国内転売ビジネス

メルカリで売れる商品写真を撮影するコツ 5つの簡単ポイントを解説!

メルカリで商品を売る時に重要となるのは出品する商品の写真です。

魅力的な写真であれば商品の詳細を開きたくなりますし、購入や高評価にも繋がります。

メルカリで出品する際に一番力を入れるべき作業と言っても過言ではありません。

ただ、商品写真を上手く撮影する方法がわからず、

「他の人と比べて写真がイマイチ」

「素人には無理なんじゃない?」

このように悩んでいる方もいらっしゃると思います。

商品写真の撮影は決して難しいものではないので安心してください。

「売れる商品写真のポイント」と「撮影のコツ」さえ覚えて意識すれば、誰でも魅力的な商品写真を撮ることができます。

また、少しの失敗であれば画像を加工することでカバーすることもできます。

今回はメルカリでよく売れる商品写真を撮るコツを詳しく解説します。

「メルカリで沢山売って稼ぎたい」

「商品の売れ残りをなくしたい」

こういった方にもおすすめの記事となっていますので、ぜひ最後までお付き合いください。

そして読み終えた後は早速実践し、今までとの違いを実感してみてください。

きっと以前より商品が売れるようになっていることでしょう。

 

メルカリは写真で売れるか売れないかが決まる

出品する商品の写真撮影はメルカリの売上を左右する重要な作業です。

メルカリで商品検索をした時に一番最初に目に飛び込んでくるのが商品の写真だからです。

バイトへの応募や就職活動と似たようなものと考えれば良いでしょう。

書類選考に通過するために履歴書に貼る写真にはこだわりますよね。

大切なのは第一印象です。

メルカリに商品を出品するときにも、まずクリックされるような魅力的な写真を掲載することが売上に繋がります。

 

クリックされる魅力的な写真の特徴

メルカリで商品をクリックする時は「この商品を買いたい」とわずかにでも感じているということです。

例えば、

・写真が明るい

・商品の特徴がわかりやすい

・背景が綺麗

といった写真は印象が良く、クリックされやすいです。

メルカリはフリマアプリということもあり中古品がほとんどなので、商品のサイズや色、状態などが分かりやすい写真があると安心できますよね。

逆に、清潔感のない写真は悪印象です。

例えば後ろに写っている部屋が汚かったりしたら

「梱包も雑にされそう…」

「匂いは大丈夫かな…」

などと不安になってクリックしにくいと思います。

このように、自分がメルカリで商品を探しているときのことを想像してみるとどのような写真が良いかが自然と見えてきます。

 

よく売れる2枚目以降の商品写真の特徴

メルカリに出品する際は、2枚目以降の写真を使って商品の詳細を伝えることが大切です。

商品によっても変わってきますが

・洋服等 → ブランドロゴや品質表示タグのアップ

・電子機器等 → 型番や保証書

例えばこのような情報を写真にして載せるのが良いでしょう。

また商品の傷や汚れなどがある場合にはその部分を写真に撮り、購入者にわかりやすいようにしましょう。

ネガティブな情報もしっかりと包み隠さず伝えることで、見る人に安心感を与えることができます。

売りたいからといって良い部分だけ伝えてしまうのはよくありません。

取引後にクレームに発展することもあるためです。

4枚の商品写真を上手く使い、購入者に安心を与えてあげるようにしましょう。

 

よく売れるメルカリ写真5つのポイント

ここからは、メルカリで売れやすい写真のポイントについて解説していきます。

今回は分かりやすくポイントを5つに分けました。

1つ1つ順を追って見ていきましょう。

 

写真の形は四角

まず商品写真の形ですが、「正方形」の写真を撮るようにしましょう。

メルカリに載せられる写真の形が正方形であるためです。

スマホのカメラの初期設定では写真が縦長になることが多いと思いますが、縦長の写真をメルカリにアップロードするときには正方形に切り抜かなければなりません。

そのためせっかく撮影した写真の一部が切れ、不自然な見た目になってしまいます。

スマホによってはカメラの設定で縦横比を1:1に変更できるので忘れずに行いましょう。

設定でできないようであれば、商品がなるべく中央に写るように撮影すると良いでしょう。

 

商品写真の背景が綺麗

商品写真は商品自体だけでなく、背景にも拘りましょう。

後ろに余計なものが写り込んでいたり、背景に柄があったりすると写真がごちゃごちゃして商品の印象が薄くなってしまいます。

例えば木製のスプーンを撮影するとき、木目調のテーブルに置くより白色のテーブルに置いた方が色や形がはっきりわかりますよね。

商品の色や形によって適切な背景を選択するのがポイントです。

 

商品写真が明るい

写真が明るいとそれだけで商品の印象が良くなります。

家で自撮りするよりも、写真スタジオなどで撮る写真の方が好印象ですよね。

あれは被写体に光をあてて明るくしているからです。

商品写真にも同じことが言えます。

商品写真が明るいと商品の形、色、文字などがはっきりと見え、特徴を伝えやすくなります。

 

