メルカリ転売

メルカリの出品写真の最適サイズと正方形画像に加工する方法【2020年版】

メルカリにおいて、商品の売れやすさを決める大事な要素の一つが商品写真です。

メルカリに出品した自分の商品の写真を見て

「一覧に表示されても目立たない」

「なんか画質が悪い気がする」

このように不満を感じる方も多いのではないでしょうか。

それは使用している写真のサイズが原因かもしれません。

メルカリの検索結果や商品一覧では正方形の画像が並びます。

その為、出品写真に長方形の写真を使用すると上下または左右に空白ができてしまい、画像の枠を最大限活かしきれません。

また、正方形の写真を使用した場合でも、画像サイズが大きすぎるとアップロード時に自動で変換され、画質が低下してしまうことがあります。

これらの問題は、撮影するカメラの設定変更や、アプリを使った加工で対処可能です。

この記事ではメルカリの出品写真の最適サイズや写真を正方形に加工する方法などを解説しているので

商品を魅力的に見せたい

メルカリに出品した商品が売れなくて困っている

こういった方はぜひ最後までお読みください。

魅力的な写真を使用すれば商品に興味を持ってもらいやすくなります。

まずは自分の商品ページを開いてもらうこと、それがメルカリで売上を伸ばす第一歩です。

写真の最適サイズは720×720ピクセル

メルカリに掲載する商品写真は720×720ピクセルのサイズにするのが良いでしょう。

過去にメルカリ事務局から以下のような回答をされた方がいます。

・なお、現在メルカリでは出品時の画像は720×720ピクセルになるよう拡大縮小されます。そのため、上記のサイズより大きい画像をご使用いただいた際には、縮小され、画像が粗くなる可能性がございますことをご了承ください。

【引用元:メルカリボックス

これにより、正方形かつ720×720ピクセルというサイズがメルカリの出品写真に一番適していると考えられます。

これより大きいサイズの写真を使用したい場合には、出品前にサイズを小さく加工するようにしましょう。

メルカリ内では画像サイズを変更できない

メルカリ内では画像をトリミングし、長方形を正方形にすることはできますが、画像サイズそのものを変更することはできません。

4000×3000ピクセルの画像を3000×3000ピクセルに加工することはできますが、原型を保ったまま720×720ピクセルまで小さくするのは不可能ということです。

つまり、メルカリにおける最適サイズの写真を使用するためには、出品前の準備が必要となります。

サイズが大きい写真は出品前に小さくする

メルカリ内で写真のサイズを変更することはできないため、サイズが大きい写真は出品前に小さくしなければなりません。

撮影前にカメラの設定でサイズを変える、もしくは撮影後にアプリなどを使って写真のリサイズを行いましょう。

撮影時にサイズを小さくする

スマホなどのカメラでは設定で写真の縦横比やサイズを変えられる場合があります。

これは機種によって異なるため、実際にカメラを起動し、設定を確認してみましょう。

正方形の写真を撮りたい場合には縦横比を「1:1」や「スクエア」などに変更します。

もし自分の機種でそういった設定ができない場合には、LINEカメラなどのアプリを使うのも良いでしょう。

アプリでサイズを小さくする

撮影した写真のサイズが大きすぎる場合にはアプリを使って小さくしましょう。

写真を加工できるアプリには様々な種類があります。

今回はiPhone用アプリを1つご紹介します。

EverClipper

EverClipperは写真のリサイズやトリミングなどができるiPhone用アプリです。

カメラ機能も付いているため、このアプリがあれば写真撮影からサイズの調整までの流れをスムーズに行うことが可能です。

使い方も簡単で

1.カメラ機能で写真を撮影する、もしくは加工したい写真を読み込む

2.リサイズのアイコンをタップ

3.10段階の候補から変更したいサイズを選ぶ

という手順でリサイズを行えます。

候補の中に丁度いいサイズがない場合には、任意のサイズを登録することも可能です。

AppStoreでEverClipperを見る

長方形の写真を正方形画像に加工する方法

お使いの機種によっては、カメラの設定で正方形画像にできないこともあるかもしれません。

その場合には、一度長方形の写真を撮り、メルカリ内の画像編集やアプリを使って正方形に加工をしましょう。

商品の編集から切取加工する

メルカリでは商品の編集で写真の加工をすることができます。

編集したい写真をタップすると編集画面になるため、左下の「切取」をタップしましょう。

任意の範囲を指定して「適用」をタップすると切取加工が行われます。

ちなみに、出品中の写真を加工したいときには

1.「マイページ」→「出品した商品」と進む

2.編集したい商品を選ぶ

3.「商品の編集」をタップする

以上の流れで行いましょう。

アプリで正方形に加工する

アプリを使って正方形に加工するのもおすすめです。

加工後の写真が端末に保存されるため、メルカリ内の編集を使うよりも自由度が高いからです。

例えば、同じ商品を複数回出品するような場合、端末に加工済みの写真が保存されていれば、それを使い回すこともできます。

正方形さん

「正方形さん」というアプリを使うと簡単に正方形画像に加工することが可能です。

このアプリで正方形画像に加工する方法は

A.長方形を切り取って正方形にする

B.長方形にフレームを足して正方形にする

この二種類があります。

Aの方法はメルカリ内の編集と同じく、長方形から余分な部分をカットして正方形にするという加工です。

それに対して、Bの方法を使うと長方形の写真のまま正方形画像にすることができます。

フレームの部分を派手な色にしたり、文字を入れたりすれば、正方形の画像枠を全て使って商品を目立たせることができるでしょう。

特に、ロングコートなどといったの縦長の商品を出品するときには有効かもしれません。

AppStoreで正方形さんを見る

Google Playで正方形さんを見る

文字入れ加工もできる

メルカリ内の編集やアプリを使って写真に文字を入れることも可能です。

長方形の写真を正方形画像に加工すれば、スペースを無駄なく使うことができます。

そのスペースを利用して商品の説明などを加えれば見る人にも分かりやすくなります。

その際、フォントや色を工夫すれば他の商品よりも目立ち、商品ページを開いてもらえる機会が増えるでしょう。

まとめ

メルカリの利用者が商品を検索して一番最初に目にするのが商品の写真です。

出品する際にメルカリに適したサイズの写真を使うことで、同じ商品がズラッと並ぶ検索結果の中でも目立ちやすくなります。

そうすれば商品ページに訪れる人も増え、売上に繋がる可能性も高くなります。

写真はアプリなどで簡単に加工ができるので、手間を惜しまず魅力的な写真に仕上げましょう。