メルカリ転売

らくらくメルカリ便をセブンイレブンから発送する方法!出品・梱包・店舗レジでの操作手順を詳しく解説【コンビニ発送】

「らくらくメルカリ便」は、通常配送よりも送料が格安で匿名配送ができ、補償もついているメルカリだけで使える配送サービスです。

らくらくメルカリ便は、今ではコンビニのセブンイレブンからも発送することができ、益々便利になりました。

発送方法もセブンのレジに持ち込むだけで簡単とのことですが、

「本当にレジに持ってくだけでいいの?」

「問題なく発送することができるかな」

セブンイレブンで発送をしたことが無いと、不安が残りますよね。

そこで、この記事では、らくらくメルカリ便をセブンイレブンで発送する方法を、出品する段階からレジでの発送手続きが完了するまで順を追って詳しく解説しています。

・セブンイレブンからの発送方法を詳しく知りたい

・セブンイレブンから発送する場合の注意点を知りたい

そんな方はぜひこの記事を読み進めてください。

セブンイレブンからの発送方法を理解して、らくらくメルカリ便をもっと便利に利用していきましょう。

セブンイレブンからの発送はコンビニレジに持ち込むだけ!

らくらくメルカリ便を発送できるコンビニは「ファミマ(ファミリーマート)」と「セブンイレブン」の2つだけです。

(*らくらくメルカリ便はサークルKからも発送できましたが、2018年11月21日にサービスは終了しています。)

ファミマから発送する場合は、レジに行く前に店舗内に設置している端末での操作が必要でした。

セブンイレブンから発送する方法は、端末操作が必要なく、店舗に着いたら直接レジに持ち込むだけです。

セブンイレブン簡単発送の流れ

まずは、セブンイレブンでの発送の流れを簡単に確認しましょう。

1.出品時に「らくらくメルカリ便」を選択する

2.売れたら商品を梱包する

3.メルカリアプリの取引画面からバーコードを作成する

(取引画面にて、コンビニ発送を選択⇒セブンイレブンを選択⇒サイズを選択⇒バーコードが表示される)

4.梱包した商品を持ってセブンイレブンに向かう

5.レジの店員に「メルカリ便です」と、荷物と先ほど作成したバーコードを提示する

6.店員がバーコードをスキャンし、サイト連携専用袋とレシート(荷物貼付用)と控えを渡してくれます。

7.サイト連携専用袋にレシートを入れ、商品に貼り付けて(裏面がシールになっています)店員に渡します。

以上で、発送手続きは完了です。

らくらくメルカリ便は、メルカリとヤマト運輸が連携したメルカリ独自の配送サービスです。

発送窓口がセブンイレブンでも、購入者にはヤマト運輸から商品が配送されます。

セブンイレブンでの発送方法【メルカリ公式】動画

セブンイレブンから「らくらくメルカリ便」を発送する方法を動画でも確認することができます。

 