商品のサイズや質感が分かりやすい

メルカリは商品を実際に触ることができないため、サイズや質感も写真で判断するしかありません。

届いた時に「思っていたのと違う…」と購入者ががっかりしないように、しっかりと写真で伝える事が大切です。

例えば

・定規やペットボトルなど、サイズの基準にしやすいものを商品と並べて撮影する

・商品の生地や素材をアップで撮影して質感を伝える

というようにすると、見る人にとって分かりやすくなります。

 

ほどほどの加工

写真の印象を良くする為、撮影後に画像加工アプリなどで写真を加工をすることも効果的です。

例えば全体を少し明るくなるように加工するだけでも印象は変わります。

ただし、加工のしすぎは禁物です。

過度の加工をすると商品の本来の色や質感がわからなくなってしまいます。

写真と実際の商品に差がありすぎるとクレームになりやすいので注意しましょう。

大袈裟に例えるなら、お見合い写真にプリクラを使うようなものです。

購入者にギャップを感じさせないように、ほどほどの加工をすることが大切です。

 

よく売れる商品写真を撮影する8つのコツ

ここからはメルカリでよく売れる写真を撮影するにはどうしたら良いのか、そのコツをご紹介します。

意識すれば誰でも簡単にできるのでぜひ実践してみてください。

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

 

ピントを合わせる

ピントの合っていない写真は商品の魅力も伝わりにくく、見る人に悪印象を与えてしまいます。

特に文字などは少しのブレでも目立ってしまうので注意が必要です。

スマホ撮影ならやり直すことができるので、しっかりとピントが合った写真が撮れるまで何度でも撮り直しをしましょう。

暗い部屋の方がピンボケしやすいため、明るい部屋で撮るようにするのもポイントです。

 

明るい場所で撮影する

明るい場所で撮影するとピンボケしにくく、好印象の写真を撮りやすいです。

モデルの撮影などではレフ板と呼ばれる機材で光を反射させ、被写体を明るくすることで魅力的な写真を撮っています。

これはメルカリの商品写真にも応用が可能です。

例えばカレンダーなど光沢のある紙を商品の後ろや横に立てて置くだけでも、反射した光が商品にあたり、明るくすることができます。

ただし、撮影時の照明の色によっては本来の色と異なってしまう可能性があるので注意しましょう。

なるべく人の目で見た時と同じ印象になるように、窓際などで自然光を取り入れて撮影するのがおすすめです。

 

清潔感のある背景で撮影する

商品の後ろに散らかった部屋が写っていたり、布団の上で撮られていたり、写真に生活感があると「中古品」というイメージが強くなってしまいます。

その為、商品を綺麗な机の上などに置いて撮影しましょう。

ぬいぐるみなど、立てて撮影したい商品の場合には、2つに折った画用紙を商品の後ろに立てて部屋が写らないようにすると良いでしょう。

白い画用紙を使えば商品を明るく撮影できるメリットもあります。

 

画像加工で明るくする

撮影した写真を加工して明るくする方法もあります。

画像加工のアプリをインストールするのも良いですが、簡単なのはメルカリの投稿画面で加工することです。

メルカリでアップロードした商品写真をタップすると編集画面になります。

そして「加工」→「明るさ」と選んでいけば明るさを簡単に調節することが可能です。

思っていたよりも写真が暗かったときなどに活用するとよいでしょう。

 

商品の全体像が分かるように

商品は全体が見えるように撮影するのも大切です。

例えばカーテンを出品する場合、小さく畳んで撮影すると実際に付けた時のデザインや大きさが想像しにくくなってしまいます。

その商品を特徴がよく分かるように、少し離れて撮るなど、なるべく全体が写るような工夫をすると良いでしょう。

メルカリは4枚まで商品写真を使えるので、細かい部分がわかりにくい場合には他の写真で補えます。

全体像のわかる写真は必ず入れるようにましょう。

 

ブランド名・ロゴ・タグを見せる

商品のブランド名・ロゴ・タグを撮影しておくのも重要です。

その商品が本物かどうかを判断する材料になるからです。

メルカリではブランド品などの偽物が出品される事もありえます。

しっかりとした証拠を見せ、購入者に安心感を与えるようにすると、リピーターを増やすことにも繋がります。

 

付属品はすべて見せる

出品する商品の付属品は全て見せるようにしましょう。

例えばノートパソコンを出品する時、写真に充電ケーブルなどがなく、本体しか写っていなかったら購入者は不安に思うかもしれません。

メルカリでは壊れたパソコンなどがジャンク品として出品されていることも多いため、そうした品と勘違いされてしまう可能性もあります。

「商品説明に記載してあるからいいや」などと考えず、写真でも見る人に伝えるようにしましょう。

 

傷や汚れを見せる

出品した商品に傷や汚れなどの欠点がある場合には必ず写真で見せるようにしましょう。

表紙が綺麗な本でも中のページが汚れている場合がありますよね。

そういった商品の表紙だけを写真に撮って出品してしまうと、実際に届いて読んだ購入者からクレームが来る可能性があります。

売ることに固執するのではなく、買ってくれる人の気持ちを第一に考えて出品するようにしましょう。

 

まとめ

コツさえ掴めば誰でも魅力的な商品写真を撮ることができます。

大切なのは購入者の立場にたって考えることです。

詳細を見たくなる写真、逆に避けてしまう写真。

自身で実際に商品検索をして、それぞれにどういった特徴があるのかを確かめて見るのも良いでしょう。