メルカリ転売

メルカリ出品者側が取引キャンセルする方法とペナルティについて

メルカリに出品をしていた商品が購入された後で不測の事態が起こり、取引をキャンセルせざるを得ない場合もあるかもしれません。

そんな時は

「出品者側からのキャンセルってできるのかな…」

「通報されてペナルティを受けたらどうしよう…」

などと不安になってしまいますよね。

結論から言うと、出品者側から取引をキャンセルすることは可能です。

正当な理由があり、購入者にきちんと事情を説明をした上で同意を得られれば、ペナルティを受ける可能性も低いでしょう。

私の実体験ですが、商品の発送も済み、購入者の方が受け取りをしてから商品の破損が発覚したことがあります。

その時はすでに取引画面にキャンセルボタンもなかったため、すぐに事務局に取引のキャンセル依頼をしました。

結果的にキャンセルは成立し、代金は購入者の方へ返金となりました。

また私自身もペナルティは受けていません。

ペナルティの有無はあくまでもメルカリ事務局の判断であるため断言はできませんが、私のようにペナルティを受けないケースがあることは確かです。

この後、メルカリの出品者側からキャンセルする方法やペナルティについて詳しく解説していきます。

取引キャンセルをする理由は様々だと思いますが、

購入者が代金の支払いをしてくれず困っている

発送前に商品を壊してしまった

というような方もぜひ参考にしてください。

そして取引のキャンセルが必要な場合にはすぐに対応を行いましょう。

 

メルカリ出品者側から取引キャンセルはできる?

メルカリでは出品者側からでも取引のキャンセルが可能です。

ただしキャンセルをするには「正当な理由」が必要です。

取引キャンセルの理由や条件について見ていきましょう。

 

取引キャンセルする理由

出品者側が取引をキャンセルする理由には

・購入者が支払い期限が過ぎても代金の支払いをしない

・商品の価格設定を間違えていた

・専用の出品ページを作ったが他の人に買われてしまった

・発送前に商品が破損してしまった

・商品説明に不備があった

・在庫がない

・売る気がなくなった

などの場合が考えられます。

しかし、これら全ての理由で必ずキャンセルができるという訳ではありません。

場合によってはペナルティを受ける可能性もあることを覚えておきましょう。

 

取引キャンセルできる条件

取引のキャンセルをするためには

・キャンセル理由に正当な理由があること

・購入者の同意があること

といった条件があります。

例えば「気が変わった」など、明らかに自己都合によるキャンセル申請は事務局によって取り下げられたり、ペナルティを受けたりする可能性もあります。

同様に、「メルカリの専用出品を他の人に買われてしまった」というケースであっても、専用出品自体がメルカリユーザー独自のルールに過ぎないため、購入者に対してキャンセルの強要をすることはできません。

キャンセルをする正当な理由がある場合には、購入者に対して取引メッセージでしっかりと事情を説明し、同意をもらうようにしましょう。

 

メルカリ出品者側から取引キャンセルする方法

出品者側からの取引キャンセルは

1.取引画面の一番下にある「この取引をキャンセルする」をタップする

2.キャンセル理由を選択し、詳細を入力する

3.注意事項を確認し、チェックを入れる

4.「キャンセルを申請する」をタップする

といった流れで申請を行います。

この申請に対し、購入者が「同意する」をタップするか、24時間以内に返答がなかった場合に取引のキャンセルが成立します。

逆に購入者が「同意しない」をタップした場合には取引メッセージが使えなくなり、その後は事務局が間に立って対応をしてくれます。

事前に取引メッセージで購入者に事情説明を行い、キャンセルの同意を得てからキャンセル申請を行うとトラブルも起きにくくなるでしょう。

万が一「キャンセル申請フォーム」がない場合でも、

・購入者とのキャンセル合意が済んでおり、取引メッセージでそれが確認できる

・商品発送済みの場合、商品が出品者に返送されている、もしくは返品不要で合意している

という条件を満たしていれば事務局に直接キャンセル依頼をすることも可能です。

その時は

マイページ → お問い合わせ → お問い合わせ項目を選ぶ → 取引中の商品について

と進んで問い合わせを行いましょう。

 

出品者側による取引キャンセルのペナルティはある?

出品者が取引キャンセルをする場合、ペナルティを受けてしまうこともあります。

取引のキャンセル理由や取引メッセージによって規約違反が発覚することが主な理由として考えられます。

例えば「在庫がない」という理由のキャンセルは、メルカリが違反行為としている

・出品時に手元にない商品の販売

に該当する可能性があります。

また、自己都合にも関わらず購入者に対してキャンセルを強要するような行為も迷惑行為に該当する可能性があります。

このようにメルカリの規約に違反しているとメルカリ事務局が判断した場合には

・注意や警告

・利用制限

などといったペナルティを受けてしまうかもしれません。

 

取引キャンセルした商品の評価はどうなる?

取引キャンセル後は出品者、購入者共に相手に評価をつけることはできません。

キャンセルが成立するとその商品の履歴などは全て消去され、取引画面が確認できなくなるからです。

取引相手を後で検索することが難しくなってしまうため、相手が代金を支払わないような悪質な購入者であった時は、キャンセル前にブロックしておくのも良いでしょう。

 

まとめ

メルカリでは出品者側から取引キャンセルをすることは可能ですが、あくまでも不測の事態が起こってしまった時の最終手段と考えてください。

「何かあったらキャンセルすればいいや」という軽い気持ちで何度もキャンセルを繰り返したり、自己都合でキャンセルをしたりすると、重いペナルティを受けてしまうかもしれません。

購入者のことを第一に考えた健全な取引を目指しましょう。