メルカリ転売

メルカリでスニーカーを安く発送する方法!箱あり・なしの梱包方法と送料比較

メルカリにスニーカーを出品したい時、出品したスニーカーが売れた時、

「どうやって発送すればいいの?」

「どう梱包すれば型崩れしないんだろう…」

「一番安く送る方法は何?」

など、梱包方法や送料がわからず不安な方も多いですよね。

スニーカーの発送は、いくつかのポイントさえおさえておけば心配いりません。

商品をできるだけ清潔にして、型崩れや水漏れを防いで梱包しましょう。

うまく梱包すれば、箱はもちろん紙袋でも発送できます。

梱包したら、サイズや重さを確認して、最適な発送方法を選んでください。

・メルカリでスニーカーを発送したことがない方

・スニーカーの発送方法がわからない方

・スニーカーを上手に梱包して、安く発送したい方

以下の記事を読んでみてください。

スニーカーの梱包・発送についての不安がなくなります。

安心感を持って出品し、梱包も発送もスムーズに進めることができますよ。

メルカリのスニーカー梱包方法

スニーカーの梱包方法を紹介します。

ですが、梱包前に1つ大切な作業があります。

それは「スニーカーをなるべくキレイな状態にする」ことです。

商品説明文に”現状のまま発送”、”汚れあり”などと記載し、状態を正しく撮影していたとしても、感じ方は人それぞれです。

トラブルを避けるため、お互いに気持ちよく取引を進めるためにも、なるべくキレイにすることをおすすめします。

スニーカーが中古の場合

・水や専用洗剤で洗ってよく乾かす

・水拭き(素材によっては乾拭き)をする

・中敷きや靴底の砂、ホコリなどの汚れを落とす

など、キレイな状態で届けられるようにしましょう。

キレイにしたら、いよいよ梱包です。

手順は以下の通りです。

①スニーカーの中に、新聞紙などの紙を丸めてしっかり詰める

これは、型崩れ防止のための重要なポイントです。

配送中に潰れてしまわないよう、しっかり詰めてください。

ハイカットスニーカーの場合は、崩れやすい足首の部分にもしっかり詰めましょう。

中に入れる紙は、新聞紙やコピー用紙などでもOKです。

ただし、色移りしやすい素材や高額商品の場合、新聞紙は避けた方が無難です。

靴を購入した時に入っている白い紙(緩衝材シート)があれば、見た目も良く、靴もしっかり守ってくれるので活用してください。

②プチプチやビニール袋で包む

紙を詰めたら、1足ずつプチプチやOPP袋などのビニール袋で包みます。

配送中の衝撃から商品を守る大切な工程ですので、必ず行ってください。

これで型崩れや水濡れも防ぐことができます。

衝撃に強く、スニーカーにも財布にも優しい、プチプチの使用がおすすめです。

靴同士が直接触れ合わないよう、露出している部分がないか確認しながら全体を包みましょう。

包んだら、梱包完了まであと一歩です。

③梱包材にスニーカーを入れる

梱包材は、購入した箱があればそのまま使い、なければ代用品を使用します。

箱あり、箱無しの場合を紹介していきます。

メルカリで子供靴を発送する方法については、以下の記事も参考にしてみてください。

メルカリで子供靴を発送する時に送料が一番安い方法は定型外郵便メルカリで子供靴を発送する場合の送料について解説を行います。一番安いのは定型外郵便で発送を行う方法です。梱包をしっかりと行えば普通郵便でも発送を行うことが出来ます。また、宅急便コンパクトなどが一番安くなる場合などもありますので、パターンによって発送方法を使い分けると利益を増やすことが出来ます。...

