AmazonOEMで売上201万円・営業利益64万円達成!トラさんに成功の秘訣を徹底インタビュー!

Amazon OEMで売上201万円達成!トラさんに成功の秘訣をインタビュー!

「本業の他に何か仕事をしたい」と悩んでいる方もいますよね。

そんな方は、本記事でご紹介する「トラさん」のインタビュー記事を参考にしてください。

本記事でご紹介する「トラさん」は、Amazon OEMで販売を始めて、短期間で売上201万円、営業利益64万円を達成しました。

「Amazon OEMを成功した人の実話が聞きたい」
「Amazon OEMをどうやって成功させたか知りたい」

そんな方にも本記事はおすすめの内容になっています。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

簡単に自己紹介、実績の紹介

船田

ブログでの実績者対談の記念すべき1人目は、トラさんです!まずは簡単な自己紹介とお願いしてもいいですか。

トラさん

大阪在住の37歳で、大手の会社に勤めているトラです。OEMは副業で始めました。OEMを始める前は、物販で中古品の販売を趣味程度で1年〜2年やっていました。

最初にOEM物販に興味を持ったきっかけ

船田

物販はやっていたのですね!そんな中でAmazon OEMに興味を持ったきっかけはなんだったのですか?

トラさん

小売市場で販売をしていましたが、中国輸入や海外輸出などをはじめ、オークションの方にも興味が沸きました。興味が色々なところに向いていたのですが、YouTubeでリサーチや勉強をしていたところ、たまたま物販NAVIの船田さんと三浦さんを見つけてOEMを知りました。お二人の動画を見ていくうちに、物販NAVIが推奨するAmazon OEMに興味を持つようになりました。

船田

それでは、Amazon OEMは未経験でゼロから挑戦されたのですね!

船田

スクールへの加入は費用がかかりますが、挑戦しようと思った理由はなんですか?

トラさん

船田さんや三浦さんの熱量ですね、アツい人!という印象を受けました。この人たちなら信頼できると感じたのが第一印象で、この人たちから教えてもらいたいと思いました。他の物販スクールの説明会にもいくつか参加しましたが、あまりピンと来ませんでした。

船田

つまり、手前味噌ですが私たち講師陣の人柄に惹かれて、入会を決められたのですね!これはとても嬉しいです♪

トラさん

スクール内容もピンキリと言われる中で、物販NAVIさんの説明会で話を聞いてAmazon OEMを即断即決で入会を決めました。それくらい具体的に結果が出るイメージが沸いたんです。

船田

そんなに褒められると、照れますね。笑

始める前に悩んでいたこと、将来に対する不安など

船田

OEM物販を始める前に悩んでいたこと、例えば将来に対する不安などはありましたか?

トラさん

深く悩んだり不安があったりした訳ではないのですが、お金と自由な時間が欲しかったのです。結婚後でしたので良い生活をしたい気持ちが正直ありました。本業は会社勤めですが、この先何十年も定年まで過ごすことに疑問があったのと、上司を見ていて何十年先の自分の姿を照らし合わせて少し不安になりました。50代・60代で若い人にこき使われているのを見て、将来が心配になりましたね。

船田

トラさんは現状を変えたい欲求が強かったのですね。最近は働き方の自由度が増した分、現状維持で働いている人を見ると「自分はこのままでいいのか?」と思う人が増えてきたように感じます。トラさんは上昇思考の持ち主だったということで、素晴らしいです。

スクールに入ってからの実績

船田

そういえば、最初に聞きそびれてしまったのですが、最高の営業利益は月どのくらいですか?

トラさん

今年(2023年)の7月20日に販売を開始して、季節商品で夏物を販売したのですが、

トラさん

・7月の売上が47万円で営業利益が15万円
・8月の売上が201万円、営業利益が64万円
・9月の売上が30万円、営業利益が8万円
でした。

船田

8月はすごい売上と利益ですね!夏に需要のある商品を選ばれたのですね。

トラさん

はい、夏によく売れる商品です。ライバルが多いなかでも、しっかりと売上を伸ばすことができました。

船田

スクールに入ってから何か月くらいで利益が出始めましたか?

トラさん

4月20日に入会したので、だいたい3ヶ月くらいで結果が出ました。

船田

早かったですね!