たった38秒の動画です。それだけセブンイレブンからの発送が簡単ということですね。

らくらくメルカリ便をセブンイレブンから発送する方法

それでは、らくらくメルカリ便をセブンイレブンから発送する手順を出品時から詳しく見ていきましょう。

出品時のアプリ操作手順

セブンイレブンから発送するための出品方法は、配送方法を「らくらくメルカル便」に設定するだけです。

スマホアプリでの操作手順をより詳しく解説していきますね。

1.商品を出品する際に、「配送料の負担」を「送料込み(出品者負担)」にします。

2.次の「配送の方法」を「らくらくメルカリ便」に指定します。

3.他の設定も完了し、「出品する」のボタンを押します。

らくらくメルカリ便を利用するためには、配送料の負担が出品者負担になっている必要があります。

売れた商品を梱包する

商品が売れたら、丁寧に梱包しサイズを測ります。

梱包は丁寧にしすぎたため、予想以上に大きくならないように気を付けましょう。

また、梱包のサイズを雑に測ってしまうと、後々料金が高くつくことになります。

しっかりと梱包し、きちんとサイズと重さを測りましょう。

らくらくメルカリ便には配送方法が3種類あり、大きさによって料金が違います。

では、らくらくメルカリ便の3つの配送の種類について解説していきます。

1.ネコポス

らくらくメルカリ便のネコポスに入れれる商品は、アクセサリーやスマホケース、靴下や薄手の衣類などの薄手の物が入ります。

A4サイズで厚さ2.5㎝以内の商品が対象です。

料金は、全国一律195円(税込)です。

2.宅急便コンパクト

宅急便コンパクトは、ネコポスに入らなかった商品、子供の衣類、雑貨などが対象になります。

専用の箱が必要で、全国一律380円(税込)で配送してくれます。

専用の箱には、薄型BOX(サイズ縦24.8㎝×横34㎝(外寸))と専用BOX(サイズ縦25㎝×横20㎝×高さ5)の2種類があり、どちらも65円で購入することができます。

専用の箱は、ヤマト運輸の営業所やメルカリストア内で販売されています。

らくらくメルカリ便を扱っているコンビニでも購入ができますが、売り切れの場合もあるので、商品が売れる前に手に入れておきましょう。

コンビニでは、店頭では販売していないので、レジの店員に直接、聞いてみてくださいね。

3.宅急便

宅急便コンパクトで入りきれなかった商品は、宅急便で送ることになります。

梱包した箱の縦、横、高さの合計がサイズになります。

サイズの他に、重さも関係しているので注意が必要です。

サイズは、60サイズ(~2kg)から160サイズ(~25kg)まであるので、大きい商品でも発送が可能です。

宅急便コンパクトは、サイズだけでなく重さにも上限があります。

重さの上限を超えてしまうと、一つ大きいサイズになりますので、発送前に重量も必ず確認するようにしましょう。

配送料金は、60サイズ(~2kg)700円から、160サイズ(~25kg)1,600円までの6種類となります。

>>らくらくメルカリ便の種類と配送料金一覧&注意点

セブンイレブン発送用バーコードの生成方法

サイズも決まったら、次はセブンイレブンに持ち込むためのバーコードを作っていきます。

セブンイレブンから発送するためには、配送用バーコードが必ず必要です。

次の通りに進めていけば、簡単にできますので安心してください。

1.コンビニから発送を選択

取引画面に「らくらくメルカリ便で発送する」の表示が出たら、

・コンビニ・宅配ロッカーから発送

・ヤマトの営業所へ持ち込んで発送

・ヤマトの集荷サービスを利用して発送

から、「コンビニ・宅配便ロッカーから発送」を選択します。

2.「セブン-イレブン」を選択

「発送する場所を選ぶ」画面になるので、

・宅配便ロッカーPUDO

・ファミリーマート

・セブン-イレブン

から「セブン-イレブン」を選択します。

セブン-イレブンからの発送方法について、詳しく書かれていますので、目を通しておきましょう。

3.サイズを選択

つづいて、サイズと品名を選択・入力します。

サイズは、

・ネコポス(A4厚さ2.5㎝以内)

・宅急便コンパクト(専用BOX)

・宅急便(60-160サイズ)

