Amazon輸入

Amazon輸入の無在庫転売で稼げる具体的な方法を解説します!

Amazon輸入の無在庫転売は本当に稼げるのか、稼ぐためにはどうすればいいのか悩まれる方も多いと思います。

「具体的にどんな方法をとればいいのかわからない!」

「物販のノウハウがないけど大丈夫?」

という不安の声が多く聞こえます。

でも、Amazon輸入の無在庫転売のノウハウや具体的な方法はわかりやすいので大丈夫。

実践すれば、初心者でも稼ぐことができるビジネスです。

日本とアメリカの販売価格の差によって利益の出る商品をリサーチして、日本のAmazonに出品します。

出品に向いているのは、FBA出品者が存在しない専門的な商品や、ASINの繋がっていない商品です。

商品が売れれば仕入れ、届いたら発送します。

無在庫なのでリスクの低いビジネスですが、その分、仕入れ先の在庫管理が重要です。

仕入れ時に在庫が切れていたり、価格が上がっていたりすれば仕入れることができません。

それらのリスクを抑えたり、効率良く作業を行ったりできるツールを利用するのも良い方法です。

無在庫転売に向いている商品を見つけて、どんどん出品してみましょう。

Amazon輸入を始めようと思っている方

無在庫転売ビジネスについて知りたい方

ぜひ、こちらの記事をお読みください。

Amazon輸入の無在庫転売で稼げる具体的な方法がわかります。

勇気を持ってノウハウを実践すれば、無在庫転売で利益を上げることができるようになるはずです。

 

Amazon輸入の無在庫転売はノーリスクで稼げる

Amazon輸入の無在庫転売はノーリスクで稼ぐことができます。

在庫を抱える心配がなく、在庫を保管するスペースも不要。

先に商品を仕入れることもないので、まとまった資金も不要です。

「利益がでる販売価格で出品して、売れれば仕入れて、発送をする」

この工程を繰り返します。

売れなければ出品を取り消すか、放置しておいても費用はかかりません。

自宅の一室でパソコンが1台あれば始められます。

Amazon輸入の無在庫転売は購入されてから仕入れをするので、ノーリスクで稼げるビジネスです。

 

Amazon輸入の無在庫転売で稼ぐ方法

Amazon輸入の無在庫転売で稼ぐ方法を紹介します。

輸入は、国内転売よりも販売価格の差が大きく、利益率が高いことが魅力です。

まずは日本とアメリカのAmazonで購入者・出品者用のアカウントの登録をしましょう。

登録は、日本のAmazonトップページ「Amazonで売る」からできます。

日本のAmazonはコチラ

アメリカAmazonの登録は、「売り出す」から進みます。

アメリカのAmazonはコチラ

そして、国際配送料や手数料を入れても、利益が出る商品を見つけます。

具体的な方法は以下の通りです。

商品リサーチ(安く仕入れて、高く売れる商品を見つける)

出品(その商品を日本のAmazonで出品する)

購入(出品した商品が売れる)

仕入れ(出品した商品をアメリカのAmazonから輸入する)

発送(商品が届き次第、発送する)

この工程を繰り返し、利益を生み出していきます。

順を追って説明していきますので、ひとつひとつ確認してみてください。

 

商品リサーチ

商品リサーチの具体的な方法を紹介します。

日本のAmazonで「並行輸入品」と入力して商品検索をします。

その中から、FBA出品のprime商品やランキング上位の商品は外し、”売れすぎていない商品”を見ていきます。

月に2~3個売れているような商品が良いです。

個数は「モノレート」で確認することができますので活用してください。

→アマゾンの商品ランキングと価格推移がわかる無料サイト「モノレート」

確認ができれば、次へ進みます。

アメリカのAmazonを開き、検索する商品のASINか、商品の型番を入力します。

(ASIN:Amazonの書籍以外の全商品についているAmazon独自の商品番号)

この時、以下の項目を確認します。

商品の価格差

送料(アメリカ→日本)

日本への直送が可能か

配送は、代行業者へ依頼するのが定番でしたが、日本へ直送できる商品も増えています。

「Eligible for~」と書いてあれば、日本への直送が可能という意味です。

送料や、各種手数料を計算に入れても利益の出る価格差があれば、出品します。

 

