メルカリ転売

メルカリで複数アカウント登録者を通報する方法

メルカリで商品を見ていると、複数アカウント登録者に出くわすことがありますよね。

「あれ、この商品画像と全く同じものをさっき見たけど」

「商品説明文も全く同じじゃん」

「やっぱり発送元も同じだ」

1人1アカウントがルールのメルカリなのに、出品物が全く同じ、商品画像も同じ(現品の画像ではなく他サイトからの画像転載多し)、商品説明や発送元も同じ、となれば、同一人物による複数アカウントの可能性が高いです。

手元に商品が無いままにメルカリで複数のアカウントを使って出品し、注文を受けてからアマゾンや仕入れ先から購入し直送してもらう、いわゆる「無在庫販売」のケースです。

メルカリの画面が同じ出品画像で埋め尽くされていては不快な気持ちになりますよね。

複数アカウントを持っている場合、商品購入の自作自演や評価の不正操作などもやりたい放題になります。

メルカリでの複数アカウントの登録は、当然、規約違反です。

明らかに業者などによる複数アカウントを見つけた場合は、メルカリ事務局に通報することで、悪質な出品者にペナルティを与えることができます。

この記事では、メルカリで規約違反をしている複数アカウント登録者を通報する方法を解説しています。

複数アカウント登録者を通報する場合、それぞれの商品ページから違反報告をするのではなく、お問合せのその他を利用することで、効率良くまとめて通報することができます。

メルカリの複数アカウント登録の規約違反とは

メルカリでは複数アカウントの登録が利用規約にて禁止されています。

メルカリ利用規約

第4条ユーザー登録及びアカウント情報

2.複数登録の禁止

ユーザー及びユーザー登録をされようとする方(以下併せて「ユーザー等」といいます)は、複数のユーザー登録を行うことができないものとします。

引用:メルカリ利用規約

メルカリが複数アカウントの登録を規約違反としているのは、主に次のような理由があるからです。

・キャンペーンポイントや招待ポイントの不正入手

・商品購入の自作自演

・自分のコメント欄や評価の不正操作

・他ユーザーへの嫌がらせ

・マネーロンダリングなどの犯罪行為

複数アカウント登録は不正利用の温床になりやすく、その為、メルカリでは複利用規約にて厳格に禁止しています。

もし事務局で複数アカウントの登録が確認できれば、無期限の利用停止の対応をしてくれます。

メルカリで複数アカウント登録者を通報する方法

メルカリで違反報告を行う方法は次の2つがあります。

・商品ページから違反報告する

・お問合せから通報する

複数アカウントを発見した場合は、一度に複数のアカウントをまとめて通報できるお問合せから行うことをおすすめします。

それぞれのアカウントの商品ページについている通報ボタンからでは、通報する手間もかかりますし、事務局も同じ人から何度も通報が届くと、最悪、クレーマーに間違われることがあります。

複数アカウント登録者を通報する場合は、マイページの『お問い合わせ』の中にある「その他」の項目から通報するようにしましょう。

やり方は簡単です。

1.アプリで複数アカウント登録者のプロフィールページへいき、右上のメニューをタップする。

2.「このプロフィールのシェア」からURLをコピーし、メモ帳などにまとめる。

このURLの中にユーザーIDが含まれています。

プロフィールのURLを見れば、どの出品者なのかを知ることができます。

少し手間はかかりますが、複数アカウントと思われる登録者のプロフィールをメモ帳にコピーしていきましょう。

3.マイページの『お問い合わせ』から「お問い合わせ項目を選ぶ」を選択する。

4.「アプリの使い方やその他」を選び、一番下にある「その他」を選ぶ。

5.お問い合わせ内容に、コピーしたURLをまとめて貼りつけ、複数アカウントと思われる理由を記載します。

商品IDは未入力で構いません。

送信ボタンを押して、複数アカウント登録者の通報は完了です。

1度の通報で複数アカウントをまとめて通報することで、事務局にもわかりやすく、対応してもらいやすくなります。

事務局の方で情報が紐付けられれば、複数アカウント登録者のアカウントをまとめて退会させることができます。

お問合せの返信もあるので、通報したアカウントが処分を受けたかどうかを、貼りつけたURLから確認することもできます。

メルカリで複数アカウント登録者の通報は無意味?

メルカリでは複数アカウント登録者を通報しても、なかなか事務局が対応してくれないことがあります。

しかし、通報が無意味ということではありません。

事務局の対応するスタッフの判断にもよりますが、対応されないことの多くは、複数アカウント登録者の数が多く、確認作業が追いつかない場合が考えられます。

複数アカウント登録者が大掛かりな組織の場合、事務局は時間をかけて調査している可能性もあります。

一人からの通報ではペナルティにならない場合でも、通報が多くなれば、事務局も対応してくれることが多いです。

通報は無駄ではありません。

メルカリユーザーの一人として規約違反に気づいたら通報することで、メルカリ全体の不正利用者を減らしていくことに貢献することができます。

自分が通報されてしまったら取るべき対応

では、通報されてしまった場合はどうしたら良いでしょうか。

事務局から「複数アカウントが確認されたので利用停止となります」との通知が来たら、パニックになってしまいますよね。

通報者の中には、いたずらや不正確な情報から行うものもいたりします。

身に覚えがないのなら、落ち着いて、事務局に確認の問い合わせをしましょう。

メルカリでは、一度アカウントを停止されると、復旧はかなり難しいです。

メルカリ事務局は、通報の内容を精査する基準は非公開としていますので、自分から疑いを晴らすことが必要になります。

まれに過去同じ電話番号の持ち主がメルカリを利用していたなどの理由で、複数アカウントと認証される事例などもあります。

もし本当に身に覚えがないのであれば、誤解が解けるまで事務局に問い合わせをするようにしましょう。

まとめ

メルカリで複数アカウント登録者を発見すると不快な気持ちになりますよね。

よかれと思って違反通報をしている方もいらっしゃると思いますが、メルカリでは通報のしすぎも、事務局から利用制限を受けることがあります。

複数アカウント登録者を通報する際は一つ一つ違反通報するのではなく、複数アカウントのURLをまとめて、一度の問い合わせで通報するようにしましょう。