メルカリ転売

メルカリとラクマやヤフオクの同時出品は違反ではない?ペナルティや同時購入された場合の対処法

メルカリに商品を出品する際、売れ残る可能性を減らすためにラクマやヤフオクなどで同時に出品することを考える方は多いと思います。

たしかに他サイトに同時出品をすることで大勢の人に見てもらえる為、売れる確率は高くなりますが

「同時出品って違反なのかな」

「ペナルティを受けたらどうしよう」

という不安も感じてしまいますよね。

現在のそれぞれの規約やガイドを確認すると

メルカリ・ラクマ → 同時出品自体は違反ではない

ヤフオク → 二重出品は違反

このようになっています。

つまりメルカリとラクマで同時出品をするのであればどちらの違反にもなりません。

ただし同時出品がきっかけで別の問題が起こり、それが規約違反となるケースはあります。

例えば在庫が一つしかない商品をメルカリとラクマで二重に出品し、それらが同時に購入されてしまうと、どちらか一方の取引はキャンセルせざるを得ません。

購入者がキャンセルに応じなかったり、無在庫販売として通報されたりなど、トラブルに発展してしまうかもしれません。

そうなればメルカリの規約違反に該当するため、事務局からペナルティを受ける可能性はあります。

同時出品をするのであれば無在庫にならないように在庫管理を徹底するか、在庫を複数用意しておくようにしましょう。

この後さらに詳しくメルカリと他サービスの同時出品について解説をしていきます。

商品を同時購入されてしまった

違反ではないのなら同時出品をしたい

こういった方はこの記事で正しい知識を身につけ、適切な対処や対策を行いましょう。

メルカリは購入前のコメントも申請も必要なく、即購入が可能であるため、同時購入をした購入者側に否は無いことを忘れてはいけません。

独自のルールではなくメルカリのルールをしっかりと守って健全な取引を行いましょう。

メルカリとラクマやヤフオクの同時出品自体は違反ではない

メルカリでは同時出品自体は規約違反とはなりません。

過去のメルカリガイドには他サイトとの同時出品を禁止する項目がありましたが、現在ではガイドが変更されており、その項目はなくなっています。

他サイトへの出品を禁止することが、独占禁止法違反となる可能性があるためと考えられています。

同じようにラクマでも現在は同時出品の禁止を明言していません。

ただし、ヤフオクに関してはガイドラインの禁止行為に

同じ商品を、他社のサービスやその他の方法によって、二重に出品すること

【引用元:ヤフオク!ガイドライン細則

とあるように、「二重に出品すること」を禁止しています。

二重出品とは、1つしか在庫が無い商品をヤフオクと、例えば、メルカリに出品することを言います。

在庫が2つ以上の複数個ある場合であれば、メルカリに1個、残りの個数をヤフオクに出品することは禁止行為ではない、ということです。

在庫が1個しかない場合、同時出品をするのであれば、ヤフオクではなく、メルカリとラクマを使うようにしましょう。

ただし、同時出品が原因でメルカリの規約違反になってしまうケースもあり得るため注意が必要です。

同時出品が原因でトラブルになるのはメルカリ規約違反

メルカリで同時出品が違反となるのは同時出品が原因で購入者とトラブルになったときです。

メルカリガイドの「禁止されている行為」には

同じ商品を他社のサービスやその他の方法によって二重に出品することにより、お客さま間でトラブルを引き起こすと思われるもの

【引用元:メルカリ事務局で不適切と判断される行為

と記載されています。

例としてメルカリとラクマで同時出品をしたときの事を考えてみましょう。

仮に同時出品をした商品がラクマで先に売れたとします。

その後メルカリで出品を取り消す前に購入されてしまった場合、発送する商品がないためメルカリの取引はキャンセルしなければなりません。

購入者からすれば納得がいかず、キャンセルに応じてもらえない事もあるでしょう。

こうした同時出品が原因で起こるトラブルがメルカリの規約違反に該当します。

また、ラクマで商品が売れた時点で、メルカリに出品している商品は在庫が無い商品となってしまいます。

つまり、メルカリが規約違反としている「出品時に手元にない商品の販売」の違反行為に該当することになります。

購入後に手元に商品がないことによる取引キャンセルや配送の遅延によるトラブルを避けるため、手元にある商品のみ出品することが可能です。

■主な違反行為
出品時に手元にない商品の販売

【引用元:禁止されている行為

たとえ説明欄に「購入前のコメント必須」などと書いていたとしても、それは独自のルールに過ぎないということに注意しましょう。

メルカリには「コメントなし購入禁止」や「プロフィール必読」「いいね!不要」といったルールはありません。

【引用元:独自ルールの取引について

このようにメルカリガイドにもしっかりと記載されています。

メルカリでは商品の即購入が認められているため同時購入者に落ち度はなく、事務局に通報されたとしても文句は言えません。

メルカリで同時購入された時の対処法

同時購入をされた時の1番安全な対処法はラクマの「購入申請」をキャンセルし、メルカリの取引を優先することです。

ラクマには購入者が購入の意思を示し、それに対して出品者が承認・非承認を行う「購入申請」というシステムがあります。

やり方は出品時に「購入申請あり」を選択するだけです。

このシステムを利用すればメルカリとラクマで同時出品をするリスクはなくなります。

一方、ヤフオクの場合はガイドラインで同時出品自体を禁止しているため、そもそも同時出品先として利用するべきではありません。

ですが、もし仮にメルカリとヤフオクで同時購入をされてしまった時には、同時出品を明確に禁止しているヤフオクの取引を優先するのが良いと思います。

ヤフオクは落札後に出品者都合でキャンセルをすると自動的に「非常に悪い」という評価を付けられるシステムになっているため、リスクが高いという理由もあります。

その場合、メルカリの購入者に対しては正直に事情を説明し、丁寧に謝罪をした上でキャンセルの同意を得ましょう。

誠意ある対応をすれば大きなトラブルにはならず、ペナルティを受けずに済むかもしれません。

ただしペナルティに関しては厳密に基準が示されている訳ではなく、あくまでも事務局の判断によるため、ペナルティを受ける可能性はゼロではありません。

これから同時出品を行う方は必ず同時購入をされた時の対処がしやすいメルカリとラクマを使うようにしましょう。

同時購入によるキャンセルのペナルティについて

同時購入を理由に出品者キャンセルをするとペナルティを受ける可能性があります。

自己都合による取引キャンセルやお客さま独自のルールによるキャンセルの強要など、取引相手への迷惑行為は、事務局から注意の連絡や利用制限を行う場合があります。

【引用元:取引をキャンセルしたい

メルカリガイドにもこういった記載がされています。

メルカリのペナルティは

・事務局からの警告

・一時的にメルカリの利用停止

・アカウント停止

など様々な種類があります。

ペナルティの有無や種類は事務局が判断するため一概には言えませんが、

「同時購入によるキャンセルはペナルティを受ける可能性がある」

ということを覚えておきましょう。

まとめ

メルカリとラクマやヤフオクでの同時出品は、トラブルにならない限りメルカリの規約違反にはなりません。

ただしヤフオクでは同時出品をする行為自体が禁止されていることに注意しましょう。

メルカリと同時出品をするのであればラクマを利用し、同時購入をされても問題ないように在庫管理を徹底して行いましょう。

同時出品で重要なのは他のユーザーに迷惑をかけないように行うことです。