国内転売ビジネス

転売やせどりの仕入れ先としてリサイクルショップを使う方法と儲かる為のコツ

転売で利益を上げるには仕入れが重要ですよね。

仕入れ先を多く準備しておくことは、利益を右肩上がりに上昇させていく為に必要なことです。

その商品の仕入れ先としておすすめなのがリサイクルショップになります。

「リサイクルショップの仕入れってめんどくさそう…」

「店舗仕入れはやったことがない!」

という方でもそれほど難しいことはありません。

転売やせどりを実践する上ではごく普通に多くの方が実践しているのがリサイクルショップでの仕入れになります。

転売したら儲かる商品を多く扱っている店舗を知ることさえ出来れば誰でも儲かる商品を見つけることが出来ます。

古着だけではなく家電や雑貨などの多くの商品をジャンルを取扱うことも可能となります。

もちろん副業の方でもコツさえ掴んでしまえば利益を増やしていくことが出来ます。

おすすめのリサイクルショップを知りたい方

効率的に仕入れ先を増やしていきたい方

こういった方はぜひこちらの記事をご覧ください。

中古の商品で利益率の高い商品を仕入れられる店舗を知ることが出来ます。

 

転売の仕入れ先でリサイクルショップは必須

これから転売を始めようと思っている方や、副業で転売を行って副収入を得たいと思っている方は、必ずリサイクルショップを転売の仕入先として入れておいてください。

リサイクルショップには中古品を中心として、様々な掘り出し物が販売されています。

その掘り出し物の中に、メルカリやヤフオクで出品をすると、高値がつく商品が混じっていることが多いのです。

 

中古品の価値

転売を行っていく上で中古品の価値を理解する必要があります。

中古品は新品よりも安く市場に出回っていることが多いですよね。

その理由は、

一度、他人の手に渡ったものであるから

という要素だけです。

もちろんジャンク品や欠品が発生している商品などもあります。

しかし、基本的に通常使用が可能な中古品に関しては、問題なく転売で利益を上げることができます。

中古で仕入れたものをメルカリやヤフオクに出品して意外に高い価格で売れたということは少なくありません。

中古品でもその商品そのものに価値があるものであれば問題なく仕入れても売れていきます。

 

ネット仕入れとの差別化

リサイクルショップを使用することによる中古品の仕入れは、新品の商品だけを扱っている転売実践者との差別化を図ることができます。

転売というジャンルがネットビジネスの中で注目され始めてから、その作業を効率化するためのツールが数多く開発されてきました。

それらのツールはネット上で商品のリサーチを行い、ネット上で商品の仕入れを行う「電脳せどり」と呼ばれる手法のために開発されてきたものが多いです。

あなたがリサイクルショップを仕入先として利用することで、ツールを使ったネット仕入れを専門的に行っている転売実践者との差別化を図ることができます。

ライバルが多い市場ではなく、比較的ライバルが少ない市場で転売を行うことが可能となります。

 

実物を確認できる

リサイクルショップに足を運んで商品を仕入れることのメリットは、

実物を確認できる

ということです。

電脳せどりでは実物を確認することはできません。

そのため、必然的に中古品をリスクを背負って仕入れるか、新品のみに仕入れ対象を絞るかということ以外に戦略はないわけです。

しかし、リサイクルショップでの仕入れは店舗で実物を確認してから仕入れることができます。

これは転売を実践していく上では大きなメリットになります。

商品が購入された後もトラブルになりにくいですし、自宅に持ち帰った後のメンテナンスに関しても想像がついた状態で仕入れることができます。

 

特におすすめのリサイクルショップ

一言でリサイクルショップといっても、様々な業態のリサイクルショップが全国にあります。

ここではその中でも特におすすめのリサイクルショップを紹介します。

ここであげている以外にも都心や地方の違いでフランチャイズで展開しているグループ企業も違います。

これからリサイクルショップでの仕入れを始めようと考えている方に関しては、まずはここで紹介している店舗を参考にしていただければと思います。

その後に他の店舗に仕入先を広げて行っても良いかと思います。

 

BOOK OFF

リサイクルショップの中でも一番有名なのがブックオフです。

主に本や雑誌の仕入れを行う場合にはブックオフを使えば問題なく仕入れを行うことができるでしょう。

ただし、近年はBOOKOFFの中でも様々な商品ジャンルを扱う店舗が増えています。

中古のスマートフォンがディスプレイされている店舗も増えています。

そういったものも含めると、ブックオフを何店舗か回っただけで、いくつかの商品を仕入れることができるでしょう。

 

HARD OFF

ブックオフと同じ企業が展開しているハードオフも仕入先として使えるリサイクルショップになります。

家電や様々な雑貨を扱っています。

基本的には、家電のせどりを行っている人が実物を確認してから仕入れたい場合に利用することが多いです。

ノーブランドの商品なども扱っているので、事前にリサーチをした上で仕入れるメーカーなどを決めてから店舗に向かった方が、効率の良い仕入れができるかと思います。

 