トラさん

最初は6月に販売を目指していましたが、輸送の問題と工場の在庫の都合で希望は叶いませんでした… ですが講師の方のアドバイスもあり、何とか7月に販売を間に合わせることができました。

船田

スクールの中でも、販売初月で黒字になる人はだいたいで2割3割くらいですので、初月から利益を出されているのはすごいです!おめでとうございます、トラさん本当に真剣に取り組まれてましたもんね。

上手くいったキッカケ、要因

船田

早くにうまくいったきっかけや要因はどんなところにあったと思いますか?

トラさん

睡眠時間を削ってとにかくやり続けました。寝るのは深夜3〜4時ぐらいで、起床が朝6時でしたので、常に活動し続けたことによって成長を実感できました成長を実感できたことでさらにやる気が出てきて、活動にも力が入る、という好循環が生まれていましたね。そうやって歩を止めずに進めたことが、早くにうまくいった要因かな、と思っています。

トラさん

正直、睡眠時間を削ったのはしんどかったのですけど(笑)
ただ「絶対に成功してやる!」って覚悟を持っていたのと、やっていて本当に夢中になり楽しかったことも、結果を出せた大きな要因です。

船田

うおぉ、それはすごいですね。毎日睡眠時間が3時間くらいですよね?

トラさん

はい、というより3時間も寝ていなかったと思います(笑)

船田

本業で仕事しているとき眠くならなかったですか?

トラさん

めちゃくちゃ眠かったです。
白目剥いて仕事していました(笑)

船田

ですよね(笑)

船田

でも僕はたくさんのスクールのメンバーさんを見てきましたけど、やっぱり早くに結果を出す人に共通することは、とにかくやりまくること&挑戦しまくることなんですよね。ただ睡眠時間を削ればいい訳ではないですけど、OEMにかける本気度と向き合い方が他の方と違います。トラさんはまさに、伝わってくるOEMへの想いにものすごく熱いものを感じていましたね。

船田

もちろんトラさんの頑張りがあったから早くに結果が出たと思うのですが、スクールに入って得られたことなども教えていただけますか?

トラさん

スクールに入る前、最初はYoutubeで独学で始めたんです。でもすぐにつまづいてしまって、それを調べるのに時間がかかってしまうようになりました。調べるうちにわからないことがどんどん増えてしまうと、時間がない中でやはり1人ではできないと感じるようになっていき、同時にやる気も落ちてしまっていました。

トラさん

ですがスクールに入り、それが大きく変わりました。スクールの中でわからないことをすぐに質問できたり、疑問点や悩みを個別チャットや全体チャットで相談できたので、自分で調べる時間が大幅に短縮できました。また、先輩たちの過去の失敗事例・成功事例が共有されていた上に、OEMを進めていく上での見本資料を自分が取り組む前に閲覧できたことが、最大の成功ポイントだと感じています。

トラさん

過去のログが網羅的に記録されているので、それを見ながら自分なりに軌道修正をすることで、最短距離で結果が出せたと思います。

船田

トラさんがつまづいた部分は、先輩たちもみんな同じところでつまづいていたのですね。つまづいた部分は先輩たちの失敗事例や改善事項から、どんどん吸収していったということですね!

トラさん

はい、自分なりに吸収して改善していきました。これって同じ疑問を持って質問している人いないかな?と検索すると、だいたい出てくるんですね。

船田

過去の成功事例・失敗事例がわかる環境にいることは、本当に大きいですよね。

トラさん

そうですね、それにどれだけ助けられたことか。先輩たちに感謝です。

OEMを始めたことで実現できたことや、お悩みが解決されたことについて

船田

OEMで結果を出されて、現状で何か変わったことはありますか?

トラさん

OEMで結果を出して、見る世界が変わりましたね。お金や時間が欲しいというのもありましたが、会社を作り大きくしたいとか月100万円稼ぎたいと、より崇高な目標を考えるようになりました。

トラさん

正直、まだまだ道半ばです。ただ今の商品がよく売れる夏のシーズンに、日商10万円、利益3〜4万円を出してくれると、仕事中で何もしていなくても勝手に商品が稼いでくれるんです。来年の夏にはまたレビューが増えてくるので、さらに売上が上がり夏のボーナスが増えるようになってくれるかな、と思っています。

トラさん

売上が当面はゼロになる見込みはなく、ライバルを圧倒しているので大丈夫ですね!

船田

販売を始めて売上が出るようになってから、トラさんが何かすることはあるのですか?