の3つの中から、梱包した後に測ったサイズを選びます。

4.配送用バーコードを表示する

最後に、「配送用のバーコードを表示する」のボタンを押します。


引用:メルカリガイド

上記のようなバーコードと受付番号、パスワードが表示されたら、セブンイレブンから発送用のバーコード作成が完了です。

セブンイレブン店舗レジでの発送手続き手順

配送用バーコードが表示できれば、あとはバーコードが表示されたスマホと荷物を持ってセブンイレブンのレジに直行すればOKです。

セブンイレブン以外のコンビニのファミリーマートから発送する場合は、まず内でファミポートの端末を使い、受付番号を入力したりと操作する手間がかかります。

セブンイレブンではレジに直行すればOKです。

1.直接レジに行き、レジ店員に「メルカリの発送をお願いします」と伝えます。

2.レジ店員からバーコードを提示するよう言われますので、スマホアプリ内のバーコードが表示された画面を見せます。

3.レジ店員がバーコードを読み取ります。

バーコードが読み取れない場合は、バーコード下にある27桁の数字(受付番号とパスワード)を伝えます。

4.宅急便コンパクトや宅急便は日にち指定を聞かれます。

もし、日にちの指定が必要な場合は、レジ店員に伝えます。

5.バーコードが読み取れたら、伝票袋(サイト連携専用袋)を渡されるので、自分で荷物に貼ります。

6.配送伝票(レシート)も渡されるので、伝票袋に入れます。

7.商品をレジ店員に渡します。

控えを受け取ったら、セブンイレブンでの発送は完了です。

セブンイレブンから発送する場合の3つの注意点

簡単に手続きができるセブンイレブンからの発送ですが、注意する点が3つあります。

1.レジでのやり取り

まず1つ目は、レジでのやり取りです。

配送用バーコードを見せると伝票袋を渡されますが、この伝票袋は自分で梱包した荷物に貼らないといけません。

そして、配送用伝票も自分で伝票袋に入れます。

レジ店員はやってくれませんので注意しましょう。

2.WEB版メルカリ

2つ目はWEB版のメルカリについてです。

WEB版のメルカリにはスマホアプリと比べて使えない機能が色々とありますよね。

セブンイレブンからの発送についてもWEB版のメルカリからは利用できません。

3.集荷のタイミング

3つ目は、セブンイレブンへ商品を持ち込む時間帯によって、当日発送ではなく、翌日発送になってしまう可能性があることです。

セブンイレブンの発送サービスは、ヤマト運輸が行っています。

発送手続きが終わった荷物をヤマト運輸が集荷に来てくれます。

集荷の回数や時間については、各地域や店舗によって異なってきます。

1日3回集荷に来る店舗もあれば、1日1回だけのところもあります。

例えば、ヤマト運輸の集荷が、午前11時と午後3時の2回の場合を考えてみましょう。

あなたは午後4時に荷物を持ち込みました。

その場合、当日の集荷は1時間前の午後3時に終わっていますので、荷物は翌日の午前11時までセブンイレブンに置かれたままとなります。

昨日、発送したはずなのに、配送状況が変わらない場合のよくある原因になります。

当日発送となる最終の集荷時間がいつになるのか、持ち込むコンビニに確認しておくことをおすすめします。

配送を急いでいる場合は、最終の集荷時間後は、ヤマト運輸の営業所に持ち込むことも選択肢にいれるようにしましょう。

深夜帯であったり、朝早くに発送をしたい場合は、コンビニが便利です。

らくらくメルカリ便の種類と配送料金一覧&注意点

らくらくメルカリ便をセブンイレブンからコンビニ発送する場合、追加料金は発生しません。

つまり、らくらくメルカリ便をコンビニ発送する送料は、ヤマト運輸営業所から発送する場合と全く同じです。

送料はすべてサイズ別に決まっていて、配送先の近い遠いに関わらず、日本のどこであっても下記の通り全国一律の料金で送ることができます。

らくらくメルカリ便のサイズ別の配送料金一覧がこちらになります。

サイズ送料(税込)
ネコポス
(A4サイズで厚さ2.5cm以内)
195円
宅急便コンパクト
(専用BOXが必要/65円)
380円
宅急便60サイズ
(~2㎏)
700円
宅急便80サイズ
(~5㎏)
800円
宅急便100サイズ
(~10㎏)
1,000円
宅急便120サイズ
(~15㎏)
1,100円
宅急便140サイズ
(~20㎏)
1,300円
宅急便160サイズ
(~25㎏)
1,600円

送料は全国一律なので、例えば、北海道から沖縄へ発送する場合でも、宅急便60サイズで2キロ以内なら、送料は700円です。

送料は取引完了後に販売利益から差し引かれるので、コンビニでお金を払う必要もありません。

料金上の注意点としては、宅急便の場合、サイズだけでなく重量のチェックが必要です。

サイズは60なのだけど、重量が3㎏であれば、80サイズの料金800円となります。

サイズは60に納まるけど、重量が6㎏の場合は、100サイズの料金1,000円となります。

「家で測ったサイズより送料が多く引かれてた!」と言った場合は、重さが原因であることが多いです。

まとめ

セブンイレブンから「らくらくメルカリ便」を送るのは本当に簡単です。

セブンイレブン店舗での滞在時間は、レジが空いていれば1分もかかりません。

サービス開始当初は、不慣れな店員によるミスの報告も聞きましたが、今では改善されているようです。

慣れてしまえばスムーズにできますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。