Amazon転売で規約違反の出品者を通報する方法

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!

Amazon転売で規約違反をしている出品者は多いですよね。

規約違反を繰り返す出品者は、他のオークションサイトやフリマアプリで仕入れを行っていることが多いです。

ヤフオクやメルカリで出品しているときに、

Amazonを見たら同じ商品画像を使って高値で売られている

という経験をされた方もいるのではないでしょうか。

これは在庫がないままAmazonに出品し、注文を受けてからヤフオクやメルカリなど他店舗で購入し直送してもらう、いわゆる「無在庫販売」です。

自分の商品の画像を無断で使用されていたり、個人情報が第三者に渡っていたりするのでとても不快な気持ちになりますよね。

転売に利用された側が購入者から商品を送り返されたり、不当な評価を受けたりすることもあるかもしれません。

そんな時はただ泣き寝入りするのではなく、Amazon転売で規約違反をしている出品者を私達にもできるやり方で通報しましょう。

Amazonでは在庫を持たずに出品する行為は規約違反とされており、違反行為を見つけた時はサイトから通報することで悪質な出品者にペナルティを与えることができます。

この記事では規約違反をしている出品者を通報する方法を解説していきますので規約違反で困っている方や怒りを感じている方は読み終わったらすぐに通報を行いましょう。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

目次

転売の違法行為とは? 

転売は、自分で購入したものを他の人に売る行為のことをいいます。

新品に限らず中古品を売る行為は転売になります。

しかし、転売は違法ではありません。

では、なぜ転売ヤーが逮捕されているニュースが上がるのでしょうか。

理由は一つ。

転売自体ではなく、他の法に触れたからです。

転売には、扱う商品によっては許可証が必要なものや認可が必要なものが存在します。

それらを無視して転売を行うと、逮捕され、罰金や懲役刑を課される可能性もありますので注意が必要です。

では、何が違法行為なのかを順に説明していきます。

古物商許可証が無い状態で出品 

古物商許可証で定められている商品とは

  • 一度使用された商品
  • 使用されていない商品で、使用の為に取引されたもの

と定められています。

一度でも消費者の手に渡った商品は、未使用品でも「古物」に該当します。

Amazonで古着や中古家電などの中古品を売買してお金を稼ぐのであれば、古物商許可証が必須となりますので、注意しましょう。

古物商許可証許可証は、自分が営業している事務所や自宅の管轄している警察署に、必要書類を作成のうえ、手数料を納付することで申請することができます。

しかし、全ての人が申請できるわけではありません。

下記の条件に該当する人は申請できませんので、参考にしていただければと思います。

  • 犯罪歴がある人
  • 未成年者
  • 成年被後見人・被保佐人
  • 古物商許可証を取り消されて5年以上経過していない者
  • 住居不定者
  • 外国籍で適切な在留資格がない
  • 公務員
  • 暴力団員
  • 営業所が用意できない場合

古物商許可証を取らずに、Amazonで転売を続けていると、古物営業法違反として警察に逮捕されることもあります。

そして、無許可営業に関しては「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」という罰則が科せられます。

