成功者対談:OEMで月商120万円達成!開始から2ヶ月で黒字化した秘訣とは?

成功者対談:OEMで月商120万円達成!開始から2ヶ月で黒字化した秘訣とは?

OEMは自分のブランドを持って収益を上げていく、初心者にもできる画期的な稼ぎ方の1つです。

自分の店を持たず販売できるため、初期費用が少なくて済み、副業として始められる方が増えてきた昨今。

そんなOEMにこれを読むあなたも興味をお持ちではないでしょうか。

今回は、OEMで自社商品を販売開始してわずか2ヶ月で黒字化を達成した方にスポットを当てて、お話を伺いました!

OEMをこれから始めようと思っている方、なかなかOEMに踏み出せない方もぜひ今後の参考にしてください。

合わせて読みたい
目次

自己紹介と実績

船田

荒巻さん、この度はお時間をいただきありがとうございます。最初に簡単で大丈夫ですので、荒巻さんの自己紹介と実績を教えていただいてもいいでしょうか。

マッキーさん

マッキーと申します、現在は福岡県に住んでおります。
年齢は38歳です。
家族構成は妻と子供1人と私です。
実績でいいますと、物販NAVIさんのOEMアークに入塾させていただいて、現在8ヶ月くらいになります。
ようやく12月(2023年)に1商品目をリリースしまして、現在何とか月商でいいますと120万円くらいになってきました。
ただ、リリース直後というのもあり価格を下げておりますので、ベースとしては20~30万円くらいの利益が出ている状況です。

船田

始めたばかりなのに、凄いですね。
ちなみに荒巻さんは、今副業としてやられているのでしょうか。

マッキーさん

いえ、専業ですね。

船田

専業でされているんですね!

マッキーさん

はい。

船田

元々アークに入られた時から専業でスタートされたのでしょうか。

マッキーさん

そうですね、アークに入ったスタート時から専業でした。

船田

元々物販をやられていたわけではなくですか?

マッキーさん

はい、物販の経験はありませんでした。
普通に会社に勤めておりました。

船田

そうなのですね。
そうなると、お仕事を辞められて、そのあとにアークに入ってOEMをスタートした、という感じなのですね。

マッキーさん

そうですね。

船田

去年の12月に1商品目をリリースされたということですが、スクールに入られたのはいつくらいなのでしたっけ。

マッキーさん

去年(2022年)の5月ですね。

船田

去年の5月にスクールに入られて、半年後の12月に1商品目を販売スタートしたのですね。販売を開始して、初月から利益を出されていたのでしょうか。

マッキーさん

初月は広告をかけすぎてしまって、1日2万円とかかけてしまいました。
12月の中旬から販売を開始しているのですが、12月に関しては赤字になっています。

船田

なるほど。
1日2万円だと、1ヶ月でだいたい60万円近くかけていたということですよね。

マッキーさん

12月中旬から1月の頭くらいまでなので、2週間くらいで広告費は20数万円でした。

船田

最初からけっこうかけましたね!でも、その甲斐あって1月からは利益がしっかりと出てきたということですね。

マッキーさん

はい。
1月からは安定して1ページ目にくるようになりました。
正月明けからの広告費は1日2千円くらいで、1日4万円くらいの売上が出せるようになってきたので、様子を見ている感じです。

船田

売りはじめの12月は広告費を結構かけて赤字だったものの、1月はその甲斐あって上位表示できるようになり、広告費を下げて黒字化するようになったと。
凄いですね、2ヶ月でしっかり黒字化して、しかも営業利益30万円というのは。

マッキーさん

12月の広告費の赤字を含めるとすると、まだ利益30万円には達してはいないのですが。

船田

それでもすごいですよ、これからが楽しみですね。

マッキーさん

そうですね、とても楽しみです。
1月にこれまでの広告費を全て回収して、2月から利益がしっかり上がっていけばいいなと思っています。

船田

今月から勝負ですね。
とはいってもOEMなので、そこまで色々とやることはないですよね。
広告の調整とか、様子を見ながら在庫調整などをしていく感じですね。

マッキーさん

そうですね。
やっぱりこうしてスクールのメンバーが次々と結果を出してくれるのは本当に嬉しいですね。

船田

開始から2ヶ月で黒字化、おめでとうございます!

