輸入ビジネス

転売する商品の仕入れを海外から輸入して副業でも稼ぐコツとサイト一覧

転売を行う際に仕入れ先を海外まで広げると一気に利益をあげることが出来ます。

例えば、海外Amazonやebay、タオバオなどのアメリカや中国のネットショップから商品を仕入れることが出来れば、内外価格差を利用して大きく利益を膨らませることが出来ます。

ただし、海外サイトから商品の仕入れを行いたくても、

「どのサイトから仕入れれば良いか分からない!」

「英語が出来ないから私には無理かもしれない…」

「本当に売れる商品を仕入れられるか心配。」

こういった方も多いですよね。

間違いなく言えるのは、海外から商品を仕入れて、メルカリやヤフオクなどのオークションサイトに出品すれば利益が出る商品は無数にあります。

あなたが転売の初心者だったり、会社員の副業として取り組まれる場合であっても問題ありません。

仕入れ先として使える海外サイトを知っていれば大丈夫です。

海外サイトからの商品の仕入れに興味がある方

どんなサイトから仕入れれば良いか分からない方

本当に利益が出る商品が仕入れられるのか心配な方

こういった方はぜひこちらの記事をご覧ください。

メルカリや国内Amazonに転売して稼ぐことが出来る商品を見つけることが出来るサイトを知ることが出来ます。

 

転売する商品は海外からも仕入れられる

メルカリやヤフオクなどの国内のプラットフォームで転売を行う場合であっても、転売する商品を仕入れる際は海外からでも商品を購入することができます。

むしろ、仕入先を国内に絞っている転売実践者よりも、海外の仕入れ元から商品を仕入れていることで、周りの転売実践者とは差別化を図ることができます。

海外のネットショップやECサイトで日本で需要のありそうな商品を購入し、日本に輸入することができれば仕入先を増やしながら効率よく稼ぐことができます。

英語にコンプレックスを持っている方も多いので、その時点で仕入先を国内に絞っている実践者からしてみれば参入障壁が高い状態を作ることができます。

 

仕入れ先としておすすめの海外ショップ

転売の初心者でも海外のサイトから商品を選んで仕入れることができる、おすすめのネットショップを紹介します。

日本からでも問題なくアクセスを行うことができ、比較的シンプルに商品の仕入れができるショップを選んでいます。

アメリカと中国に仕入先を絞って紹介します。

海外から商品を仕入れることに慣れてきたら、他の国の有名ショップなどから商品を仕入れてもいいでしょう。

 

Amazon.com

アメリカでサービス展開されている本家Amazonになります。

日本のAmazonの約9倍の市場があると言われています。

集まるユーザーが、多ければ多いほど取り扱われている商品も多いです。

また、アメリカでしか手に入らないような商品を数多く見つけることができるでしょう。

アメリカのAmazonと日本のAmazonはユーザーインターフェースがほぼ一緒です。

その為、普段から日本のアマゾンを使っている方にとっては、問題なく使いこなすことができるようになっています。

 

ebay

eBayは世界最大のオークションサイトと言われています。

日本で言うところのヤフオクの世界版になります。

オークションサイトですので落札価格が、

・入札制の商品

・即決価格が設定されている商品

とが混在している形になります。

新品・中古どちらも数多くのジャンルの商品が出品されています。

中にはコレクターが喉から手が出るほど欲しがる商品を出品している出品者も存在します。

それらの商品を安く仕入れることができれば、日本で高値で販売することができます。

 

タオバオ

中国最大のショッピングサイトがタオバオになります。

特徴的なのは、

・アパレル商品

・スマホ関連商品

などメルカリやAmazon、ヤフオクで人気の高いジャンルの商品が安く手に入ることです。

日本では数千円するようなレディースのアパレルが数百円で手に入ることはざらです。

特にメルカリでは、女性ユーザーが多く、アパレルジャンルも非常に高い人気がありますので、タオバオで仕入れを行ってメルカリで販売するだけで比較的簡単に利益を上げることができます。

 

天猫

タオバオと同じく中国の大型ショッピングサイトになります。

扱われている商品はタオバオとほぼ同じような形になっています。

しかしながら、タオバオで扱われていない商品が天猫で扱われていることもあります。

もし中国から安い商品を仕入れることに興味があるのであれば、タオバオと天猫を同時に利用することをおすすめします。

 

ブランドのオンラインショップ

有名ブランドのオンラインショップで普通に買い物をすることが仕入れに繋がることがあります。

Amazon、メルカリ、ヤフオクなどのプラットフォームでも根強い人気があるのは、

有名ブランドの商品

になります。

多くのブランドは、同じ商品であっても販売する国によって価格が違うことがあります。

その内外価格差を利用して利益を上げることができます。

主にBUYMAなどの海外ブランドに強いプラットフォームを利用する場合には、ブランドのオンラインショップは仕入先の一つになります。

 