中古品を扱うのであれば必ず必要な知識になりますので、覚えておいて損はありません。

偽物の商品を転売 

Amazonで商品を仕入れる場合は、偽物に気を付けましょう。

理由は偽物と気付かずに自分がそれを出品してしまった場合、アカウントの削除どころか違法になるケースもあるからです。

Amazonで偽物を仕入れてしまったら

  • FBA商品であれば返品
  • マーケットプレイス商品は出品者に連絡をする
  • Amazonの保証制度を利用
  • Amazonに通報する

という対処法があります。

偽物が届いて、どのように対処すればいいか分からないという場合は、Amazonに通報するのが一番早いでしょう。

もし、自分が出品してしまった場合は、通報される可能性も視野に入れ、気付いた時点で早急に対処しましょう。

レビューを転売 

結論から言いますと、レビューの転売は違法です。

「レビュー転売って何?」と思う方もいるでしょう。

簡単に説明しますと、レビュー転売とは「Amazonセラー評価であるレビューを書く代わりに、商品代金を全額返金する」という手法です。

これを見て「なんだ、それだけならお得じゃん!!」と思うかもしれません。

しかし、これが落とし穴。

この手法は、仕入れにお金を掛けない「ゼロ円転売」と呼ばれていますが、違法性が高く実践しない方がいいです。

この手法を取っていることがAmazon側に知れてしまうと、アカウントが停止されるだけでなく、逮捕される可能性もあります。

レビュー転売は、サクラレビューを書いて商品を仕入れるようなものです。

実際、サクラレビューをして逮捕された人もいます。

十分に気を付けましょう。

無在庫転売 

無在庫転売とは、手元に在庫を持たない状態で商品を販売する販売形態のこと。

購入者が購入手続きを完了した時点で仕入れを行います。

しかし、Amazonでは自分の手元にある商品、またはAmazonの倉庫で保管してもらっている商品しか販売ができません。

Amazonでは、購入者が迷惑になる行為を好みません。

もしAmazonで転売をしていて「無在庫転売って何?」と思った方。

もしかしたら知らずうちに無在庫転売に手を出しているかもしれません。

通報され、アカウントが停止になる可能性もありますので、早急にやめることをおすすめします。

複数のアカウントで販売 

結論から言いますと、正当な理由がない限り、セラーアカウントを複数作成することはできません。

アカウントは1人1アカウントまでと規約で決まっています。

Amazonのセラーセントラルでは

2つ目のアカウントを開設するビジネス上の正当な理由があり、すべてのアカウントが問題なく運用されている場合を除き、セラーセントラルアカウントは1つのみです。

引用:Amazon

と書かれています。

しかし、規約違反と知りながらも「便利でメリットもあるから」とアカウントを複数作成している利用者もいます。

Amazonに知られれば、知られたアカウントだけではなく、紐づけをされ全てのアカウントを停止される可能性もあります。

複数のアカウントを作成するのはリスクの方が高いため、やらないのが懸命でしょう。

価格設定によるポリシー違反

コロナ禍の影響で、一時期マスクがあり得ないくらい高額の値段で転売されていたのはご存知でしょうか。

マスク転売規制の一環として、ポリシーが追加されました。

元々、マスクの関連商品に適用されるために追加されたものですが、全ての商品に追加されるようになりました。

不当な価格かは、一見わからないものです。

それをAmazonが判断したり、利用者が通報したりして、疑いのある商品は一律で停止処置が行われています。

少しでも高く設定したい気持ちは分かりますが、高すぎる商品には制裁が加えられることを念頭に置いてビジネスを行いましょう。

Amazonにおける規約違反とは

Amazonは様々な規約やガイドラインを定めており、違反をすると警告またはアカウントの停止や閉鎖といった処分が下されます。

規約違反している商品を見分けるためにも、また自分が規約違反をしないためにもしっかりと内容を把握しておく必要があります。

出品者が注意すべき規約違反としては以下のようなものがあります。

1.「違反商品の出品」

法的に販売を禁止されているもの、資格や許可がなく販売不可能なもの、その他Amazonが制限している商品を出品することです。

例えばお酒や薬は法律により無許可で販売することができません。

Amazonでは、出品そのものを禁止している商品が多数存在します。

商品が以下の通りです。

  • 非合法の製品および非合法の可能性がある製品
  • 日本の販売に許認可が必要な製品
  • ピッキングツール
  • クレジットカードの現金化に関わる製品
  • 盗難商品
  • Amazon.co.jp限定商品の予約販売
  • 複製、複写されたPCソフト、DVD、CDなど
  • オンラインゲームのゲーム内通貨・アイテムなど
  • 同人誌PCソフト、同人CD
  • エアガン・モデルガンで金属製などの銃刀法の規制対象の商品
  • 18歳未満の児童の画像を含むメディア商品
  • 憎悪、暴力、人種差別、性別差別または宗教的差別など不快感を与える商品
  • 輸入食品、飲料およびペットフード
  • 動物用医薬品
  • 医療機器、医薬品、化粧品の小分け商品
  • 有害植物
  • 希少野生動植物
  • 麻薬や向精神薬
  • たばこまたあはそれを含む全ての商品

2.「商品説明の虚偽」

中古品を新品として出品するなど購入者が誤解するような情報の記載をして出品することです。

これは勘違いしやすい点ですが、オークションなどで個人から仕入れた商品はその時点で「中古品」と扱われるため、どんなに綺麗な未開封品であっても新品として出品することはできません。

商品の表示に「未使用品」と書かれていたのに、届いた商品は汚れや破損があったという経験はありませんか?

判断は難しいですが「未使用」の状態の物を個人から仕入れた商品は、「中古品」として扱われます。

「使っていないから」「未使用の状態で購入したから」という言い訳は通用しません。

中古品にもかかわらず、新品で出品してしまう時点で「商品内容の虚偽」に該当し、違反していることになります。

「綺麗で新品同様だから、新品で出しちゃおう」と考えず、ルールは守り中古品として出品することが大切です。

3.「無在庫販売」

無在庫転売とは、手元に在庫を持たない状態で商品を販売する販売形態のこと。

購入者が購入手続きを完了した時点で仕入れを行います。

しかし、Amazonでは自分の手元にある商品、またはAmazonの倉庫で保管してもらっている商品しか販売ができません。

Amazonでは、購入者が迷惑になる行為を好みません。

もしAmazonで転売をしていて「無在庫転売って何?」と思った方。

もしかしたら知らずうちに無在庫転売に手を出しているかもしれません。

通報され、アカウントが停止になる可能性もありますので、早急にやめることをおすすめします。

Amazon転売を行っている出品者を通報する方法

規約違反と思われる出品者を発見した場合にはAmazonのお問い合わせページからら通報することができます。

通報までの手順は以下のとおりです。

1.お問い合わせの種類で「その他」を選択

2.お問い合わせ内容で「商品について」を選択

3.お問い合わせ方法を「電話」「Eメール」「チャット」の中から選択

通報するときは電話よりEメールやチャットを使い、できるだけ細かい内容を伝えるようにするのが良いと思います。

・商品を特定できる情報(商品名や商品ページのURLなど)