マッキーさん

ありがとうございます。

OEMをやってみようと思ったきっかけ

船田

そもそも仕事を辞められてから、OEMは去年の5月にスクールで開始されたと思うのですが、やってみようと思うキッカケなどはあったのでしょうか。

マッキーさん

趣味が旅行なのですが、会社を辞めて時間と場所に囚われない働き方をしたいなと思っていて、思い切って会社を辞めました。
辞めた後に、「自分にどんなことができるの?」を、ネット検をしたりして探していました。
しかし、ブログを書くスキルもありませんし、プログラミングをするスキルもないしで、困ったなぁと悩んでいたのが実際のところです。
そこで、ずっと副業系のYouTubeを見ていたのですが、ある時おすすめの中に「物販NAVI」のチャンネルが上がってきて、それを何本か見ているうちに「これだったら自分にもできるかも」と思ってやってみようと決意しました。

船田

そうだったのですね。
ちなみに、お仕事を辞められたのは去年(2023年)のいつぐらいだったのですか。

マッキーさん

一昨年(2022年)の12月くらいです。
なので、ちょうど辞めてから1年2ヶ月くらいになります。

船田

仕事を辞めてから、半年くらいは何をやろうか模索していた期間があったのですね。
そこで、いろいろ調べている時にYouTubeで物販NAVIを知って下さって、OEMだったらいけるんじゃないかと思ってもらえたと。
いやぁ、嬉しいですね。
ということはつまり、何か特別なスキルがあったわけではないということですよね。
完全なる初心者で何も分からない状態からビジネスを始められて、今の結果を掴み取ったのは、なんだか夢がありますね。

マッキーさん

本当にそうですね。

船田

OEMってもちろん最初は苦労するかもしれないですけど、自分もやっていて本当に夢のあるビジネスだと思います。
でもOEMをスタートする前にお仕事を辞められていますが、何か仕事に対して悩みや不安があったりしたのですか。
それとも前向きに、もっといい働き方があるのではと思って辞められたのでしょうか。

マッキーさん

不満というより、「働き方を変えたい」というのが大きかったです。
会社員は時間や場所に縛られる働き方なので。
賃金は安定していても、30~40年後、自分が70歳以上になるまで同じ働き方をしていなくてはいけないと感じた時に「会社員って何だろうな」と思いました。
理想はありますが、会社に左右されるのではなく自分一人でも稼げる力を身に付けた方がいいのではないかと思い、会社員を辞めることにしました。

マッキーさん

たくさんのスクールのメンバーを見てきて、まず副業から始めてその副業で収益が大きくなったら会社を辞めて独立!という方が多いと思うんですね。「リスクを取らないように」ということで。でも荒巻さんの場合は先に仕事を辞められていますよね。何をやるか決めていない状態で辞められるのは、凄い勇気と行動力だなと思いました。

船田

荒巻さんは、そこに不安などはなかったのですか。

マッキーさん

あまりなかったですね。
在職中、本業が結構エネルギーのいる仕事だったので、副業など何か他に始めようとか考える余裕がありませんでした。 
そのため、1回辞めてフリーになってからゆっくり考えようと思っていました。

船田

なるほど、考える余裕すら前職の時はなかったのですね。
ですが結果を出されているので、これからもっともっと事業を大きくしていって欲しいですね。
荒巻さんはもしかして、切羽詰まった状態にして自分を追い込むタイプでしょうか。(笑)

マッキーさん

はい、そうです。(笑)
追い込まれないと動けないタイプなので。(笑)

船田

なるほど、なるほど。(笑)
追い込まないとできない人はいますよね、かくいう僕もそうですし。
余裕があると誰かに甘えてしまうという方もいますので。

OEMを始めて難しかったと感じたところ

船田

荒巻さんにOEMをスタートしてからのお話も伺いたいのですが、これまでにOEMの「ここは難しかったな」と感じたところなどはありますでしょうか。

マッキーさん

そうですね、LPの制作でしょうか。

船田

LP制作ですか。
他の方もLP制作に苦労しました、という方がけっこういましたね。
具体的にどのようなところに行き詰まったか、教えていただけますでしょうか。

マッキーさん

キャッチコピーもそうですし、イメージカラーやペルソナ設定などが苦手で。

船田

マーケティング的なところを考える部分ですね。
普通に会社員をしていたら、そういった専門的なことは考えないですもんね。

マッキーさん

今までは出来上がったものを売る仕事をしていたので、ゼロから考えるので難しかったですね。

船田

そこをどう乗り超えていったのでしょうか。

マッキーさん

自分にデザインセンスや色彩センスがないので、デザイナーさん頼りでした。
デザイナーさんにざっくりとしたイメージ感を伝えて、あとはデザイナーさんのセンスにお任せした感じです。