出品

出品は、セラーセントラル → カタログ → 商品登録 から行います。

1点ずつ出品していく場合、ASINか商品型番を入力して出品を進めます。

在庫数

販売価格(最安価格で出品)

コンディション(新品、ほぼ新品、中古などから選択)

出荷作業日数

最低限登録が必要なのは上記4項目です。

これだけで、Amazonへの出品が完了します。

あとは売れるのを待つだけです。

リサーチと出品を繰り返し、出品数と共に利益が増える仕組みです。

 

仕入れ

出品した商品が売れれば、仕入れます。

仕入れの際は、商品名や画像の確認だけではなく、必ず型番やASINも確認してください。

よく見ると微妙に色が違ったり、年式が違ったりすることもあります。

一番避けたいのは、仕入れの段階となって”在庫が切れている”という事態です。

出品者都合でのキャンセルが続くと、アカウントが停止されてしまうこともあります。

さらに、仕入れる時には価格が上がっていて、売れても赤字という事態も起こりえます。

仕入れ値は同じでも、販売先の日本のAmazonで価格競争や崩壊が起きている可能性もあります。

仕入れ先での在庫数

仕入れ先での販売価格

転売先での販売価格

この3点を常に把握できていれば、無在庫転売のリスクは無いに等しいです。

自力ではなかなか難しいので、確実に追跡してくれるツールの活用をおすすめします。

 

発送

仕入れた商品が届いたら、発送をします。

輸入は手元に届くまでに時間がかかるので、発送はなるべく早くするようにしましょう。

とはいえ、慌てて受け取り、そのまま発送するのは危険です。

外箱の傷みがひどい場合は受け取る前に中身を確認し、破損がないか、注文した商品と間違いがないかしっかり検品しましょう。

発送時は、壊れないことはもちろん、丁寧で清潔感ある梱包も心がけてください。

そして、「評価依頼メール」を送ることも大切です。

評価をつけてくれる購入者は少ない上に、不満があった時にのみ評価をする傾向があります。

出品者の評価は重要視されるので、高評価が多いと断然売れやすくなります。

メールの例文やテンプレートは、調べればすぐに出てきますので用意しておきましょう。

面倒に感じられないよう、評価ができるURLを記載しておくのがおすすめです。

 

Amazon輸入の無在庫と有在庫の違い

Amazon輸入の無在庫と有在庫の違いは、資金とリサーチ力が必要かどうかにあります。

有在庫は売れなければ赤字なので「仕入れる資金」と「売れる商品を見極めるリサーチ力」が不可欠です。

無在庫は、その2つが少ない初心者でも始められます。

出品してみて、売れる商品と売れない商品を実体験として知ることができます。

売れた商品のデータから、何が売れて何が売れないかわかるようになり、売れる商品の見極めができるようになります。

これが、リサーチ力です。

有在庫に必要なリサーチ力は、無在庫で培えます。

無在庫は資金の少ない初心者向け、有在庫は資金のある経験者向けビジネスといえます。

 

Amazon輸入で無在庫転売を行うメリット

Amazon輸入で無在庫転売を行うメリットを紹介します。

小資金で始められる

在庫を抱えるリスクがなく、保管場所も不要

リサーチ力がなくてもできる

テストマーケティングができる

やはり最大のメリットは、在庫を抱えないため、まとまった資金がなくても始められるという点にあります。

他の物販ビジネスと比べてもリスクは低いです。

仕組みもシンプルなので、細かなリサーチ力がなくても大丈夫です。

ASINから価格差のある商品を見つければ良く、ツールを使えば自動で行うこともできます。

また、出品してみて売れるかどうのか反応を見る、テストマーケティングの場とも捉えることができます。

売れる確信を持つことができれば、有在庫で販売すると利益が増えます。

リスクなく始められて、単純作業でも稼ぐことができる。

これが無在庫転売のメリットです。

 

Amazon輸入で無在庫転売を行うデメリット

Amazon輸入で無在庫転売を行うデメリットも紹介します。

配送に時間がかかる

在庫を把握することが難しい

単純なリサーチだけでは利益を上げづらい

無在庫転売は配送に時間がかかるため、キャンセル率が高いです。

キャンセルが続くとアカウントが停止されてしまう可能性もあります。

また、無在庫では出品数が利益と比例しています。

よって、商品数がどんどん増え、全ての商品を自力で把握することが難しくなっていきます。

仕入れ時に在庫が切れていたり、価格が高くなっていたりしてキャンセルせざるを得ない事態が起こってしまいます。

ツールでしっかり管理し、未然に防ぎましょう。

さらに、無在庫転売には参入者がとても多く、単純なリサーチだけでは利益を上げづらい面もあります。

同じ商品がすぐに多数出品されたり、価格崩壊が起きたりするので、ライバルと差をつけなければいけません。

ASINで繋がっていない商品を見つけたり、違う仕入れ先を開拓したりすることも必要です。

 