セカンドストリート

セカンドストリートは多岐にわたるジャンルの商品を扱っているリサイクルショップです。

日用品をメインで扱っている店舗もあれば、古着やアクセサリー、革靴などを扱っている店舗もあります。

お店の立地によってもメインで扱っている商品が変わってくるため、セカンドストリートのいくつかの店舗を仕入先として持っていると、様々な商品を仕入れて出品することが可能になります。

中にはプレミア価格がついた古着を低価格で売っていることもあります。

思わぬ発見が多いのがセカンドストリートかと思います。

 

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーは、特に古着の仕入れを行う場合に使用することが多いです。

定期的にセールを行っているため、セールの時期をチェックして店舗に足を運んでみるとかなりの割引がきいた価格で商品を仕入れることが可能となります。

また、他のリサイクルショップよりも状態の良いものが多い印象を受けます。

店舗の方がメンテナンスをしてから販売していると思いますが、そのメンテナンスが入念に行われているのでしょう。

仕入れてからのメンテナンスを減らしたい方はそういった点にも着目して仕入れを行いましょう。

 

キングファミリー

 

キングファミリーもセカンドストリートと同様に、様々なジャンルの商品を扱っている総合的なリサイクルショップになります。

その中でも特に仕入対象となるものが多いのは、

アクセサリー

バッグ

これらが多く仕入れることができるのが、キングファミリーの特徴だと思います。

 

カインド

 

カインドは古着の取り扱いが多いリサイクルショップになります。

ただし他のリサイクルショップと違う点は、買取を行うアパレルのブランドを絞り込んでいることです。

より高級感があるように販売戦略が練られている店舗だと思います。

店舗に並んでいる古着の価格も他のリサイクルショップよりも高めに設定されています。

転売を行う上で戦略的に高級感のある高めのブランドを取り扱う場合には、カインドから仕入れてしっかりと利益が取れるようであればどんどん仕入れていきましょう。

アカウントの専門店化を目指すことも可能となります。

 

近くのリサイクルショップを探す方法

 

リサイクルショップの仕入れは、どうしても直接店舗に行って仕入れることが必要になります。

都心に住んでいる場合であっても数時間のレンタカーの利用が必要になる場合もあります。

特に大きな家電を仕入れる場合には電車での移動はかなり厳しいものがあります。

そうなると移動費がかかってしまうことになります。

それを回収するには効率的にリサイクルショップを複数店舗巡回するということが重要です。

そこで重宝するのが、

ロケスマ

というスマホのアプリになります。

このアプリでリサイクルショップと検索を行って出てきたところを順番に回っていけば問題ないでしょう。

車で仕入れを行う場合には、このロケスマから直接ナビを行ってくれる機能も備わっています。

普段はあまり運転をしない

道に詳しくない

という方も問題なく車で仕入先を回ることが可能となります。

アプリのダウンロードはこちらから

ロケスマ(iPhone)

ロケスマ(Android)

 

リサイクルショップで仕入れる場合の注意点

転売実践者にとって、リサイクルショップは重要な仕入先の一つになることは間違いありません。

ただし、使い方を間違えるとあまり効率の良い仕入れを行うことができないと言えるでしょう。

重要なのは事前にリサーチを行ってから店舗に足を運ぶということになります。

何も準備をせずに店舗に行ったところで、

どういった商品が売れるのか

どういった傾向の商品が人気があるのか

どういった部分を見れば高値がつく商品を見分けることができるのか

こういった部分を事前に知識として頭に入れておくことが重要です。

そしてリサーチを重ねてどういった傾向のものが売買されているかというものを用意した上で店舗に向かいましょう。

お店に着いてからアプリで相場を調べてリサーチを行って仕入れるというやり方は非効率極まりないやり方になります。

おそらく何も事前準備なしにお店に足を運んだところで、仕入れられる商品の数は少ないでしょう。

最悪の場合何も仕入れられずに帰ってきてしまうということにもなりかねません。

 

店舗に通う回数を増やして目利き力を上げよう!

リサイクルショップで中古品の仕入れを行う場合には、ある程度の経験が必要になってきます。

1回行っただけでは、その店舗の価格設定や、扱っている商品の傾向を正確に把握することはできないと思います。

しかし、何回か足を運ぶことによって、そのお店が、

・どういった傾向で中古品の買取を行っているのか

・どういった基準で値段をつけているのか

ということが分かるようになります。

こういった自分なりのデータを集め、さらにネット上でリサーチを行って、試しに仕入れてみる。

これを繰り返して効率的なリサイクルショップでの仕入れが可能となります。

どんどん店舗に通う回数を増やして目利きの力を養っていくことが重要かと思います