船田

それで、イメージ通り自分の思っていたようなのが返ってきた感じでしょうか。
それとも最初はそんなにうまくいかなかったのでしょうか。

マッキーさん

自分の考えているものが、全然いいものではなかったので、デザイナーさんのセンスに任せたらいいものが仕上がってきました。
デザイナーさんさまさまでしたね。

船田

ちなみに、デザイナーさんをゼロから探されたのか、それともアークで紹介してしている方にお願いしたのでしょうか。

マッキーさん

パッケージは自分で探して、LPは三浦さんのお姉さんにお願いしました。

船田

アークでご紹介するデザイナーさんは、みなさんが上手くいっているデザイン、逆に失敗してしまったデザインをデザイナーさんの方でよく理解しているのも良かった点かもしれませんね。

マッキーさん

そうですね、Amazonの販売ページに精通しているデザイナーさんだったので、本当に助かりました。

船田

スクールでは総合的にサポートできる体制を整えているので、それが荒巻さんのお力になってよかったです。

OEMをやって良かったと思うこと

船田

難しかった点をお聞きしましたが、次にやって良かったと感じたところはありますか。

マッキーさん

OEMを始めて本当に良かったです。
時間と場所に囚われない働き方をしたかったとお話しましたが、実際に旅行や趣味の時間と働く時間を、OEM販売を始めてから両立ができています。
子どもの保育園から「迎えに来てくれ」といわれても、会社に気まずい思いをしてやっていたのが、今は全く誰にも迷惑をかけることなくやってあげられるし。
その時にやりたかったことを夜にまわせますし、時間をコントロールできるようになりました。
とはいえ、お迎えなどは妻にお願いしているんですけど。(笑)
それでも、いざというときに自分が動けるのは大きいです。
保育園のお遊戯会なども希望休とか言わなくて良くなったので、本当に自由にできています。

船田

それでは、イメージしていた働き方が、いま実現しつつあるということですね!

マッキーさん

そうですね、旅行も自由に行けるので。

船田

あとは稼ぐのみですね、これから!

マッキーさん

はい、製品の品質とか、物流検品などをしっかり安定化させるところが今の目標です。

船田

しっかり安定して収益を上げられるようにしていくのと、あとは次の新しい商品を開発していくことですね。

マッキーさん

そうですね、今は2商品目をリサーチしていまして。

船田

さすが、もう始めていますね、素晴らしいです。
本当に、入会時に思い描いていたことを実現できそうなところをこうして見れるのは、こちらとしても嬉しいですね。

マッキーさん

ありがとうございます、お陰様で。

OEMが上手くいった要因とは

船田

ちなみにうまくいき始めたタイミングはありましたか。
うまくいった要因などもありましたら、教えて下さい。

マッキーさん

スクールで教えていただいたコンテンツやアドバイスは、全て役に立ったように思います。
強いていえば、私はブランド登録が上手くいかなくて、通常1週間程度で承認されるのですが、私の場合40日経っても承認されなくて、凄く不安でした。
「このまま、ブランド登録できなかったら、パッケージとかも発注しているのにどうしよう…」と思っていました。

マッキーさん

承認されずに40日間なにも進めることができず、不安しかありませんでした。
そんな不安の中で、アークの先輩方に相談して「大丈夫だったケースがあるよ」とか「5回ダメで、6回目で承認された」などアドバイスや励ましの言葉をいただいて、安心できたことはありました。 
もしそれがアークに入らず自分1人だったら…心が折れていたかもしれないなと思います。

船田

精神的な面で支えられたところも、荒巻さんにとって大きかったのですね。
40日以上も承認されないとか、確かに1人だとかなり不安になりますよね。
余計なことをしてしまう可能性もありますし。

荒巻さんの今後の展望

船田

船田:最後に2つ質問をさせてください。荒巻さんのこれからの展望を教えていただけますか。
売り上げをこのくらいまで伸ばしていきたいとか、その先でこういう暮らしがしたいとか、もし教えていただけたら嬉しいです!

