では、出品されている商品を1つ1つチェックしている訳ではありません。

ですから、明かに偽物の商品や、著作権侵害の商品などが出品されていることがあります。

たとえば、スーパーマーケットで賞味期限切れの商品や腐っているプチトマトが陳列されていたら、どうしますか?

店員さんに、伝えますよね。

それと同じ感覚で、もし不適切な商品を見つけたらメルカリ事務局に報告してあげましょう。

不適切な商品の報告ボタンを間違えて押してしまったらどうなる?

不適切な商品の報告ボタンを間違えて押してしまった!という方は多いです。

どうなるのかというと、「何も起こりません」。

ただ押しただけでは、事務局に報告は送信されないので安心してください。報告ボタンを押しても、その先の違反の種類を入力し、事務局に送信しなければ報告されないです。

間違えて押してしまったとしても慌てずに、画面の左上の「<」をタップして、前の画面に戻りましょう。

禁止されている出品物 

ではまず、実際に禁止されている商品の種類を確認してみましょう。

  • 電子チケットや電子クーポン、QRコードなどの電子データ
  • ダウンロードコンテンツやデジタルコンテンツなどの電子データ
  • 新型コロナウイルスの影響に伴い、取引が禁止されている商品
  • 偽ブランド品、正規品と確証のないもの
  • 知的財産権を侵害するもの
  • 盗品など不正な経路で入手した商品
  • 犯罪や違法行為に使用される可能性があるもの
  • 殺傷能力があり武器として使用されるもの
  • 危険物や安全性に問題があるもの
  • 児童ポルノやそれに類するとみなされるもの
  • 18禁、アダルト関連
  • 使用済みの下着類
  • 使用済みのスクール水着、体操着、学生服類など
  • 医薬品、医療機器
  • 許可なく製造した化粧品類や小分けした化粧品類
  • 法令に抵触するサプリメント類
  • 安全面、衛生面に問題のある食品類
  • たばこ
  • 農薬、肥料
  • 現金、金券類、カード類
  • チケット類
  • 領収書や公的証明書類
  • ゲームアカウントやゲーム内の通貨、アイテムなどの電子データ
  • サービス・権利など実体のないもの
  • 受け渡しに伴う手続きが複雑なもの
  • 手元にない商品の出品やECサイト等から直送すること
  • 福袋
  • 試作品(商品サンプル)の掲載がないオーダーメイド品
  • 象牙および希少野生動植物種の個体などのうち、種の保存法により必要とされている登録がないもの
  • 利用制限や契約中、支払いが残っている等の携帯端末および全てのSIMカード
  • 規制薬物・危険ドラッグ類
  • 個人情報を含む出品・投稿、個人情報の不正利用
  • 外国為替及び外国貿易法(外為法)に抵触する商品について
  • その他、不適切と判断されるもの
(引用元:禁止されている出品物 – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

不適切な商品として報告された商品はどうなる?

不適切な商品として報告された商品は、メルカリ事務局でチェックされます。

その商品はすぐに出品停止はされず、まず一時停止されます。

とういのも、中にはライバルへの嫌がらせで報告する方がいるからです。本当は不適切な商品ではないのに、自分の商品を先に売りたいために報告するようです。

このような方がいるので、報告された商品はすぐに削除されないのです。

とはいえ、メルカリ事務局が、不適切な商品と判断すれば削除されます。不適切と判断されなければ、その商品は出品されたままとなります。

不適切な商品の報告をしたら相手にバレるの?

不適切な商品の報告をしたら相手にバレるの?と心配して、通報しない方もいます。

しかし、不適切な商品の報告をしても、相手には誰が通報したのかはバレません。

メルカリ側が、「○○さんから通報されました!」と名前を出して相手に伝えることはないので安心してください。

バレないから言って通報ばかりしていると、あなたがペナルティーを受けることもあるので気をつけましょう。

通報したらペナルティはある?

不適切な商品の報告をすることで、報告した人には何かペナルティがあるのかな…?と心配な方もいると思います。

ですが、安心してください。

通報しただけでペナルティを受けることはありません!

