国内転売ビジネス

メルカリでの領収書の発行は商品を販売したら必要か 断り方も解説!

メルカリで商品を販売したら領収書の発行は必要か

メルカリで商品の販売をしていると、購入者から領収書の発行を求められることがあります。

本来、メルカリを含むフリマアプリは個人間の売買を行うためのプラットフォームです。

そのため出品者としても領収書の発行と言われると、え?と少し対応に困ってしまうのではないでしょうか。

「出品者の判断で勝手に発行してしまって良いの?」

「購入される前に事前相談されてしまった」

このような思いを抱く方も多いかと思います。

ただし、結論としては出品者は領収書を発行する必要はありません。

メルカリの規約にもしっかりと「領収書は発行されないものとする」と明記されていますのでご安心ください。

とは言っても購入者に対して、できませんの一点張りで接するのも抵抗がありますよね。

対応次第では取引後の評価にも影響しかねませんので慎重に対応したい気持ちも十分理解できます。

購入者が領収書を求める大きな理由は、購入した金額を会社や個人事業主の経費として申請する時に必要だからです。

一方で意外と知られていませんが、経費申請においては必ずしも領収書が必要という訳ではありません。

クレジットカードの明細一覧や、出金伝票などでの対応も認められています。

メルカリで領収書を発行すべきか判断に困っている方

そういう方はぜひこの記事を最後まで読んでください。

購入者へ代替案を提案してあげるなど、寄り添った対応で領収書発行の断り方をマスターしていきましょう。

 

メルカリでの領収書は商品を販売したら発行する?

領収書は販売者は発行しなくてもOK

メルカリで商品を販売したとしても出品者は領収書を発行する必要はありません。

メルカリの規約では「ユーザーによって支払われた代金決済についての領収書等は発行されないものとします」と明示されています。

メルカリユーザーは規約に同意した上で取引を行なっている訳ですから、杓子定規に対応するのであれば、規約に基づいて発行できませんという回答で良いのです。

しかし、人と人とのやりとりですから、一方的にNoと言ってしまうと、せっかくの取引も後味が悪くなってしまいますよね。

例えば無意識で信号無視をしてしまった場合に、「違反だ!」と言われるよりは「危ないですよ!」と言われる方がすっと理解できると思います。

これと同じように相手が納得しやすいようにうまく説明をして断るようにしましょう。

 

販売後に領収書の発行を求められた場合の断り方

領収書の発行を断る場合

販売後に領収書の発行を求められた場合は、まずはメルカリの規約について説明しルールを理解してもらった上でお断りしましょう。

規約でも納得してもらえない場合は、領収書代わりになるものを教えてあげることです。

領収書を求める大きな理由は会社や個人事業主が経費申請するために必要だからです。

しかし、経費申請おいては必ずしも領収書である必要はありません。

詳しくは後述しますが、クレジットカードの明細等でも経費申請を行うことは可能です。

購入者がなぜ領収書を求めているかを理解することで、解決策を提示してあげることが大切ですね。

 

購入前に相談があったらどうすれば良い?

場合によっては購入前に領収書発行が可能かどうか問い合わせを受けることもあると思います。

そういう場合に備え、自分のプロフィールや出品時の商品説明に領収書を発行しない旨を明示しておきましょう。

事前に明言しておくことで、実際に相談された場合でも断りやすくなりますよね。

問い合わせをした人も事前にプロフィールや商品説明を読んだ上での質問だと思いますので、そう言われると納得するしかないはずです。

それでも食い下がってくる方がいるようであれば、正規のお店で購入いただくよう案内してあげるのも一つの手かもしれません。

 

購入者が経費清算で利用したい場合はどうするか

経費清算をしたい場合

先述の通り領収書を求められる理由は購入者が経費精算をする際に必要だからです。

ということは他のもので経費精算ができれば領収書は不要となる訳です。

ただNGと伝えるのではなく、通行止めの際に迂回路を教えてあげるように、どのようにすればうまくいくのかを提示してあげましょう。

メルカリの取引においては以下のものを領収書の代わりとして経費申請に利用することができます。

クレジットカードの明細

コンビニ払いのレシート

モバイルキャリア決済の明細

出金伝票

それぞれ支払い手数料がかかったりすることもありますが、結局経費として申請するのであれば、あまり変わりませんよね。

領収書代わりになるものを教えてあげる方が、ただお断りするよりは親切に映るはずです。

 

領収書を発行する場合の書き方

それでもどうしても断りきれず、領収書を発行せざるを得ないときには、以下の項目を必ず明記して作成しましょう。

販売した日付

相手の名前

金額(金額の修正ができないように¥マークや,などを記載)

何に対する支払いかを記載

領収書を発行した本人の名前、住所

用紙は市販の領収書用紙でOK、もし手に入らなければ手書きも可です。

領収書は悪用されてしまうと脱税などにも利用されてしまいます。

その際に脱税ほう助などのいらぬ疑いをかけられないように、しっかりと不備のない状態で発行するようにしましょう。

 

他から発行された領収書を出品することは禁止

領収書を商品として販売することは禁止

メルカリでは領収書自体を商品として出品することも禁止されています。

理由としては脱税に利用されてしまう可能性があるためです。

例えば10万円分の領収書を1万円で購入したとすると、本来支払いをしていない9万円分が経費として申請できてしまう訳です。

そうすると9万円分が控除されますので、その分支払うべき税金の金額を下げることができてしまいます。

出品者としても不要な領収書が1万円で売れるのですから喜んで出品してしまいますよね。

このように、領収書の出品を認めてしまうとフリマ自体が脱税の温床になってしまいます。

こういった理由により領収書の出品はNGとなっているのです。

 

まとめ

繰り返しとなりますが、メルカリでの販売において領収書を発行する必要はありません。

ただし、杓子定規にNGと答えるのではなく、なぜ発行できないのか、領収書の代わりになるものは何かを説明・提示してあげることで購入者を納得させることは可能です。

また領収書の取り扱い自体にも注意が必要です。

決して自身の評価を下げることないように、購入者に対して情報提供していきましょう。