トラさん

初月の1ヶ月くらいは広告のチューニングをしましたが、それから2ヶ月〜3ヶ月はほぼ作業時間はとっていません。まさに自動販売機のようにずっと商品が売れていくので、利益を出し続けてくれます。

船田

1回仕組みを作ってしまえば、永続的に利益を出し続けてくれるのはうれしいですね。売れた体感があることが、やりがいにもつながりますしね。

これからの目標、野望

船田

これからの目標や野望はありますか?

トラさん

今販売している商品は1つだけですので、商品数を増やしていってブランドを確立していきたいですね
既製品からスケールアップして、ロゴやパッケージをブラッシュアップしたり、自分のブランドを作っていきたいです。

船田

いいですね、自分のブランドを作ってお客さんに喜んでもらえるのが、このビジネスの醍醐味でもありますよね。売上の目標はありますか?

トラさん

手残りの利益で月100万円くらいを目指していきたいですね。
売上は月500万円ぐらいを目指すことが当面の目標です。

船田

トラさんの中で、売上目標にどのくらいの期間で到達しそうなど、予測はありますか?

トラさん

2〜3年以内に目標が達成できそうな感じです。
一度うまくいった経験があるので、現実的に見えていますね。
自信はあります。

船田

一度経験してみると、そこから見える世界がまた変わってきますよね!絶対にいけます、頑張ってくださいね。
本業をやめて独立したいという気持ちはありますか?

トラさん

物販で独立したいですね!独立は1年以内に行いたいと考えていますが、出来るだけ早くに独立したいですね。

船田

もちろんお金を稼ぐことは大切ですが、売上の先に叶えたい理想のライフスタイルはありますか?

トラさん

希望のライフスタイルは、ドバイで1年の半分を過ごしたいという夢があります。
ドバイだと月100万円で過ごせるかわかりませんが(笑)

トラさん

それと、家にいなくてもできる仕事なので、昔からの夢だったキャンピングカーを買って、日本全国旅をしながら過ごしてみたいですね、妻と2人で。

船田

ぜひまずはキャンピングカーを買って、続いてドバイに行きましょう!

トラさん

ドバイは日本で金持ちでもあっちでは貧乏人になるかもしれないですが(笑)

船田

まずは旅行で行ってみるのがいいかもしれないですね(笑)

OEMを難しいと感じたこと、楽しいと感じたこと

船田

もう少しお話し聞かせてください。
OEMを始めて、思ったより難しかったこと、逆に楽しいな・面白いなと思ったことを教えてください。

トラさん

難しいと感じたのは、デザイナーさんと話をする際に自分の考えを伝えることです。
最初は自分の商品ページの希望していた内容を伝えるのがなかなか大変でした。
思い通りにいかないことも多かったですね。

トラさん

あとは自分ががむしゃらに進み続けなければ何も進まないので、モチベーション維持も大変でした。
特に最初は慣れないこともあるので、ここでやめたら終わりと思って、とにかくやり続けることに必死でしたね。

船田

おぉ、トラさんでも壁はあったのですね。
それではまず、デザイナーさんとのやり取りの壁はどのように乗り越えましたか?

トラさん

乗り越え方としては、デザイナーさんに依頼する際に他の先輩方のLP指示書を閲覧しました。
すると私の指示書が中学生レベルの出来だったんですね。笑

トラさん

そこで、再度見直しして作り直した結果、デザイナーさんにうまく伝えられるようになりました。

先輩方のお手本があるからこそ、そこに自分なりの考えを入れながら資料作成や指示書の言語化ができ、伝えるハードルが低くなりましたね。

船田

ここでも先輩方のお手本が役立ったわけですね!
つづいて、「モチベーションの維持」という部分でどんな工夫をされましたか?

トラさん

精神的なところの壁の乗り越え方としては、同期で入ってきた人たちの進捗を見ていて、自分も負けていられない!
とモチベーションを上げるきっかけにしていました。
同期は仲間であると同時にライバルとしても見ていましたね。

トラさん

1人で作業していたときはこれができなかったので、同期や仲間がいる存在はとても大きかったです。

トラさん

またライバルとしてだけでなく、教える教えられる関係で、うろ覚えだった知識の復習にもつながりました。
動画を見るだけでは得られない環境で過ごすことができたのはよかったですね。


あとは最初は何もわからずにがむしゃらに取り組んで失敗もしていましたが、次に同じようなトラブルが発生しても対処できている自分に成長を感じられて、モチベーションが保たれたのもあります。

船田

1人でやるのと同期がいる環境でやるの、全然違いますよね。
ときに教え合って、ときにライバルでもある。
みんなが頑張ってるから自分はもっと頑張ろうって、思えますもんね。あとは自分の中で成長したところを見つけられる点も、素晴らしいです。

船田

続いて、楽しかったこと、やりがいはどんなところにありましたか?

