メルカリ転売

メルカリでハンドメイド商品が売れる時間・曜日など出品のコツを解説

「メルカリでハンドメイド商品を売っているけれど、なかなか売れない」

「もしかしたら、出品するタイミングに問題があるのかもしれない」

このように悩みながら出品はしているものの、成果が出ずに困っているという方も多いと思います。

ハンドメイド商品をメルカリに出品していても、

「ただ出品しているだけでいいのかな?」

「このまま売れ残ってしまうのかな…」

と、不安に思って、出品を控えてしまっているのではないでしょうか。

そんな悩みを持つあなたに伝えたいのは、「出品のコツ」をつかめば、メルカリでハンドメイド商品が売れるということです。

ここでは、ハンドメイドを購入することが多い主婦をターゲットに絞り、主婦がスマホを見やすい時間や曜日をおすすめしたいと思います。

ハンドメイド商品の売れる時間を知りたい

ハンドメイド商品の売れる曜日を知りたい

このように思っている方に、参考にしてもらえる記事となっています。

売れやすい時間や売れやすい曜日を知ることで、出品するタイミングも分かるようになります。

そすれば、あなたのハンドメイド商品が売れるようになると思います。

 

メルカリでハンドメイド商品を売る際のコツ

メルカリでハンドメイド商品を売るコツは、出品時間や曜日にあります。

このコツを知らければ、あなたのハンドメイド商品が、どんなにいい商品だったとしても、売れない可能性が高いです。

とはいえ、ハンドメイド商品は出品のコツをつかんで売れば大丈夫です。

・売れる時間帯に出品する

・売れる曜日に出品する

これらについてまとめてみたので、参考にしてみてください。

 

売れる時間

売れる時間帯は、「10時~12時」「15時~18時」だと考えられます。

これは、主婦がゆっくりスマホを見ている時間帯になります。

メルカリの利用者が多いのは22時からと言われていますが、主婦の場合、夜は子供と一緒に寝てしまったりすること多いので、スマホを見ていません。

たとえば、主婦が休憩できる時間帯は10時~12時で、夫や子供を学校に送り出し、家の片づけが終わったころです。

次の休憩出来る時間帯は15時~18時で、子供の塾の待ち時間や夕食を作り始める前となります。

主婦にターゲットを絞った場合、

「主婦がゆっくりスマホを見る時間」=「ハンドメイド商品が売れる時間」

になります。

 

売れる曜日

売れる曜日は、平日と考えられます。

主婦が一人の時間を持てるのが、平日だからです。

メルカリが売れるのは日曜や月曜とも言われていますが、主婦の場合は平日にゆっくりスマホを見ることが多いです。

ほとんどの主婦は夫や子供が家にいる土日に、ゆっくりスマホを見る時間がありません。

家族でお出かけしたり、朝昼晩と3食のご飯を作ったりと、平日よりも一人でいる時間が減り家事の時間が増えるからです。

主婦をターゲットに絞った場合、

「主婦がゆっくりスマホを見れる平日」=「ハンドメイド商品が売れる曜日」

となります。

 

ターゲットの生活パターンを想像する

売れる時間と売れる曜日を紹介しましたが、大切なのはターゲットとした主婦の生活パターンを想像することです。

あなたの売るハンドメイド商品が、どの年代の子持ちの主婦をターゲットにしているのかによって、出品する時間も多少変わってきます。

たとえば、まだ幼稚園に通う前の小さな子供がいる主婦の場合。

朝、夫を送り出し、9時頃子供が起きて11時頃まではバタバタと忙しいです。

11時頃から子供が昼寝をする事が多いので、「11時~12時頃」までは手が空きます。

子供が昼寝から起きると、またバタバタした時間が続き次に手があくのは「15時~17時」くらいです。

幼稚園児の場合は、子供が園に行き家事がひと段落してお迎えまでの「10時~14時」に手が空きます。

園から帰ってくると忙しくなるので、夕方でもスマホを見る時間がなかったりします。

小学生の場合は、学校へ送り出し家事が終わるとひと段落して「10時~15時」に手が空きます。

主婦と一区切りで考えず、それぞれのパターンの生活を想像すると、いつ主婦の手が空いて、いつスマホを見ているのかがわかってきます。

想像しながら出品してみると良さそうですね。

 

