輸出ビジネス

Amazon輸出(米国) インポーターサービスを利用しないとFBA販売は出来ない

Amazon輸出にはFBA販売と無在庫販売の2つの主な販売方法があります。

そのうち、FBA販売を行う場合に出てくる問題があります。

それが、

海外Amazonの倉庫に日本から直送できない

という問題になります。

例えば米国(アメリカ)のAmazon.comでFBA販売を行う場合には、一度アメリカ国内のどこかの場所に日本からの荷物を送り、そこからFBA倉庫に納品をしなければなりません。

荷受人を誰にするかを指定すること、もしくは荷受人のことをインポーターと言います。

輸出入の際には必ずこのインポーターを指定しなければいけませんが、Amazon.comの規約上は、Amazonをインポーターに指定出来ない為、別の誰かを指定する必要があります。

インポーターサービスを利用すれば、日本国内からAmazonの倉庫に納品する商品を無事にFBAの倉庫に納品することが可能になります。

Amazon輸出のFBAに必要はインポーターサービスとは

 

Amazon輸出でFBA販売を行う場合には、アメリカ国内に必ずインポーターを立てる必要があります。

この「インポーター=荷物を受け取る人」というのは、法人であっても個人であっても構いません。

現地在住のお知り合いがいらっしゃれば、こちらからその方が住む住所宛てに荷物を送り、その方にFBA倉庫に納品してもらうことも可能です。

これを外注という形で仕組み化している方もいらっしゃいます。

ただ扱う商品数、荷物の数、商品価格にもよりますが、あくまでも個人間での荷物のやりとりになりますし、誰でも海外在住のお知り合いがいるわけではありませんので、ほとんどのAmazon輸出の実践者の方はインポーターサービスを利用しているのが現状です。

インポーターの役割を役務(サービス)として提供している事業者がいるということです。

一般的には 発送代行業者 と呼ばれている業者はインポーターの役割を兼ねていることがほとんどです。

 

インポーターサービスを利用せずにFBAは利用できる?

 

結論から言えば、インポーターサービスを利用せずに、日本から直接Amazon.comのFBAの倉庫に商品を納品することは出来ません。

先述したとおり、アメリカ国内のインポーターを経由してFBAの倉庫に納品するような経路をつくりあげるしかありません。

さらに言えば、FBA納品を行わずに、無在庫販売で行う場合でも、購入者のユーザビリティを考えるのであれば、一度アメリカ国内で荷物を受けてくれる場所で検品などを行ってからエンドユーザーに向けた発送がされた方が良いと言えます。

※日本から海外に荷物を発送する場合、紛失の他にも「破損」というリスクがある為です。

 

米国AmazonのFBA倉庫に直送出来るサービス

 

Amazon輸出を個人のビジネスとして捉えた場合、FBAに納品してくれる発送代行業者のサービスを利用するのが一番の方法になります。

ネットビジネスの中でAmazon輸出というジャンルが一般的になってから、FBAの倉庫に納品してくれる代行業者は増えました。

個人であれこれと送料を安くするような施策を打つのは簡単ではありません。

時間も手間も掛かります。

それらをシンプルに解決してくれるのが発送代行業者になります。

FBA納品の他にもオプションが豊富であったり、エンドユーザーへの発送を行っている会社もそれぞれです。

詳細は当サイトのこちらの記事で紹介をしています。

Amazon輸出はFBA利用時に直送で納品することは出来ないの?

Amazon輸出FBA販売者向け発送代行業者比較とまとめ

あなたが行っている手法に合った発送代行業者を選んで使用してみてください!