メルカリ転売

らくらくメルカリ便をコンビニのファミマから発送!やり方と注意点を詳しく解説

らくらくメルカリ便はコンビニのファミマ(ファミリーマート)とセブンイレブンから発送することができます。

自宅の近くにあるファミマから発送してみたいけど、

「ファミポートの使い方が難しそう」

「コンビニでの手続きって時間はどのくらいかかるんだろう」

初めての経験だと何かと不安ですよね。

ファミマから、らくらくメルカリ便を発送する方法は簡単なので安心してください。

発送手続きは慣れていなくても5分とかかりません。

ファミポートで発券して(30秒程度)、荷物と一緒にレジに持っていくだけです。

この記事では、らくらくメルカリ便でファミマから商品を発送するための流れを出品から解説するとともに、注意点についてもまとめています。

・らくらくメルカリ便のファミマ発送方法に躊躇している方

・らくらくメルカリ便のファミマ発送の料金と注意点を知りたい方

このような方はぜひ、記事を読み進めてください。

最後まで読んでいただければ、ファミマからのコンビニ発送初心者のあなたでも安心して発送ができますよ。

ファミマからのコンビニ発送をマスターして、どんどんらくらくメルカリ便を活用していきましょう。

らくらくメルカリ便はコンビニ「ファミマ」「セブンイレブン」から発送できる

らくらくメルカリ便は、ヤマト運輸の営業所だけでなく、コンビニの「ファミマ」と「セブンイレブン」から発送することができます。

メルカリ利用者が増えたことや顧客からの要望が多かったことから、2016年3月10日(木)からコンビニのファミリーマートからの「らくらくメルカリ便」発送サービスが始まりました。

2018年5月7日(日)からは、セブンイレブンでも発送サービスが開始となりました。

自宅の最寄りにヤマト運輸の営業所がない方や、営業時間内に行けない方にとって、ファミマなどのコンビニ発送できるのは助かりますよね。

ヤマト運輸営業所に比べてファミマなどのコンビニは店舗数が圧倒的に多く、24時間営業なので持ち込み時間を気にすることなく荷物を発送することができます。

 

らくらくメルカリ便でファミマからコンビニ発送するメリット

らくらくメルカリ便は、ファミマとセブンイレブンから発送することができますが、自宅からの距離が同じ場合、どちらを利用しようか悩みますよね。

ファミポートでの端末操作が無い分、手続きがより簡単なのはセブンイレブンです。

ですが、ファミマからの発送は、ファミポートで操作を行うからこそのメリットがあります。

到着予定日や時間帯の指定・変更は自分で確認しながら行うことができます(ネコポスを除く)。

セブンイレブンの場合、到着日時の指定はレジの店員に口頭で伝えるので、聞き間違いなどで間違った日付を指定されてしまうことがあります。

また、レジの混んでいる時間帯だと、他のお客さんに迷惑がかかるかもと気になり、あなた自身の確認が適当になってしまう可能性もあります。

セブンイレブンでは、レジであなたのスマホにバーコードを表示して提示しますが、店員との距離が近くなることが嫌という方もいらっしゃいます。

レジの手続き前に自分で確認をしたい、指定や変更は自分でやりたい方は、ファミマからのコンビニ発送がおすすめです。

 

