輸出ビジネス

Amazon輸出は撤退すべきなのか 本当に儲かる人と稼げない人の違い

Amazon輸出はまだ稼げるのか、撤退すべきなのか

「Amazon輸出を実践しているけどなかなか稼げない…」

「本当にこのまま実践し続けて儲かるのかな?」

「在庫が溜まっていくいっぽうなんだけど…」

商品を出品してもなかなか結果を出せていない時には、Amazon輸出の方法自体に疑問を感じ始めて、得る情報全てに疑心暗鬼になってしまいますよね。

中には、あまりにも結果が出なさ過ぎて輸出ビジネスから撤退を考える方もいらっしゃるでしょう。

ただし、撤退をする前に考えていただきたいのが、あなたの他には同じノウハウに取り組んでも、個人のビジネスとして会社員のお給料よりも高い副業収入を稼いでいる人であったり、月収100万円以上の利益をあげている方もいるということです。

大量に商品を出品してもなかなか売れない

思うように儲かっていない

撤退すべきか迷っている

そういった方はぜひこちらの記事をご覧いただいてから再度検討していただければと思います。

Amazon輸出で結果を出す人とそうでない人の違いを知ることが出来ます。

その違いを理解するだけで今まであなたがこれまで行ってきたAmazon輸出に変化を与えることが出来るかもしれません。

ぜひご覧ください!

Amazon輸出はまだ稼げるのか?撤退すべき?

結論から言えば、Amazon輸出はまだまだ稼げると断言します。

なぜなら、「Amazon輸出」というビジネス自体がネットビジネスの中でも知名度を上げて、実践者の方が多くなる一方で、撤退をしていく方も同じくらい多いからです。

つまり、ライバルセラーになり得る人達が増えるものの、なかなか稼ぐことが出来ずに辞めていく人がいるということです。

特に転売ビジネスはネットビジネスの中でも稼ぎやすい部類に入ります。

それでもあまり稼げない状態に陥ってしまって、結局は実践を止めてしまう方も出てきてしまうのが現実です。

Amazon輸出を実践することで儲かって稼ぎ続ける人と、稼げずに撤退してしまう人の間は明確な差があります。

 

Amazon輸出で儲かる人と稼げない人の違い

Amazon輸出で稼ぎ続ける人と稼げない人の差は明確に開いていきます。

その差に気付けるかどうかの問題だけです。

気付くことが出来れば、その差を埋めていく行動を取っていけば良いと思います。

ですので今回は、稼いでいる人と稼げない人の違いを挙げてみたいと思います。

 

ツールの使い方が違う

稼いでいる人は商品リサーチツールで見つけた商品以外のものも出品しています。

あなたがAというツールを使っていたとして、あなた以外の100人が同じAというツールを使用していれば、見つかる商品商品は一緒になります。

可能性として、他の100人が同じ商品の出品を行うライバルセラーになる可能性があるということです。

稼いでいる人は同じツールを使ったとしても、そのツールが導いてくれた商品からさらに深堀をして市場から需要を見つけ出す作業をしています。

また、ツールでは判別できない日本と海外の差異を手動で探しています。

商品のカタログが間違っている商品であったり、日本にそのカタログが登録されていない商品を見つけて出品を行っているのです。

そういったツールが見つけられない部分にも目を向けているという特徴が挙げられると思います。

 

出品価格以外にも目を向ける

利益を上げるには、商品の販売価格を上げるか、仕入れや配送コストを下げるかのどちらかしか手段は存在しません。

稼いでいるセラーほど、販売価格以外のコストにも目を向けています。

つまり、下げれるコストは限界まで下げる努力をしているのです。

分かりやすい部分で言えば、

仕入れコストの削減

配送コストの削減

の二つです。

出品価格はそのままでもこの2つのコストを下げることが出来れば、必然的に利益は上がります。

また仕入れと送料を下げることで、出品価格を安くすることも出来ますね。

そうすることでライバルセラーよりも安い価格で出品することが出来るので売れる確率を高めることが出来るんですね。

稼いでいるセラーほど、そういったことをコツコツと行っています。

 

仕組み化を考える

Amazon輸出を始められる方の中には、会社員の仕事をしながら副業として輸出ビジネスを開始する方が多いですよね。

副業で始められる場合にネックになってくるのが「時間」の確保です。

使うことが出来る時間が限られる為、実践をしていくと一人ではさばけない仕事量になります。

いつしかその仕事量と利益率が見合っていないと撤退して違うことをした方が良いのではないか?と思うようになってしまう方が多いです。

逆に、現在進行形で稼ぎ続けている人は早い段階で、自分以外に出来る作業を外部に外注して、擬似的に組織化をして利益額を大きくしています。

出品作業 → Aさん
仕入れ → Bさん
梱包・発送 → Cさん

というような形で、ネット上で外注さんを募集して自分が使える時間を確保しているのです。

Amazon輸出の撤退を検討すべきタイミング

もしAmazon輸出の実践を撤退すべきタイミングは一つなのかなと思います。

それは、

資金がゼロになった時

です。

副業で行う場合には引き際も重要だと思っています。

もちろん、現金が無くてもクレジットカードの枠があれば実践を続けることは可能なわけですが、もし、「稼げない状態」のままクレジットカード枠頼りになってしまうと、クレジットカードの支払日に返済が出来なくなる危険が出てきます。

現金がゼロになった時、もしくは、自分で設定した資金を使っても思うように稼げなかった場合には、一度立ち止まって自分自身が行っている輸出の方法が正しいかどうかを見直す機会も必要かと思います。

 

Amazon輸出で稼ぎ続ける為に

Amazon輸出で稼いでいる人の特徴を知ることが出来ました。

あとはあなたと稼いでいる人の差を埋めることが出来れば、あなたも稼ぎ続けることができるようになります。

Amazon輸出は一つ一つの工程を細分化して分析すれば必ず修正を行う事が出来ます。

ぜひ、今回の記事で解説をした部分を見直してみて、正しい方法で実践を行えるようにしましょう!