トラさん

楽しかったところは、すごいたくさんあります!
毎日が楽しくて仕方がありませんでした。
だからこそ続けられたと思います。

船田

具体的にはどんな部分ですか?

トラさん

具体的には、リサーチ商品をLPに落とし込んだり、動画作成で少しずつできることが増えて成長を実感しているところが楽しかったです。

トラさん

次にどんな商品を増やしていくかを考えたり、そこから自社ブランドの道筋も見えてきてワクワクを感じたりします。
先輩方のブランドが成長している姿をSNSで見ると、向上心が芽生えてくるのもあります。自分も先輩方のようになりたい!って。

船田

ものすごく向上心が強いですね!
その向上心で本業にも取り組まれているトラさんが想像できます。

どんな人が挑戦すべきか、逆にこんな人はやめた方がいいなど

船田

トラさんから見て、AmazonOEMに向いている人ってどんな人だと思いますか?

トラさん

OEMに向いているひとですか、んー。
このビジネスは結果が伴うまでに通常はスタートから3〜4ヶ月ぐらいかかるので、最初は赤字が続きます。

その最初の期間ですぐに努力が実らないことがあるので、中長期的に長い目でみて、諦めない気持ちを持つ必要があります

トラさん

だから諦めずに続けられる人ですね。耐える力があるひと。逆に言えば諦め癖がついてしまっている人は、少し向いていないかもしれません。

船田

Amazon OEMだけでなく、どんなビジネスも結果が出るのはそんなに簡単なことではありませんからね。

トラさん

OEMは楽して稼ごうと思っている人には100%向いていないと思います。もちろんうまくいった暁には楽ができるんですけど。
最初から楽して稼ぎたいと思う方は、雇われで働く方がいいと思いますね。

トラさん

自分で稼ぐということは、自分でやるという意志が問われますから。

船田

自分でやるという意思、これ本当に必要なんですよね。
ただ、意思が弱いと言っていた人でも、まわりの人や環境に影響されて、粘り続けて結果を出した人もいます。
結局は意思が弱かった人が、スクールの中で強い意思に変わっていった感じです。

船田

そこをサポートするのも、僕たち講師の役割ですね。

最後にメッセージを伝えるとしたらどんなことを伝えたいか

船田

それでは最後の質問になります。この対談記事を読まれている人は、Amazon OEMを始めようか悩んでいたり、スクールに入ろうか迷っている方が多いと思います。そんな方に向けて、最後にトラさんからメッセージをいただけますか?

トラさん

自分はこのスクールに入って、まさに人生の分岐点になりました。
スクールに入って人生が大きく変わったと断言できます。
費用もかかりますし迷いは当然あると思いますが、考えたり悩んだりするよりまずは行動するのが何より大事だと僕は思っています。
僕自身もそうでした、やってやる!って感じで飛び込んだんです。

トラさん

いま少しでも悩んでいる人は、物販NAVIのスクールに入ると良いと思います。
独学でやるにしてもスクールでやるにしても、まずは触れてみてからどうするかを決めてみても良いかもしれませんね。

トラさん

僕は少しだけ先に始めただけですので、ぜひ仲間になって一緒に切磋琢磨していけたら嬉しいです。

この対談の記事を見て、心に決めてスクールに入られた方、ぜひお声がけくださいね!

船田

トラさん、今日は貴重なお時間ありがとうございました。
トラさんのような実績者をこれからもどんどん輩出していけるよう、講師陣もレベルを上げていきます。
目標達成して、次はYouTubeの動画で対談をぜひ!

Amazon OEMで成功実話を自分の成功に生かそう!実際に始めたい方へ

Amazon OEMと聞いて、文字だけで難しそうと感じ、尻込みしてしまう方もいるでしょう。

しかし、まずは本記事を読んで興味を持ってみてください。

興味を持つことが、始めるための第一歩になります。

もしかしたら、次の成功者はあなたになるかもしれません。

本記事が、Amazon OEMの成功へのカギになれば幸いです。


副業月50万円以上多数
主婦・サラリーマン必見です。

パソコン苦手で副業未経験でも
6ヶ月で50万円以上の副収入が可能な
Amazon OEMに興味がありませんか?

300名様限定で「Amazon OEMの始め方」がわかる
5大無料プレゼント配布中!

ボタンを押せなければ受付終了

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次