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送するやり方

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送するやり方は、難しくありません。

ヤマト運輸営業所での発送方法との違いもほとんどなく、ファミマからのコンビニ発送が初心者でも手順通りに進めば心配ないです。

ここでは、ファミマからコンビニ発送する方法を詳しく解説します。

手順さえわかれば、安心してファミマからコンビニ発送できますよね。

1.出品時に「らくらくメルカリ便」を選択

メルカリでの商品の出品時に、配送の方法を「らくらくメルカリ便」に設定します。

出品時にらくらくメルカリ便を選択しておくことで、ファミマからの発送や匿名配送サービスを利用することができます。

出品時の配送方法が「未定」の場合も、売れてから「らくらくメルカリ便」に変更でき、コンビニ発送ができますが、匿名配送にはならないので注意が必要です。

らくらくメルカリ便のメリットである匿名配送を利用したい場合は、購入される前に「らくらくメルカリ便」に設定することを忘れないようにしましょう。

さて、商品が売れました。

この後、ファミマに持ち込むまでに行うことは次の2つになります。

・商品を梱包する

・取引画面からQRコード(2次元バーコード)を作る

2.商品を梱包する

ファミマの店員は商品の梱包をしてくれません。

ファミマの店内に梱包できるスペースも無い為、商品は梱包をしてからコンビニにもっていきます。

らくらくメルカリ便の場合、宅急便コンパクトのみ専用の箱が必要です。

宅急便コンパクトの専用箱は、ヤマト運輸営業所、らくらくメルカリ便を扱っているファミマやセブンイレブンで1箱65円で購入することができます。

コンビニの店頭には置いてないので、レジで店員に聞いてみるのが一番です。

コンビニだと売り切れの場合もあるため、余裕を持って事前に購入しておくことをおすすめします。

宅急便コンパクト以外は、サイズに合わせて家にある袋や段ボールを使って梱包すればOKです。

商品の梱包は、プチプチなどを使って丁寧かつコンパクトにしましょう。

梱包サイズによって送料が異なるので、出来るだけ梱包サイズを小さくすることで、あなたの売上金額を上げることができます。

とはいえ、無理矢理ギュウギュウに梱包して、商品が壊れたり折れたりしたらトラブルのもとになります。

丁寧かつコンパクトに梱包するよう心掛けましょう。

3.QRコード(二次元バーコード)を作る

ファミマからコンビニ発送するために必要なQRコード(二次元バーコード)を作ります。

取引画面に「らくらくメルカリ便で発送する」が表示されたら、

・コンビニ・宅配ロッカーから発送

・ヤマトの営業所へ持ち込んで発送

・ヤマトの集荷サービスを利用して発送

から、「コンビニ・宅配便ロッカーからは発送」を選択します。

「発送する場所を選ぶ」画面になるので、

・宅配便ロッカーPUDO

・ファミリーマート

・セブンイレブン

から「ファミリーマート」を選びます。

「セブンイレブン」を選んでしまうと、ファミリーマート用のQRコード(二次元バーコード)が生成されないので気を付けましょう。

つづいて、サイズと商品名を入れます。

サイズは、

・ネコポス(A4厚さ2.5㎝以内)

・宅急便コンパクト(専用BOX)

・宅急便(60-160サイズ)

の3つの中から、梱包したサイズに合ったものを選びます。

品名は自動で表示されますが、購入者に分かりやすいように書き換えてもOKです。

最後に「配送用のバーコードを表示する」を押せば、正方形のQRコード(二次元バーコード)が表示されます。

このQRコードをファミマのファミポートで読み込んで申込券を発見します。

ファミポートですぐに利用できるようにQRコードのスクリーンショットを撮っておくのもおすすめです。

ファミマで発送するためのメルカリアプリでの準備はこれで完了です。

4.ファミマ「ファミポート」の手続き方法

ファミマへ梱包した商品を持ち込みます。

レジで商品を渡す前に、ファミポートでの手続きを行います。

ファミポートとは、ファミリーマートの店内にある緑色の機械です。

family.co.jp

このファミポートで発券した申込券と商品をレジカウンターに持っていきます。

ファミポートのトップ画面に表示されている中から「配送サービス」をタッチします。

すると、ヤマト運輸の配送サービス一覧が表示されるので、この全体をタッチします。

ヤマト運輸のQRコード読込画面が表示されます。

先ほどメルカリアプリの取引画面から作成した正方形のQRコード(二次元バーコード)をファミポートの黄色枠の部分にかざします。

QRコードが読みこまれると、らくらくメルカリ便のサイズについての説明画面が表示されるので、「OK」をタッチします。

*サービス開始当初は、ファミマの店員がサイズを計測してくれていましたが、現在はコンビニでの計測はなくなり、ヤマト運輸に集荷されてから計測されサイズが決まるシステムになりました。

