メルカリ転売

メルカリでの副業は確定申告しないとばれるのか マイナンバーも関係する?

メルカリ転売などの副業をしていると、会社に副業をしていることがバレないか?という不安がありますよね。

副業禁止の公務員が副業がバレて停職処分をくらった、という話も時々聞きます。

「上司からの呼び出しの度に副業がバレたのか?とビクビクする。」

「知らない番号からの電話がある度に、ついに税務署か?と不安になる。」

こっそりやっているはずの副業が一体どこから会社にバレてしまうのでしょうか。

マイナンバーの普及もあり、余計に心配ですよね。

年間20万円を超える本業とは別の所得があった場合は、確定申告が必要になります。

この場合の所得と扱われるのは、仕入れるための商品を購入した金額と、出品して販売した金額の差額分の利益のことです。

しなくてはいけないとわかっていても、会社にバレるなら確定申告をしたくない…

ご安心ください。

会社にバレずに確定申告をする方法があります。

副業がバレないか不安な方

無駄な心配を抱えずにメルカリでの副業を行いたい方

こういった方はぜひこちらの記事をご覧ください。

会社や税務署からの呼び出しに怯える毎日を送りたくない人のために、法律も本業も守れて安心して稼げる方法をお伝えします。

 

メルカリでの副業は会社にばれる可能性がある?

メルカリでの副業が会社にバレる可能性はあります。

副業がバレてしまう理由で多いのは

・密告

・勤務態度が明らかにおかしい(本業に支障が出ている)

・メルカリに登録しているニックネームや発送時の名前などが見つかる

・給料は変わっていないのに税金の金額が変わっているので感づかれる

などです。

仲の良い同僚に、内緒だぞ!と口止めをして副業の話をしたらその人が喋ってしまったり、飲み会の席でつい口が滑って自分で喋ってしまったことが人事にバレたり。

本業が終わってから発送業務やその他の作業を夜中までやっているので、寝不足で本業中に居眠りをしてしまうことが増えたり。

これらの理由は、自分の注意次第で気をつけることができます。

何かしらの方法を考えなくてはいけないのは、

「給料は変わっていないのに税金の金額が変わっているので感づかれる」

これではないでしょうか?

冒頭で述べたとおり、副業での収入があれば確定申告をして収入があったことを申告しなければいけません。

ですが、収入が増えればその分、次年度に払わなくてはいけない税金の金額が増えます。

すると、経理の人間が

「あれ?給料は変わっていないのに去年度より税金が増えている。」

と感づいてしまい、税務局に問い合わせをされて副業がバレる、という感じです。

これを防ぐためには、確定申告をする際の書き方にポイントがあります。

本業分の税金と副業分の税金をまとめずに別々に支払うようにするのです。

そのためには、確定申告をする際の用紙に、税金を『自分で納付』という欄に○をつけてください。

すると、副業での収入分の税金のみ別に振り込むようにできるので、会社には本業の収入分の税金のみしかわからないのでバレないのです。

 

不用品を販売しただけではバレない

不用品を販売したというのは、副業にはなりません。

副業での収入と見なされる例は

わざわざ商品を購入して仕入れて、出品・販売したもの

購入金額よりも高値で売り利益が出たもの

いらなくなった家電を販売した、着なくなった子供服を販売したというのはお金のやりとりがあっても、譲渡という扱いになるので副業とはなりません。

ですが、オークションなどで1つの物が30万円以上で売れた場合は収入となるので気をつけてくださいね。

 

確定申告をしないとバレる?

バレないこともあるが、バレる可能性は十分にあるとお伝えしておきます。

副業での収入があったのに確定申告をしていないということが税務局にバレる経緯で多いのは、

「副業での収入の振込元(メルカリなど)に税務局が入った」

というのがあります。

大きい組織だと、申告漏れや脱税の疑いがあればすぐに国税局の調査が入ったりします。

その際に振込先の一覧も調査される訳ですが、そこから芋ヅル式に怪しいところには調査が入り、申告漏れがバレる、という経緯です。

その他、収入に見合わない高級車やマンションを購入した場合なども怪しまれます。

何度か確定申告をしなかったがバレていない!という人も安心はできませんよ。

まだ金額が少ないので泳がされている(数年後かなりの金額になったところで通知が来る)という可能性もあります。

バレた場合には、無申告加算税・延滞税・重加算税で本来の税金よりもかなりの割増額を払わなくてはいけなくなりますので、きちんと確定申告はしておきましょうね。

 

メルカリでの副業がバレないようにする対策

副業が会社にバレる理由は

・密告

・本業への影響

・登録しているニックネームや発送時の名前

・税金の金額が変わる

という理由でしたが、バレないための対策方法を覚えておいてください。

 

副業していることを周囲に言わない

どんなに信頼している人でも、悪気はなかったがついうっかり口が滑ったという事はありえます。

ついうっかりで職を無くしてはたまりません。

話したい気持ちをグッと堪えて、誰にも内緒で稼ぎましょう。

 

住民税は自分で払う

確定申告の際の書類に『自分で納付』に必ず○をつけましょう。

これを忘れてしまうと、副業での収入分の税金が本業での収入分の税金と一緒に来てしまうので会社にバレる可能性があるので気をつけましょう。

 

確定申告が必要ない範囲内に副業収入を抑える

副業での収入が年間で20万以下であれば、課税対象にならず確定申告の必要はありません。

どうしても確定申告が不安という方は、副業での収入を年間20万円以下に抑えれば申告対象にはなりません。

 

マイナンバーでバレる可能性はある?

今のところ、マイナンバーから調べて副業がバレたという事は無いようです。

ですが、今後更にマイナンバーの普及が徹底されてくることが考えられるので、必ずしもマイナンバーからはバレないとは言い切れません。

 

まとめ

確定申告をする際のたった一つの○があるだけで、会社にいつバレるか?税務署にいつバレるか?という不安を抱えなくて済むようになるのです。

せっかく頑張るのなら、安心して稼いで素敵な生活をしたいものですね。