Stock X

主にプレミアスニーカーを販売したい場合に仕入先として利用することができます。

・Nike

・adidas

・CONVERSE

などのスニーカーで、いわゆる『レアスニーカー』と呼ばれるものは、メルカリやヤフオクでもかなり高い確率で高値で販売することが可能になります。

Stock Xでも定価よりも高く販売されています。

しかし、もしそうであったとしてもStock Xと本国内で出品されている価格をリサーチして、利益が取れそうなスニーカーがあれば積極的に仕入れを行ってみてもいいでしょう。

 

OEM販売という選択肢もある

海外の物価が安い国でオリジナル商品を開発し、日本国内で販売することをOEM販売と言います。

オリジナル商品を開発するといっても難しいことはありません。

汎用性の高い商品をオリジナルのラベルを用意して自社の商品として販売します。

そうすることで他社との差別化を図る販売手法のことになります。

有名ブランドや既に人気のある商品を転売することで利益を上げることに慣れてきたらOEM販売を行うことを検討しても良いかと思います。

 

副業でも輸入ビジネスで稼ぐことが出来る理由

転売する商品を海外から仕入れて国内で販売することで、かなりの利益を稼ぐことが可能です。

中には月収100万円以上の利益をあげている人もいるぐらいです。

もちろん専業ではなく会社員をしながら副業で稼ぐことも可能です。

それぐらい稼げる理由は、たとえ海外から商品を仕入れる場合であっても、使用するものはインターネットが繋がっているパソコンだけだからです。

いくら国境をまたぐような商品のやり取りをしたとしても、実際に行なっているのはネット上で買い物をしているだけになります。

国内のECサイトで商品を仕入れる場合よりも到着する時間はかかるかもしれません。

しかし違いがあるとすればその時間と関税がかかるかかからないかだけの問題になります。

それらのコストを考え日本で販売しても十分に利益をあげられる商品に関しては、どんどん仕入れていって構わないと考えます。

海外のサイトで買い物をする際に英語ができないと買い物ができないと思っている方も多いと思います。

しかし、ECサイトで使われる英語は、比較的簡単な英語になります。

全く英語ができない方や自信が無い方であってもGoogle翻訳などのツールを使うことができれば大丈夫です。

大体の英語の意味を理解することができます。

実は参入障壁は高いようで低いのが海外から商品を輸入するということなのです。

 

海外から商品を仕入れる際の注意点

海外から商品を仕入れることで内外価格差を利用して利益を上げることができます。

しかし、国内で商品を仕入れる場合と違って注意すべき点がいくつか存在します。

次は海外のサイトで商品を仕入れる場合の注意点を挙げていきますね。

 

事前の商品リサーチを入念に行う

「これは売れそうだ!」

という感覚的な部分で商品リサーチを行うと失敗することが多いです。

しっかりとデータに基づいた仕入れを行わないと確実に利益を得ることができません。

まずは国内で需要がある商品を仕入れるということが大前提となります。

また、海外と国内では同じ商品であっても呼び名が違ったり、型番が若干違ったりすることがあります。

そういった部分にも注意して商品を仕入れる必要があります。

 

関税が掛かる場合がある

海外のネットショップで商品を購入し日本へ発送してもらう場合には、個人利用の範囲であれば基本的には関税がかかりません。

ただし、まとまったある程度の量の荷物になると個人利用の範囲とはみなされず、関税がかかる可能性があります。

特にタオバオや天猫などで商品を仕入れる場合には、単価が安い為、多くの商品が日本に運ばれる可能性があります。

そういった場合には関税が発生する可能性があります。

その関税を考慮して出品することが必要になります。

リサーチの段階でその関税を計算に含めるかどうかということを検討してください。

 

配送に掛かる時間を考慮する

日本国内の物流では半日から2日程あればどんなネットショップであっても、商品が自宅に配送されてくるのが普通です。

しかし、海外で購入した商品は、一週間ほどの配送時間を見ておいた方がいいでしょう。

場合によってはそれ以上の期間が配送に使われることになります。

もし仮にクレジットカードで商品の仕入れを行っている場合には、商品が売れる前、つまり、売上金が現金として手に入る前に、クレジットカードの支払いが発生してしまう可能性があるということです。

また配送時間を意識せずに大体の目算で商品が手元にない状態で出品を行ってしまうと、商品の購入者に迷惑がかかる場合があります。

必ず商品が手元にある状態で出品を行うことをおすすめします。

 

転売先をメルカリに絞って手堅く稼ぐ

これから転売を始める初心者の方や、まだ利益が上がっていない方は、どこか一つのプラットフォームに商品の販売先を絞った方が賢明です。

現時点ではメルカリかAmazonもしくはヤフオクという選択肢があります。

手堅く稼ぐのであればメルカリをお勧めします。

今一番波に乗っているプラットフォームですし、何よりも、気軽に転売を始めることができるからです。

出品をするための手数料もかかりますが、月毎に固定で発生する手数料が無い為、比較的転売を始めやすいプラットフォームであると言えます。

また、販売先を一つに絞ることで商品のリサーチを効率的に行うことができます。

まずはメルカリで海外からの仕入れに挑戦してみてください。