基本的には何も起きないので、安心して通報してください。

ただ、あまりに通報ばかりしていたり、不適切な商品ではないものまで通報していたりすると、嫌がらせと思われてしまう可能性があります。

その場合、メルカリ事務局から注意を受けたり、最悪の場合アカウントの利用制限などを受けることもありえます。

通報するのは、本当に違反している商品を見つけた時だけにしましょう。

嫌がらせで通報をされることも 

本来は不適切な商品やコメントを事務局に知らせるためにある報告のしくみですが、中にはライバルや、気に入らない相手への嫌がらせとして通報をするようなユーザーもいるようです。

本当は不適切な商品ではないのに、自分の商品を先に売りたいために報告をするということですね。

もちろんルール違反ですが、出品者には誰が報告をしたかわからないので対処が難しいところです。

ただ、実際に不適切な商品を出品していなければ削除などのペナルティは受けないので安心してください。

不適切な商品の報告の仕方

不適切な商品の報告の仕方の手順はとても簡単です。

1.商品写真の右下、いいね!とコメントの右隣にある「…」をタップします。

2.「不適切な商品の報告」を選びます。

3.違反の種類の下の「選択してください」をタップすると、違反内容が選べるようになっているので、該当する違反内容を選びます。

該当する違反内容がなければ、その他を選んでお問い合わせ内容に、違反内容を書き込みましょう。

4.最期に送信するをタップすれば終了です。

あなたがするのはここまでです。

あとは、メルカリ事務局で、報告された商品が不適切かどうかを判断して対処します。

商品だけではなくコメントも通報できる

メルカリでは不適切な商品だけではなく、不適切なコメントも報告できるのをご存知でしたか?

もしも購入までのやり取りの中で嫌な思いをさせられた時には、相手のコメントがルール違反ではないか、確認するといいでしょう。

通報できるコメントは、以下の通りです。

  • 暴言、脅迫行為
  • 誹謗中傷
  • 直接取引、交換、半交換
  • 個人情報の公開
  • 外部サイトへの誘導
  • その他禁止行為に該当するもの

(参考:コメントの報告について – メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ

メルカリではこのようなコメントは禁止行為とされています。

不適切なコメントをされたり見かけたりした場合は、通報することをおすすめします。

不適切な商品として報告をされないために出品者が気をつけること 

1回報告をされただけでは特に問題はないとはいえできるなら避けたいものです。そのために、出品者の立場で気をつけるべきことを見ていきましょう。

公式ガイドをよく確認してから出品する

メルカリの場合、公式のメルカリガイドがあります。

初心者向けのわかりやすい説明も載っていますから、出品を考えている人はまずこちらをよく読んで、出品商品が不適切ではないか、商品紹介の書き方、写真に問題がないかを確認しましょう。

それだけでトラブルをかなり減らすことができるはずです。

丁寧な対応を心がける 

どんなに出品物に気をつかっていても、他のユーザーから悪い印象をもたれてしまうと、嫌がらせなど不要なトラブルの原因になり得ます。

嫌がらせを受けないために、コメントをもらった時などは丁寧に対応をしましょう。

悪い印象を与えないというのは、トラブル回避の鉄則です。

また、どうしてもやっかいなユーザーにコメントなどで絡まれた場合は、そのユーザーをブロックするというのも一つの手段です。

違反を繰り返しているとアカウント利用制限される場合もある

では、もし実際に自分が違反をしてしまい注意を受けた場合、どうしたらいいのでしょうか。

その時は、何が悪かったのか確認し、商品の取り下げや修正をしていけば大丈夫です。

ただ、注意を受けたり出品停止になったりしたにも関わらず何も対応をしなかったり、注意を受けても不適切な商品の出品を繰り返すなど、悪質と判断されるとアカウントの利用自体が制限されてしまう場合もあります。

こうなると、メルカリの利用はできません。

まとめ

不適切な商品の報告を押しただけでは、メルカリ事務局に報告されないことが分かりましたね。

説明した内容は以下の通りです。

【不適切な商品の報告についてまとめ】

  • 不適切な商品の報告は誰でも簡単にできる
  • 間違えてボタンを押してもすぐには報告されない
  • 報告した商品は事務局でチェックされる
  • 報告をしても相手にはバレない
  • 通報のしすぎには注意

【通報について知っておきたいこと】

  • 商品だけでなくコメントも報告できる
  • 嫌がらせで通報されることもある
  • 通報されないためにも、ルールを守ろう!

不適切な商品の報告は、匿名で簡単に出来ることがわかりましたね。

メルカリを利用していて、違反している商品を見つけた時は、迷わず報告していくといいでしょう。

とはいえ、暇つぶし感覚で通報ばかりしていると、事務局から嫌がらせをしているのかと疑われ、最悪の場合ペナルティを受けることもあります。

明らかに違反している商品以外は、報告するのは控えましょう。

また、自分が出品者になる場合は、報告されないよう公式ガイドをよく読むなどして気を付けることも大切です。

出品者と購入者、どちらの立場でもできるだけトラブルは避けたいですよね。

ルールを守って、楽しくメルカリを利用していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次