スニーカー箱ありの送り方

スニーカーの箱がある場合は、梱包方法も送り方も簡単です。

・片方のつま先と、もう片方のかかとを向かい合わせ、靴底を箱の外側に向けて入れる

・箱とスニーカーの隙間を緩衝材で埋めて、動かないようにする

緩衝材は、買った時のものが残っていればそのまま活用しましょう。

なければプチプチや新聞紙で代用できます。

・ガムテープなどで封をする

・箱ごとビニール袋に入れる

これは、水漏れ防止のための必須作業です。

ビニール袋は、なるべく清潔感のあるものを選びましょう。

ショップ袋や、100均やネット通販で安く調達するのもおすすめの方法です。

・透けないショップ袋や紙袋で箱を包む

これで確実な梱包ができます。

あとは発送する窓口に持って行き、送り状を貼り付けて完了です。

スニーカー箱無しの送り方

スニーカーの箱が無い場合の送り方を紹介します。

・包んだスニーカーをビニール袋に入れる

これは水漏れ防止のために必須です。

OPP袋やショップ袋など、見た目もキレイで丈夫な袋がおすすめです。

・ビニール袋や紙袋、段ボールに入れる

ビニール袋の場合は透けないものを、紙袋はなるべく丈夫なものを使いましょう。

段ボールは、高さが合わなければ自分でカットする方法もありますが、あまり雑な印象を与えてしまわないよう注意してください。

・隙間があれば緩衝材で埋めて固定する

型崩れを防止するために、しっかりプチプチや緩衝材を使用すると安心感が持てます。

ただし、梱包サイズが大きくなると、その分送料が高くなることもあります。

スニーカーのサイズに合った、なるべく丈夫なつくりの物を選んでくださいね。

箱無しで発送する場合は、商品説明文に”箱無し”で”簡易包装”であることを書いておきましょう。

スニーカーを梱包する際のコツ

スニーカーを梱包する際に大切なことは、

・なるべくキレイに、型崩れ・水漏れ防止をしっかりする

ことです。

手間を省いたために「封を開けたら臭かった」、「型崩れしていた」と悪い評価を受けてしまうこともあります。

また、高価なスニーカーや、1つの梱包材で複数の商品を送る場合

・金具や飾りなどはプチプチや緩衝材シートで保護する

・乾燥除湿剤を入れる

・箱がなければシューズボックス(シューズケース)を使用する

ことも、臭いの防止や品質維持に役立つ梱包のコツです。

購入者からの印象もグッと良くなりますよ。

100均やホームセンター、ネット通販でも購入できるので検討してみてください。

・スニーカーの状態が写真や商品説明文の通りになっているか確認する

・”箱なしで発送”や”簡易包装にご理解ください”など一文をつけておく

ことも、トラブル回避のコツです。

メルカリで気持ち良く、安心して出品できるよう実践してみてくださいね。

以下の記事でも、靴を正しく梱包して発送する方法を詳しく紹介しています。

メルカリで靴を正しく梱包して発送する方法 包装のコツも解説!メルカリで靴の梱包に悩まれている方へ。当記事では靴を発送する場合の正しい梱包方法について解説を行います。それほど難しくありませんが、型崩れ等に注意しないとクレームに繋がる可能性がありますので注意しましょう。...

メルカリでスニーカーを安く発送する方法(送料比較)

利益に直結する送料は、メルカリで重要なポイントですよね。

スニーカーを送る場合は、「メルカリ便」か「定形外郵便」を利用します。

どちらもサイズや重さによって送料が決まります。

無事に購入者の元へ届くことが第一なのはもちろんですが、安く発送できれば嬉しいですよね。

でも、送料を気にするあまり、押し込み過ぎて商品が潰れたり、梱包が簡易過ぎて水漏れしたりしないよう注意しましょう。

ここからは、サイズや重さ別、発送方法別に送料を比較していきます。

以下の記事では「転売におすすめのスニーカーやブランド商品」を紹介していますので、参考にしてみてください。

転売におすすめのスニーカーのブランドや商品 儲かる方法を解説!転売すれば稼げるおすすめスニーカーの商品を紹介します。スニーカーは今でも根強いファンが多いジャンルになります。レアスニーカーであれば、メルカリやヤフオクで定価以上で売買されています。高値で売れる商品はある程度決まっているため、事前にそれらの商品を知ることで確実に利益を稼ぐことが出来ます。...

メルカリ便で送る方法と送料

メルカリ便で送る場合は、「らくらくメルカリ便」か「ゆうゆうメルカリ便」を利用します。

らくらくメルカリ便サイズと送料(配送:ヤマト運輸)

60サイズ(~2kg)700円
80サイズ(~5kg)800円
100サイズ(~10kg)1000円
120サイズ(~15kg)1100円
140サイズ(~20kg)1300円
160サイズ(~25kg)1600円

発送場所:ヤマトの営業所、セブンイレブン、ファミリーマート

送料は全国一律です。

子ども用スリッポンなど薄いスニーカーの場合は「宅急便コンパクト」で発送できる場合もあります。

宅急便コンパクトを利用するには専用箱(1個70円)の購入が必要です。

箱サイズ:縦25cm×横20cm×高さ5cm

送料:380円(全国一律)

らくらくメルカリ便、宅急便コンパクトは集荷(1取引につき集荷料30円必要)が可能です。

ゆうゆうメルカリ便サイズと送料(配送:日本郵便)

60サイズ700円
80サイズ800円
100サイズ1000円

発送場所:郵便局、ローソン

送料は全国一律、重量も一律25kgまでです。

ゆうゆうメルカリ便の最大サイズは100サイズまでとなっています。

集荷はありません。

また、子ども用スニーカーなど小さくて薄い商品であれば「ゆうパケットプラス」を利用できる場合もあります。

ゆうパケットプラスの利用には専用箱(1個65円)の購入が必要です。

箱サイズ:縦24cm×横17cm×高さ7cm

送料:375円(全国一律)

重量:~2kg

宅急便コンパクトの箱より2cm高く、5円安い魅力的な発送方法ですよね。

梱包した状態で入れても型崩れの心配がなければ、活用してみてください。

定形外郵便で送る方法と送料

軽いスニーカーの場合は、定形外郵便で発送するのが最安になることもあります。

送料は重量によって以下の通り決まっています。

150g~250g350円
~500g510円
~1kg710円

メルカリ便と違い、オプションを付けないと追跡や補償はできず、匿名配送もできません。

それでも、安く出品した場合は特に送料を抑えたいですよね。

重量がギリギリな時は、紙袋よりも軽いビニール袋を使う方も多いです。

その場合は、中が透けないキレイなショップ袋や100均などで購入した袋を使うようにしましょう。

また、メルカリ便と違い、宛名書きと送料の手出しが必要です。

送料は、発送時に窓口で現金か切手で支払います。

スニーカーのサイズや重さ、発送のしやすさなどから、自分に合った発送方法を選んでくださいね。

まとめ

スニーカーは、まずキレイにして、型崩れと水漏れ対策をして梱包し、好みのサイズや重さを考慮して、最適な方法で発送しましょう。

梱包時には、プチプチや緩衝材シートがあると便利です。

靴を購入した時の箱も役に立つので、保管が可能であればとっておくのも良いかもしれません。

ショップ袋や紙袋も立派な梱包材になります。

軽いスニーカーなら定形外郵便、それ以外はメルカリ便がおすすめです。

顔の見えないメルカリだからこそ、丁寧で確実な梱包と発送を心がけていきましょう。