*QRコードが読み込めない場合は、QRコード下に表示されている受付番号とパスワードを入力しましょう。

配送情報確認画面に取引内容が表示されますので、間違いがないか確認します。

*匿名配送の場合は、「お届け先」は表示されません。

「発送予定日」「お届け希望日時」もこの画面で確認することができます。

「お届け希望日時」は、最短となる「希望なし」に基づく日にちが表示されています。

到着日の変更や、時間指定がある場合は、右下の「お届け希望日時の選択・変更はこちら」のボタンから行います。

*時間指定はネコポス以外の宅急便コンパクトと宅急便のみ行うことができます。

最終確認画面で「OK」をタッチすると、申込券が発券されます。

申込券が有効な30分以内にレジに並び、店員に申込券を渡して発送手続きを進めましょう。

ファミマ店員から、黄色の「サイト連携専用袋」という名前の伝票入れと伝票が手渡されます。

この袋は裏がシールになっているので、自分で商品に貼り、伝票を中に入れます。

ここまで終わったら、店員に商品を渡し、レジでの手続きが終了となります。

ご依頼主控えは、取引が完了するまで手元に保管して下さい。

手続きが終わったら、購入者に商品の発送通知を送りましょう。

 

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送する際の料金

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送する場合、追加料金などはかかりません。

送料は、取引完了後に販売利益から差し引かれる仕組みなので、コンビニでの料金の支払いも無く便利です。

らくらくメルカリ便でファミマからコンビニから発送する際の送料は、ヤマト運輸営業所から発送する場合と同じ料金です。

送料はすべてサイズ別に決まっていて、配送先の近い遠いに関わらず、日本のどこであっても下記の通り全国一律の料金で送ることができます。

サイズ送料
ネコポス195円
宅急便コンパクト380円
宅急便60サイズ(~2㎏)700円
宅急便80サイズ(~5㎏)800円
宅急便100サイズ(~10㎏)1,000円
宅急便120サイズ(~15㎏)1,100円
宅急便140サイズ(~20㎏)1,300円
宅急便160サイズ(~25㎏)1,600円

それぞれ送料は全国一律です。

例えば、北海道から沖縄へ発送する場合でも、宅急便60サイズで2キロ以内なら、送料は700円です。

注意点としては宅急便の重量上限を見落としがちなことです。

サイズは60なのだけど、重量が3㎏であれば80サイズ扱いとなり、重量が6㎏あれば100サイズの送料がかかります。

重さを見落とさないように注意しましょう。

 

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送する際の注意点

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送する際の注意点は、3つあります。

1つめは前述していますが、ファミマでは商品の梱包はしてくれないので、自宅で梱包したものを持ち込みましょう。

宅急便コンパクトは専用の箱が必要なので、事前に用意しておくことをおすすめします。

2つめは、ファミポートは、毎週月曜日のAM2:30~AM5:00の間は、メンテナンスのために発券手続きをすることができません。

ファミマでの発送手続きは、基本24時間365日可能なのですが、ファミポートのメンテナンス時間だけは気を付けるようにしてください。

そして、最後の3つめは、ファミマへ商品を持ち込む時間帯により、当日発送ではなく翌日発送になってしまう可能性があることです。

ファミマでの発送サービスは、ヤマト運輸が行っています。

発送手続きが終わった商品は、毎日、決まった時間にヤマト運輸の方が集荷に訪れます。

例えば、ヤマト運輸が午前11時と午後3時の2回集荷にくるファミマに、午後4時に荷物を持ち込んだ場合を考えてみましょう。

当日の集荷は午後3時に終わってしまっていますので、あなたの荷物がヤマト運輸に集荷されるのは翌日の午前11時となってしまいます。

もし、午後2時にファミマに持ち込んでいれば、午後3時の集荷に間に合うので、当日発送扱いとなります。

ヤマト運輸の集荷の回数や時間については、各地域や店舗によって異なってきます。

1日3回集荷に来る店舗もあれば、1日1回だけのところもあります。

集荷のタイミングや時間については、コンビニの店員に聞けば教えてくれます。

当日発送となる最終時間がいつになるのか、コンビニに確認しておくことをおすすめします。

購入者への発送の連絡の際に、何時にファミマに持ち込んだということを、メッセージで送るのもおすすめです。

 

まとめ

らくらくメルカリ便をファミマからコンビニ発送するやり方と注意点を見てきました。

ファミポートでの操作が必要ですが、とても簡単でしたよね。

24時間365日いつでも発送ができるので、ヤマト運輸の営業が終わった後や朝早くに発送したい方には、とても便利なサービスです。

ご近所にファミマがある場合は、積極的に利用していきましょう。