国内転売ビジネス

メルカリの圏外飛ばしから復活して解除する方法はコレ!

メルカリで圏外飛ばしにあった場合の復活方法

メルカリで2017年6月頃から始まった「圏外飛ばし」。

「大量に無在庫販売をする業者を取り締まる」目的でできたはずの制度です。

しかし、多くの一般ユーザーまで規制を受けてしまっています。

何をどうしたら圏外飛ばしの対象なのか、メルカリ事務局からは何も公言されていない、恐怖のペナルティです。

「急に商品が売れなくなった!」

「いいねが付かない!これが噂の圏外飛ばし…??」

何の警告も通知もなく、突然起こる圏外飛ばしという事態。

出品したい商品を自宅に抱えながら、頭も抱えてしまうユーザーの声が多く聞かれます。

一刻も早く復活したいところですが、闇雲に動いてみても解決にはなりません。

大丈夫です。

メルカリの圏外飛ばしから復活する方法はあります。

それは、解除されるのを待つことです。

規制するべき業者ではないと判断されれば、圏外飛ばしから復活できます。

業者ではないと示すために、

・そのまま放置しておく

・公開停止の出品商品を削除する

・同じ画像・説明の出品商品を削除する

・新規の出品を止める

という方法をとりながら、解除されるその時を待つしかありません。

解除されてからも、「業者と判断されない出品をすること」が重要です。

これは、圏外飛ばしの対策であり、解決方法でもあります。

今まさに圏外飛ばしを受けている方

噂の圏外飛ばしにあわないために対策を知りたい方

ぜひ、以下の記事をお読みください。

圏外飛ばしの恐怖に捉われない、堅実なメルカリ生活を送ることができるようになるはずです。

 

メルカリの圏外飛ばしは復活できるの?

 

ご安心ください、メルカリの圏外飛ばしは復活できます。

メルカリが掲げているのは「個人間売買の場の提供」です。

一方、業者は短時間で大量に出品や再出品を行い、新着商品や検索結果のページをその商品で埋め尽くします。

その結果、一般ユーザーの出品が埋もれてしまい、購入者も不便です。

そこで、機械が何らかの基準を元にチェックし、該当する出品者を自動的に規制しています。

それが「圏外飛ばし」です。

そのため、業者ではないと判断されれば解除され、復活することができます。

圏外飛ばしの本来の目的は「個人間の売買をする利用者を守る」こと。

復活後は、「業者と誤解されない出品」を続けることが大切です。

 

メルカリの圏外飛ばしから復活する方法

 

メルカリの圏外飛ばしから復活する方法は、今のところ断言できるものがありません。

しかし、圏外飛ばしから復活できなかったという事例もありません。

規制対象の業者ではないと判断されるか、業者と認識された問題を解決すれば、復活することができると考えられます。

業者と認識されやすい出品方法は以下の通りです。

・複数出品(短時間に連続して大量に出品すること)

・重複出品(同じ商品を何個も繰り返し出品すること)

・再出品(商品を削除して、同じ商品をすぐに同じ内容で出品する)

・大量削除(出品している商品を一気に全て削除する)

・自動出品ツールなどの使用

一般ユーザーの出品でも、当てはまる項目があることがわかります。

例えば、再出品は誰でも経験があるでしょうし、時間のある時にまとめて出品するということも多いと思います。

しかし、”大量”や”短時間”の基準は明らかにされていません。

それでも、規制対象の業者だと判断されれば自動的に圏外飛ばしです。

「問題がありそうな商品ページを改善する」

「業者ではないと判断される行動をとる」

これらが、復活を早める方法となる可能性もあります。

ここからは、圏外飛ばし中にとるべき具体的な方法をご紹介していきます。

 

そのまま放置する

 

そのまま放置すること。

圏外飛ばし期間中に多くの方が実践しています。

そして、方法はそれしかないとも言われています。

出品に何かしらの問題があり、業者と判断された結果の圏外飛ばしです。

余計に業者として認識されてしまわないよう、あえて動きを止めます。

早く復活させようと、出品した商品を削除したり、解除の確認のために何度も出品したりするのは逆効果になると考えられます。

ただし、閲覧したり購入したりすることは通常通り可能で、影響はありません。

 

公開停止の出品商品を削除する

 

公開停止の出品商品を削除するという方法もあります。

売れなかった商品を「削除」ではなく「公開停止」し、そこからコピペして「再出品」することもあると思います。

これは、”重複出品をしている”、または、”無在庫で出品している業者”と判断される場合があります。

公開停止の商品は削除して、商品ページを整理しておいた方が良いでしょう。

逆に、公開停止の商品を売れそうな商品に変えて出品し、評価を増やし、復活を早くするという方法もあるようです。

しかし、メルカリからの明言は何も無いので、効果の程は定かではありません。

 

同じ画像・説明の出品商品を削除する

 

全く同じ画像・説明の出品商品は削除しておきましょう。

業者のページには、全く同じ画像・説明の商品が大量に羅列しています。

このような商品があると、業者だと判断されてしまう可能性が高くなります。

同じ商品を複数持っていたとしても、

・画像や文言は、一部でも変える

このひと手間を加えることが大切です。

Amazonなどに掲載されている写真をそのまま流用するのもやめた方が良いでしょう。

商品の画像は、出品するごとに実物を撮影することをおすすめします。

 

新規の出品を止める

 

新規の出品はなるべく止めた方が良いでしょう。

これは、圏外飛ばしが解除されたか確認できる唯一の方法でもあります。

しかし、不要な動きはなるべく避けるべきです。

特に、解除されたか確認するために出品し、まだだと分かり、すぐ削除するのは危険です。

メルカリ側から見ると、制限中にさえ出品と削除を繰り返しているというマイナスな判断にしか繋がりません。

多くの方が実践しているように、ほとぼりが冷めるのを待つ方が賢明だと考えられます。

 

圏外飛ばしから復活するまでの期間

 

圏外飛ばしから復活するまでの期間にも、明確な決まりがありません。

傾向としては、約1~2週間後に解除されたという声が多いです。

1日で復活した例もある一方で、2ヵ月かかったという声もあります。

誰にもハッキリとはわからないのが現状です。

圏外飛ばし中に不審な動きをとると、期間がのびる可能性もあります。

メルカリ事務局に圏外飛ばしの理由や期間を問い合わせても、定型文で「公平性を保つための対応」との返答があるだけです。

解除までの期間もわからず、通知も来ません。

確認する方法は出品してみることだけですが、マメに繰り返すのは危険です。

数日~1週間の間に1回程にとどめた方がベターと言えます。

 

まとめ

 

メルカリの圏外飛ばしからは復活できます。

その方法は、できる改善は行い、解除の時を待つことです。

期間は人によって違うため、自身で確認するしかありません。

そして、復活後は業者と認識されないような出品をすることが重要です。

今一度メルカリの規約やルールをチェックし、出品に問題がないか再確認しておくことも不可欠です。

それが、快適なメルカリ生活を送り続けるコツともいえます。