Amazon輸出

Amazon輸出での欧州への出品はVAT登録を行わないといけない

Amazonを利用したヨーロッパ(欧州)への輸出にはVAT登録が必要です。

VAT(付加価値税)は日本での「消費税」にあたる税金になります。

商品を販売する以上は欧州のVAT登録の仕組みとAmazon内でのルールや規制は把握しておきましょう。

特に、

「VAT登録って絶対に必要なの?」

「VAT登録って難しそう…」

と思われている方に関しては、敬遠してしまいがちな知識になりますので必ずその仕組みを理解しておきましょう。

日本でも米国でも、出品者が商品を販売し、消費税を購入者から回収すれば出品者側が税務申告をする必要があります。

欧州でも課税対象は購入者になりますので、出品者側はその税金がどのように課税されているのかを知る必要があります。

EUの各国のルールやAmazonが規定しているルールをしっかりと学び、税務申告上もアカウント保持も行っていきましょう。

間違いなくいえるのは、欧州のAmazonでは全てのセラーに対してVAT登録を義務付けていて、出品者はAmazonの規約に則らなければならないということです。

裏技のような抜け道はありませんのでその点を意識しながら読み進めて頂ければと思います。

欧州へのAmazon輸出はVAT登録が必要

Amazon輸出で欧州に向けて行う場合には必ず「VAT登録」を行う必要があります。

VAT=付加価値税

日本での消費税のことです。

一部のサイトではVAT登録を行わなくても欧州へのAmazon輸出が出来ると記載されているサイトがありますが、それは問題です。

なぜなら、税法上の問題があるばかりでなく、ヨーロッパのAmazon自体が全てのセラーに対してVAT登録を義務付けているからです。

つまり、欧州でAmazon輸出を行う場合に必ず必要になるのがVAT登録なのです。

VATの税率は下記の通りとなっています。

 

イギリス 20%

ドイツ 19%

フランス 20%

スペイン 21%

イタリア 22%

 

となっており、平均的には約20%の税率が掛かります。

一部軽減税率が適用される商品もありますが、Amazon輸出を行っていく上では、「大体20%ぐらいの税率が掛かる」と思っておけば良いでしょう。

これらの税金を徴収する立場にある出品者は「VAT登録」という事業者登録を行い、自身が課税事業であることを示さなければいけません。

VAT登録を行うとVAT登録番号というものが付与され、その番号によって税法上の税務申告を管理を行っている形になります。

 

VAT登録を行わないとどうなる?

VAT登録を行わないこと、そして、VAT登録の知識が無いことで発生する弊害は2つです。

 

Amazonの規約違反になる

そもそもAmazon自体が全セラーに対してVAT登録を義務付けています。

つまり、VAT登録を行わないまま出品者登録を行ってしまうことが規約違反に該当します。

もしVAT登録が正式にされていないということが判明した時点でアカウント凍結になってもおかしくはありません。

 

出品価格に影響が出る

基本的にAmazon内で出品する際の出品価格には、VAT(付加価値税)が含まれていることが前提となります。

その上で出品者側は先述した約20%の税率をかけた状態で出品価格を決定し、利益計算を行います。

もしVAT登録に関しての知識が誤った状態で出品をしてしまうと、購入者にVATの請求が行われてしまう可能性があるということになります。

こちらも同じくAmazonのアカウント凍結リスクに繋がったり、国境をまたいだ購入者とのトラブルにも発展してしまいます。

 

VAT登録の方法について

VAT登録に関しては個人でも正式な書面を用意して、正規の手続きを踏めば可能かと思います。

ただし、副業でAmazon輸出を実践する方でも、専業で行われる方でも、時間と手間が掛かってしまいます。

その為、欧州でのVAT登録に関しては外部に委託することで行った解決した方が得策かと思います。

現地の専門家に頼む(税理士,会計士等)

日本国内のVAT登録代行会社に依頼する

シンプルに解決するのであれば上記のうちのいずれかの方法でVAT登録を行いましょう。

 

無在庫販売とFBA販売の場合で異なる部分は?

無在庫販売で輸出を行う場合とFBA販売で輸出を行う場合とでは、VATの課税に対しての考え方が少し異なります。

【無在庫販売】

出品者から購入者へ商品が直送される為、インポーターを立てない場合、商品の購入者が「輸入者」となります。

基本的にはVATは輸入者が支払う形になるので、購入者がVATを支払います。

こうなってしまう場合には購入者に直接VATの支払いが発生してしまう為、Amazonの規約違反になります。

【FBA販売】

Amazonがインポーターになることはありませんので、出品者がVATを支払う形になります。

そのVATを出品価格に上乗せした形で商品を出品することになります。

 

まとめ

 

VAT登録に関しては、間違いなく身につけておくべき知識になります。

欧州へのAmazon輸出の場合はVAT登録が必要

このことだけは必ず覚えておきましょう。

VAT登録を行わずに欧州Amazonで商品を販売することは出来ません。

もしヨーロッパへも販路を広げるいようであれば、これらの準備を行ってから参入するようにしましょう。