メルカリ転売

メルカリで出品した商品を簡単に削除する方法

メルカリに出品した商品を削除したい時があると思います。

「コメントの削除を幾つもしたから、何か問題があったと思われそう」

「再出品をしたから、元のページを削除したい」

「過去の商品は削除したい!」

という場合などです。

いずれも、出品した商品を削除することで解決できます。

出品中の商品はもちろん、売却済みの商品も削除が可能です。

削除の仕方は簡単で、メニュー画面の「出品した商品」から商品を選択し、「この商品を削除する」ボタンを押すだけです。

しかし、消し方には少し注意が必要になります。

商品の削除後は、データを元に戻すことができません。

再出品するより先に消してしまうと、撮影も説明文もイチから作り直さなければなりません。

売却済みの商品の場合、購入者とのやり取りで残しておきたい内容がある時は、消してしまわないよう注意してください。

必要なデータは削除前に保存しておく習慣をつけておきましょう。

削除することには、メリットもあります。

売却済みの商品を消すことで、値下げ交渉のネタにされない

出品数を減らすと、業者と判断されて受ける利用制限の対策になる

購入者から商品が見やすくなり、まとめ買いなどに繋がりやすい

例えば、子どものトップスを探すお母さんが、ついつい合いそうなボトムも欲しくなったり、他のトップスとまとめ買いしたりする例は多いです。

・メルカリに出品した商品の削除方法がわからない方

・削除するのに不安がある方

ぜひ、こちらの記事をお読みください。

商品を削除するメリットや、後悔しない削除の方法がわかります。

「商品を削除する」機能を上手く活用すれば、スムーズにメルカリビジネスを進めていくことができます。

 

メルカリで出品した商品を削除する方法

メルカリで出品した商品を削除する方法をご紹介します。

1.トップページ画面左上の「三本線」を押してメニュー画面へ

2.その中から「出品した商品」をタップ

3.「出品中」か「売却済み」の中から削除したい商品を選択(取引中は不可)

4.「商品の編集」ページ最下部の「この商品を削除する」をタップ

5.「削除すると二度と復活できません。停止することもできます。削除しますか?」との確認メッセージに、「はい」を押す

これで、削除の完了です。

画面には「該当する商品は削除されています」という表示が出ます。

 

取引が終了した商品も削除できる

取引が終了した商品も削除することができます。

ただし、すぐにはできません。

取引完了から2週間

または、

購入者との最後の取引メッセージから2週間

経過すれば、削除ができるようになります。

取引が完了した後に購入者とやり取りをした場合は、やり取り後から2週間のカウントが始まります。
売却済み商品の「取引画面」へいき、「この商品を削除する」ボタンが出ていれば削除が可能です。

 

出品した商品を削除する際の注意点

 

出品した商品を削除する際の注意点をご紹介します。

削除後は、データを復元することができません。

画像や説明文、コメント、取引メッセージ、「いいね」の全てが消えます。

再出品の予定がある商品の場合は、消す前にコピペしてデータを残しておきましょう。

文章の一部を変更するだけで再出品でき、手間が省けます。

商品画像をメルカリのカメラ機能で撮影した場合、スマホにデータが残りません。

スクリーンショットをしておくか、初めからスマホで撮影することをおすすめします。

メルカリのカメラ機能と同様に、縦横比1:1の正方形で撮影するとスムーズです。

以下の場合は削除時、特に注意が必要です。

・売却済みで、購入者とのメッセージに残しておきたい内容がある商品

・取扱い商品の紹介にもなる、ハンドメイド品やブランド品

このような商品は、残しておくことがプラスに働くこともあります。

削除すると復元はできません。

訂正が必要な商品や、シーズン品などは「出品を一旦停止する」や「下書き」機能を使用するのも良いと思います。

 

商品を削除するメリット

出品した商品を削除するメリットを紹介します。

商品ページが見やすくなり、売れやすくなる

特に子ども服は、消耗も早く量が必要なため、まとめ買いを希望する方も多いです。

画面にキレイに並んでいると、つい目移りしてまとめて買ったり、フォローしてくれたりする可能性も高まります。

同じ服を扱っている場合、キレイに整理された店舗か、乱雑で見にくい店舗のどちらで購入したいか想像すればわかりやすいかと思います。

出品した商品の管理がしやすくなる

売れずに放置していた商品に質問や購入希望のコメントが入り、慌てて状態を確認した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

商品の状態を正しく把握しておくことは重要です。

管理が行き届いていれば、購入の機会を逃したり、悪い評価を受けたりするのを未然に防げます。

 

値下げ交渉のネタにされない

売却済みの商品を削除しておけば、値下げ交渉のネタにされません。

メルカリは出品者にとってはビジネスでも、購入者にとってはフリマです。

良い品をより安く、よりお得に求めています。

過去の同じような商品を見て、同額まで値下げするよう求められることもあります。

商品の値上げをする場合も、先に削除しておく方が良いでしょう。

 

出品数を減らすのに有効

 

出品数を減らすことは、業者に間違えられないためにも有効です。

メルカリでは、業者と判断されると規制や利用制限を受けてしまいます。

「アカウントの停止」や、「圏外飛ばし」などがそうです。

基準は明確になっていませんが、

・取引数に対して極端に出品数が多い場合(取引数10:出品数200など)

・1つしかない同じ商品を何度も、又は何個も出品している場合

業者と間違えられる可能性が高くなってしまいます。

これらの場合は、削除して出品数を減らすと良い対策になります。

 

一度に多くの商品を削除しない方が良い

業者と間違われないよう、一度に多くの商品を削除しない方が良いです。

メルカリが規制する業者は、短時間に大量の出品と削除を繰り返しています。

業者と判断されるの数は明確になっていませんが、一日に10品程度であれば問題ないという声が多いようです。

ですが、基準は日々変わり、明言もされないため、断言はできません。

一日にまとめて削除するのではなく、数日に1回、または、毎日数個などに分けた方が無難です。

また再出品も同様に、一日に何度も繰り返すのは危険です。

 

まとめ

出品した商品を削除すると、売上げの向上や、スムーズな取引に繋がります。

ただし、必要なデータを残しておくことや、一度に大量に消さないようにするなど、削除の仕方には少し注意も必要です。

メルカリビジネスを円滑に行うために、ぜひ有効に活用してみてください。