・違反していると思われる規約やその根拠

これらの内容は必ず伝えましょう。

商品ページから通報 

規約に違反する画像や商品説明が掲載されている場合、商品カタログの商品説明のすぐ下にある「不正確な製品情報を報告」から通報することが可能です。

箇条書き欄の下あたりに表示されているので、見逃しやすいですが、リンクをクリックして問題点を入力したら「送信」をクリックして送信が完了します。

ここでの通報は、出品者ではなくAmazonに通報内容が送られます。

メールで通報

Amazonにメールで通報も可能です。

アドレスは「community-help@amzaon.co.jp」です。

上記のアドレスにセラーセントラルのテクニカルサポートや商品ページの不正確な製品情報を報告する時と同じような内容を記入して送信します。

内容を記載して、メールを送信すれば通報完了です。 

セラーセントラルのテクニカルサポートから通報

Amazonの出品アカウントを持っていれば、セラーセントラル経由で通報できます。

通報手順は以下のとおり。

  1. セラーセントラルにログインする
  2. セラーセントラルのホーム画面下までスクロールし「サポートを受ける」をクリック
  3. ガイドライン、規約違反から「ガイドラインおよび規約違反の報告」を選択
  4. 質問の内容など項目を入力し「送信」をクリック

 

アカウントが停止されるかどうかはAmazon次第

通報をしたら後の判断はAmazonに任せるしかありません。

通報のあった商品や出品者をAmazonが調査し、違反に該当していると判断されれば適切な措置をとってくれます。

規約違反の程度によってもペナルティの重さは変わるため、警告メールを送り改善を促すだけの場合もあれば、アカウントの停止や閉鎖といった重いペナルティが課される場合もあります。

Amazonがどう判断を下すかはわかりませんが規約違反者を通報すること自体が大事です。

Amazonに通報内容を採用させる方法 

Amazonに通報する際は「どの部分がAmazonの規約に違反しているか」をしっかり伝えることが大切です。

どのように違反しているかがAmazon側にしっかりと伝わらないと、調査することも難しい場合があります。

通報する場合は

  • 出品規約を引用する
  • 他の購入者のためだと強調する

ことが重要になります。

詳しく説明をしていきます。

出品規約を引用 

例えば

「この商品は「マッサージ器具」と「文具」で全く関連性のないない商品をセットで販売しており、『カテゴリー、商品、出品の制限事項』に違反しています」

というように、実際に何がどのように違反しているのかを、出品規約を交えて説明をすることで、Amazon担当者の心を動かしやすくなります。

ただ「違反しているから!」と送るだけでは、相手にも伝わりませんし、何にどう違反していると思ったのか分かりません。

他の購入者のためだと強調する

通報をする際に「こんなことされたら、自分の商品が売れなくなる」と自己中心的な通報をしても、Amazonは動いてはくれません。

Amazonは「顧客至上主義」と宣伝しているくらいユーザー第一主義です。

購入者の「不満」や「勘違いして購入してしまう可能性がある」など購入者の不利益になりそうな情報の通報をすると説得力が増します。 

あくまで「自分」ではなく「購入者」の立場になった通報というのが大事です。

自分が通報されてしまったら取るべき対応

ビジネスとして長期間Amazon販売をしていると購入者とのトラブルなどにより通報されてしまうこともあるかもしれません。

Amazonから警告メールが届いたらまず落ち着いて内容をしっかりと確認しましょう。

警告メールには該当する規約違反の内容や改善すべき点などが記載されています。

メールに書かれた期間内に適切な対応を行わないとアカウントが停止や閉鎖されてしまうこともあるので注意が必要です。

万が一アカウントが停止されてしまった場合には直ちに規約違反の改善をしてAmazonに報告をしましょう。

指示に従い適切な対応をすればAmazonの判断にもよりますがアカウントが再開されることもあります。

一番重いペナルティであるアカウントの閉鎖になるとそのアカウントは使えなくなり、再度同じ情報で登録することもできなくなってしまうためAmazonからの指示には必ず従いましょう。

まとめ

以上がAmazon転売で規約違反をしている出品者を通報する方法です。

規約違反を放置してしまうと消費者や他サービスの利用者にまで影響が出てしまい、取引の安全性が失われてしまいます。

判断はAmazonがしてくれるので規約違反をしていると思われる出品者を発見したら迷わずAmazonに通報するようにしましょう。

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次