Amazon輸入の無在庫転売に向いている商品

Amazon輸入の無在庫転売に向いている商品は、あまり売れていない商品です。

日用品など万人に需要があり、よく売れている商品は、即納できるFBA出品者がいるので、無在庫で売れることはほぼありません。

配送に時間がかかってでも欲しいと思う商品や、メジャーではないニッチな商品が無在庫転売に向いている商品です。

売れている優良出品者の商品を見てみるとわかりやすいと思います。

まずは、それらを真似て出品する「相乗り出品」で、売れる商品の傾向を知りましょう。

次に、そこから派生する類似品やブランド違いの商品へ、リサーチの幅を広げます。

すると、無在庫に向いている売れる商品を自分で見つけられるようになります。

 

専門性が高い商品

専門性が高い商品は、まさにAmazon輸入の無在庫転売向けです。

例えば、水平器や、カクテルシェーカーなど。

万人に必要なわけではありませんが、特定の職業や趣味を持つ人には需要があるので売れます。

コアな商品は、小回りのきく無在庫転売にこそ有利な商品です。

 

FBA出品者が存在しない商品

無在庫転売では、FBA出品者が存在しない商品を扱うというのも大前提です。

在庫を持つFBA出品者は、すぐに発送することができます。

無在庫転売では、発送に1~3週間かかります。

購入者は当然、早く届く方を選ぶのでFBA出品の商品には勝てません。

販売価格で勝てることもまずないので、FBA出品者の商品は外しましょう。

 

ASINが繋がっていない商品

ASINが繋がっていない商品は、無在庫転売に優位な商品です。

同じ商品には、基本的に同じASINが付いていますが、違うASINになっている商品も多々あります。

「並行輸入」や「輸入版」と記載があるのに、ASINで海外出品が見当たらない商品が、繋がっていない商品です。

どのツールでも、ASINを元に価格差のある商品を自動検索するため、繋がっていないと商品情報が取得できません。

よって、多くのツール利用者が知り得ない、狙い目の商品となります。

ASINが繋がっていない商品は、画像検索をすると見つけることができます。

輸入したい国のGoogle内で、ドメイン指定をするのが効率的です。

商品タイトルの後ろに「site:amazon.com」(アメリカのAmazonの場合)と入力して検索すると、「amazon.com」内の探している画像だけが出てきます。

ツールを使って見つけることもできます。

例えば「アマトピア」という有料ツールには、商品リサーチ機能の中に画像検索機能があります。

>> アマトピア

大勢のライバルとは少し視点を変えて商品を見出すことができるかが、勝負の分かれ目となります。

 

ツールを使って効率化することも可能

Amazon輸入の無在庫転売は、ツールを使って効率化することも可能です。

ツールを使いこなして出品数を増やしていくことが、利益を大きくする方法ともいえます。

ツールにできることはツールに任せる方がはるかに効率は良くなります。

無料・有料を含め、本当に様々な種類があり、特に始めたばかりは自分のスタイルも固まっていないので余計に迷うことばかりです。

まずは手動からという方や、無料ツールから試してみる方も多いです。

例えば、前述した「モノレート」は無料で、「アマトピア」は有料です。

ツールの特徴を把握して、どれが自分に 合うか検討をしてみてください。

→詳しくは「Amazon輸入で活用できるリサーチツールを徹底比較

まとめ

Amazon輸入の無在庫転売で稼ぐことはできます。

人によって、リサーチの方法や使うツール、出品数などで利益の差が大きく出ますが、小資金、低いリスクで始められるビジネスです。

物販ビジネスの基本となる「安く仕入れて高く売る」ということを、お金を得ながら学べる場でもあります。

学生でも、主婦でも、副業としてでも始められるAmazon輸入の無在庫転売。

ひとつひとつの工程を着実に進めて、稼げる転売ビジネスを実践してください。