国内転売ビジネス

メルカリの商品の梱包は紙袋でも大丈夫 包装の方法を解説!

メルカリでは商品の梱包を紙袋で行っても大丈夫

メルカリで出品していた商品が売れて喜んだのも束の間。

次に頭を悩ますのは商品の梱包です。

封筒には入らないが、持っているダンボールに入れるには小さすぎるという微妙なサイズの商品もあると思います。

丁度いいサイズの箱ってなかなか 見つかりませんよね。

そのような時に、紙袋で商品を発送したいと思う方は多いのではないでしょうか。

メルカリでは専用資材が必要な宅急便コンパクト以外は全て紙袋で発送可能です。

家にある紙袋を再利用すれば手間もかからず、場合によっては送料も抑えられます。

一見すると良い方法に思えますが、出品者という立場で考えると不安な点もありますよね。

「紙袋で送ったら相手に失礼かも…」

と考えて結局ダンボールで発送した経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんそれも間違いではありませんし、購入者のことを考えた結果なのでとても素晴らしいと思います。

そのように購入者を大切にする気持ちがあれば今後紙袋で発送をしても大丈夫です。

紙袋であっても綺麗に包装されていれば、失礼だと感じる人はほとんどいません。

なぜなら購入者にとって一番重要なのは梱包方法ではなく、中に入っている商品だからです。

そのため、商品を無事に届けるという意識が重要となります。

この記事では梱包に紙袋を使う際のおすすめの方法や注意点を紹介するので

費用を抑えて少しでも利益を増やしたい方

紙袋で送った時のクレームが怖い方

という方も是非参考にしてみてください。

購入者の立場にたって考えてみることで見えてくるものも多いです。

自分が商品を受け取った時に不快に感じるのはどういう時かを考えて梱包をするようにしましょう。

メルカリの商品の梱包に紙袋は大丈夫?

メルカリで売れた商品の梱包に紙袋を使用することは問題ありません。

しかし、なんの断りも無く紙袋で届いたら不快に感じる人もいるかもしれません。

その為

発送に紙袋を使用する事を商品説明欄に記載する

取引メッセージで購入者の同意を得る

こういった配慮をしておくと安心です。

また、あまりにも雑な梱包は購入者を不快にさせるおそれがあります。

クレームや低評価にも繋がってしまうので注意しましょう。

逆に、丁寧な梱包をすれば高評価に繋がる可能性もあります。

大切なのは心遣いですね。

 

紙袋を使った包装・梱包方法

紙袋を使って発送する際は

商品を保護する

サイズをできる限り小さくする

見た目を綺麗にする

これらのことを意識しましょう。

まずは配達時に雨が降っていても商品が濡れないようにビニール袋などに入れます。

箱物の場合には緩衝材で包むのも良いでしょう。

そしてサイズを小さくするために紙袋の上部を折り畳んでテープで留めれば梱包完了です。

紙袋の取っ手が自由になっていると他の荷物に引っかかるなど、事故が起きてしまう可能性もあります。

送る際の重量や見栄えの事も考慮すると取っ手部分は切り取ってしまうのが良いと思います。

プラスチックの取っ手の場合は切り口が尖って危険なのでテープで保護しましょう。

梱包に使用するテープはガムテープでも問題ありません。

しかし、切り方や貼り方によっては汚く見えてしまいます。

ハサミを使うなどして丁寧な梱包を心掛けましょう。

ガムテープではどうしても見た目が気になるという方は、梱包用の透明テープを使うのもおすすめです。

 

紙袋を使うメリット

商品の梱包に紙袋を使うと時間の短縮や費用の節約に繋がります。

少しの差にも思えますが、出品数が増えてくるとそれも馬鹿にできません。

どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

 

入手しやすい

紙袋は手に入りやすいというメリットがあります。

買い物をしたときにもらえる紙袋を

「いつか何かに使えるだろう」

と思って捨てられない事ってありますよね。

おしゃれなデザインだったりすると尚更です。

大抵の場合、使う機会がなく押入れの奥で眠っていると思います。

こういう時こそ有効活用するチャンスです。

 