売れる法則を知ることは重要

売れる法則、つまり出品のコツを知ることは、とても重要です。

もし法則を知らずに出品していたら、いいね!すらつかないという事態も考えられます。

というのも、欲しい商品が出品されていたとしても、時間がなければメルカリを見ることもないからです。

たとえば、忙しくて手が離せない時に、大好きなケーキを出されたとしても、食べることは出来ないですよね。

それと同じで、忙しい時間帯にはスマホを手にすることも出来ないです。

売れる法則をよく理解して、商品を出品していくことが重要になります。

ターゲットとなる主婦がゆっくりとスマホを手に取る時間に、主婦が好みそうなハンドメイド商品を出品する。

このようにすることで、観覧数も増えて「いいね!」も付きやすくなります。

 

minneなどの他のアプリでも応用できる

minneなどのアプリで出品する時も、出品のコツは活用できます。

メルカリ以外でも出品すれば、目にとまる機会も増えますよね。

とはいえ、ハンドメイド専門アプリとメルカリでは、購入者に違いがあります。

minneの利用者は、本格的なハンドメイド商品をめがけている方が多く、シンプルな物よりも、オリジナリティーのある商品が人気です。

逆にメルカリは、シンプルなハンドメイド商品で、値段も安く、売り上げのポイントで購入したいという方が多いです。

たとえば、無印良品で個性的なヒョウ柄のTシャツがあったら、すごいなと思って見たり手に取ったりすると思います。

でも、無印良品にシンプルな服や雑貨を見に来ているのですから、買わないですよね。

minneなどにも出品する場合、出品するコツは活用できますが、ターゲットが欲しいものに違いがあることも頭に入れておきましょう。

主婦が見てくれそうな時間帯に出品するという基本的な点は同じですが、メルカリにはメルカリに合った商品を、minneにはminneに合った商品を出品していきましょう。

 

出品する商品によって売れる時間帯は違う

ターゲットの生活スタイルによっても売れる時間帯が違いますが、出品する商品によっても売れる時間帯が違います。

ターゲットに必要のない商品を出品しても、興味を持ってもらえなければ売れないですよね。

たとえば、幼稚園で使うポケットティシュケースや園児用のスクールバックを、夜10時過ぎに出品したとしてもすぐ「いいね!」は付きにくいです。

それは、ターゲットとなる主婦がもう寝ている可能性が高いからです。

もし、幼稚園で使うようなハンドメイド商品を出品するのなら、平日の10時~14時に出品するなどの工夫が必要です。

ターゲットの生活スタイルを想像して、ゆっくりスマホを見ていそうな時間帯に出品しましょう。

 

再出品のタイミングも考える

再出品する場合のタイミングも重要です。

メルカリは出品者が多く、次から次へと新規の出品が増えます。

あなたの出品したハンドメイド商品も、すぐに後ろの方に埋もれてしまいます。

検索キーワードに引っかかれば目にとまる可能性もありますが、上位に商品がないと見てもらえる可能性は低いです。

スーパーの食材の陳列と同じで、古いものは店員さんが前に出さないとお客さんの目にとまらないですよね。

それと同様に、あなたの出品した商品も、後ろへ行ったら前に戻してあげる必要があります。

1時間に1度再出品を繰り返して、なるべく上位に商品が載るようにしましょう。

とはいえ、1時間に何十回も同じ商品の再出品を繰り返していると、メルカリから圏外飛ばしされてしまう可能性もありますから、注意が必要です。

1時間に1度くらいのペースを守り、文章を少し変えるなどの工夫をしながら、再出品をしていきましょう。

 

まとめ

メルカリでハンドメイド商品を売るためには、出品のコツ掴むことが大切です。

売れる時間や曜日は、ターゲットとする主婦がゆっくりとスマホを見る時です。

まずは、平日の「10時~12時」「15時~18時」の時間帯に出品するようにしてみましょう。

メルカリで売れるもの ハンドメイド作品も人気 売れるコツを解説!メルカリでよく売れるものの中にはハンドメイドというジャンルも含まれます。主婦層に人気の高い作品や若い世代に人気のジャンルもあります。こちらの記事ではメルカリで人気の高いハンドメイド作品をまとめております。もし趣味でハンドメイドを行っている場合にはぜひメルカリでの出品も検討されてみてください。...
メルカリで商品が売れる法則 価格の値下げや時間等の出品のコツメルカリに商品を出品してもなかなか売れないと悩んでいるあなたへ。こちらの記事ではメルカリ内で出品物が売れる法則をお伝えします。よく売れる時間や曜日、売れる商品の傾向を正確に掴んで、どんどん利益を上げていきましょう。...
化粧品の転売は違法なのか?サンプルや輸入品を出品する際の注意点化粧品転売が違法にあたるのかを解説します。メルカリ、Amazon、ヤフオクのどのプラットフォームでも高い人気があるのが化粧品です。正しい知識を持って転売することが出来れば安定的な利益を確保できるジャンルになります。利益目的で転売を行う場合には古物商許可証が必要になります。それさえクリアしてしまえば個人の副業でも安定して稼ぐことが出来ます。...