マッキーさん

売上としてはOEMで月商500万円、営業利益で150万円くらいを確保できるようになりたいですね。
新商品リリースとヤフーショッピング、楽天にも進出を検討しています。

船田

そうなのですね!もう会社は辞めて独立されているので、時間はある程度ありますもんね。
いっぺんには大変かもしれませんが、大きく飛躍していただきたいなと思います!
ぜひ、次のステージにいったら、あらためて対談させてください。

マッキーさん

していただけるようにまだまだ頑張ります!

船田

はい、頑張ってください!

荒巻さんからメッセージ

船田

最後に、この対談を読んで下さっている方は、荒巻さんと同じように会社をすでに辞めたという方もいると思うのですが、そんな中で
「スクールに入ろうか」
「独学でやってみようか」
と悩まれている方もいると思います。
スクールを利用するには費用が必要なので、迷われる方も少なくありません。そういった方に向けて、荒巻さんからメッセージを一言いただけないでしょうか。

マッキーさん

そうですね、今はYouTubeを開けば物販に関する情報が無料でたくさん見れるので、当初の自分もそういった動画を参考に1人でやってみようと思っていました。
ですが、無料情報の中だけでは得られない「重要なこと」も絶対にあると思いましたので、きちんと1から学んでみようと思って私は入塾しました。
入塾してみてやはり予想通りと言いますか、YouTube上にはない情報がたくさんあったと感じています。実際に始めてみてつまづいた時に、無料のYouTube動画だけを見て解決をするのは、かなり難しいのですよね。そこまで細かい情報自体がないですし。
私の場合、運よく1商品目で利益を上げることが何とかできましたが、1人でやっていたらまず間違いなく失敗していたと思います。
失敗にかかる費用をスクール代に置き換えたと思えばまったく高くないと思いますし、成功までの時間短縮代と考えてもいいのかなと思います。
1人でできる人は良いのでしょうけど、スクール代がマイナス経費にはならないと思っています。   

  

船田

自分でやってみて失敗を経験することも時に大事なのですが、失敗にはお金も時間も消費します。最初に仮に1商品、2商品失敗したら、スクール代と同じかそれ以上の費用が失敗に溶けて、何も残らないことになってしまいますしね。

マッキーさん

そうですね、おっしゃる通りだと思います。

船田

でもそこはスクールを上手く使えば、その分の経験や知識も得られますし、かつ成功への時間短縮にもなります。
スクールの金額だけを見れば安くないかもしれませんが、最終的な成果として見れば安い金額にも思えますよね。

マッキーさん

そうですね、ただのマイナス経費には絶対にならないということは、強くお伝えしたいですね。

船田

ありがとうございます。
しかも、荒巻さんの場合は早い段階でしっかり黒字化されているので、1月の利益が2月、3月、4月と続いていけば、本当にスクール代なんて一瞬でペイできてしまいますよね。初期投資費用を回収した上で、さらに利益を上乗せするまでに1年かからないと思います。

マッキーさん

そうですね、スクールの効果はバッチリあるのかなと思います。

船田

そういった意見を聞けて良かったです。
ぜひ、この記事を読んでいる方も、荒巻さんのように1歩踏み出していただけたらと思いますね。
今日はお忙しいところお時間をいただき、ありがとうございました!

マッキーさん

こちらこそ、ありがとうございました!

成功者対談:OEMで月商120万円達成!開始から2ヶ月で黒字化した秘訣とは?:まとめ

物販NAVIの運営するスクール「OEM Ark」の強みは 

  • 経験豊富で成功された先輩方の話が聞ける
  • メンバー同士で励まし合い切磋琢磨できる
  • YouTubeでは配信されない有益な情報を得られること

などが強みです。

YouTubeなどを参考に1人で頑張る方もいますが、荒巻さんのお話にあったように、成功への時間短縮としてスクールへの門扉を叩くのもおすすめです。

最初は膨大な知識を詰め込むのが大変かもしれませんが、その分きちんと後から付いてくるものがあります。

本記事を読みOEMに興味を持ってくださった方、前から興味を持っていたけど足踏みしていた方、まずはぜひ一歩を踏み出してみてください。

本記事があなたの最初の一歩を踏み出すためのお役に立てましたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

合わせて読みたい
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次