箱で送るよりも送料が安い

紙袋は箱と比べて送料を安くできる事が多いです。

発送する際、包装資材を含めたサイズによって送料が決定するからです。

例えば、メルカリ便を使う場合の送料は

60サイズ→送料600円

80サイズ→送料700円

つまり、60サイズ以下の商品を80サイズのダンボールに入れて発送するのは100円の損ということになります。

しかし商品に合ったサイズのダンボールを見つけるのは大変ですよね。

その点、紙袋であれば商品に合わせて折り畳むことができるので規格内に収めやすいです。

 

梱包が簡単

紙袋は形を変えやすいので梱包がとても簡単です。

ダンボールで発送する場合、商品に対して箱が大きすぎて隙間が生まれてしまうこともありますよね。

その場合には商品が箱の中で動くのを防ぐため、丸めた新聞紙などで隙間を埋める必要があります。

それに対して紙袋は商品の形に合わせて包み、テープで固定するだけです。

面倒な作業が必要ないので時間短縮になりますね。

 

紙袋で発送する際の注意点

紙袋で発送する時に注意すべき事がいくつかあります。

クレームになるか、高評価になるかは工夫次第で変わります。

様々なケースを想定し、適切な対策をしましょう。

 

防水対策をしっかり行う

紙袋で梱包する時は商品が濡れない工夫をしましょう。

配達時に雨が降っていると紙袋から水が染み、中の商品まで濡れてしまいます。

袋からびちょびちょの人形が出てきたら怖いですよね。

楽しみにしていた子どもが泣いてしまうかもしれません。

例えば、商品をビニール袋に入れてから紙袋で梱包するだけでも防水対策になります。

万全にするのであれば梱包した紙袋をさらに透明のビニール袋に入れましょう。

外側まで防水対策を施すことで、雨で宛名が滲むのも防ぐことができます。

このような心遣いは購入者にとって嬉しいものです。

しっかりとした防水対策をすることで高評価に繋がるかもしれません。

 

割れモノには使用しない

紙袋は便利ですが、壊れやすい商品を発送する時に使用するのは絶対にやめましょう。

商品を緩衝材で包んでいたとしても外が紙では効果が薄く、破損する可能性が高くなってしまいます。

例えば衝撃で割れやすい食器などの梱包には丈夫なダンボールを使うようにしましょう。

ダンボールであれば他の荷物が上に乗ってもある程度耐えられます。

割れモノをダンボールで梱包する時は

商品を緩衝材(プチプチ)で包む

商品と箱の間に丸めた新聞紙を入れる

取扱注意のシールを貼る

以上のような対策をするのがおすすめです。

取扱注意のシールが貼ってあると配送業者も丁寧に扱ってくれます。

割れモノ以外を紙袋で発送する時でも念の為に貼っておくと安心ですよ。

 

キレイな紙袋を使う

マナーとして状態の良い紙袋を使うことも重要です。

見た目が綺麗な物を選ぶことは当然ですが、見落としやすいのが匂いです。

食品が入っていた紙袋だとその匂いが残っている場合もあります。

マクドナルドの紙袋はハンバーガーやポテトの匂いが染み付いていますよね。

匂いが移りやすい商品を包装する際は特に気を付けましょう。

洋服であればブランドショップの紙袋に入れるのがおすすめです。

おしゃれなデザインのものが人気で、ブランドによっては紙袋のみで出品されているほどです。

有名な所で言えばシャネルやグッチの紙袋は人気が高いですね。

家に保存してあるものがあれば、購入者へのサービスと考えて梱包に使うのも良いでしょう。

その際、商品を受け取った後も紙袋を再利用できるように丁寧な梱包を心掛けましょう。

購入者も得した気分になると思いますよ。

 

まとめ

紙袋で発送することのメリットを受けられるのは出品者だけです。

そのため、購入者への配慮は怠らないようにしましょう。

・事前説明

・商品を保護するための工夫

・不快感を与えない丁寧な梱包

以上のことを心掛ければ購入者もきっと満足してくれます。

出品者と購入者の双方が満足できるような取引を目指しましょう。

 

最後までご覧頂き有難うございます!