輸出ビジネス

Amazon輸出(米国)で食品を扱う場合はFDA登録が必要です!

Amazonで米国に食品を輸出する際にはFDAへの申請が必要

Amazon輸出を実践していて儲かる商品の中に「食品」や「医薬品」が含まれていた場合、それを扱っても良いものかどうか迷うときはありませんか?

「普通に一般人が出品しても良いものなのだろうか?」

「利益がとれそうだけど、トラブルとかになったりしない?」

そんな疑問を持たれている方は真っ当な理解の持ち主です!

Amazon輸出において、米国への食品の輸出に関してはきを付けなければならない点があります。

それはアメリカで規定されているFDAへの登録(認証)を行わないといけない点です。

Amazonだけではなく、米国で定められているルールになりますので、出品者はそれがいくら売れる商品であったとしても。ルールの範囲内でビジネスを行う必要があります。

大きなトラブルに前に正しい知識を入れておく必要があります。

こちらの記事ではAmazon輸出を実践されているあなたの為に、米国への食品の輸出と販売について解説を行っていきます。

Amazon輸出(米国)では食品を扱うことは出来る?

 

アメリカへのAmazon輸出で食品を扱うことは厳密的には不可能ではありません。

しかし、その場合は様々な障壁をクリアしなければいけません。

これは日本でも同じことが言えますが、食品や医薬品に関してはその国の法律で定められた規則によって製造・販売が許されています。

Amazonで食品を輸出する場合は、アメリカの法律に則って輸出を行う必要あります。

シンプルに言えば、日本でいうところの厚生労働省にあたる機関から許認可を受ける必要があります。

それがFDAによる認証となります。

 

 

FDA(米国食品医薬品局)登録とは

 

先述したとおり、FDAとは日本の厚生労働省にあたる機関になります。

FDA = アメリカ食品医薬品局

という米国の公的機関になります。
食品や医薬品の他にも日用品、化粧品などのの製造・販売・取扱いを取り仕切っている機関です。

Amazon輸出において、食品や医薬品を取扱う場合はこのFDAによる認証を受けてからでないといかなる場合であっても販売を行うことは出来ません。

もし仮にFDAの認証を受けずにアメリカへの発送を行い、運よく通関をくぐりぬけて販売までこぎつけたとしても、最終的には取り締まるを受けることになります。

その場合、法律に抵触していることになりますので、Amazonのアカウント停止どころのリスクではなくなってきます。

FDAの認証を受けずに食品や医薬品を販売することは避けましょう。
リスクでしかありません。

FDA登録方法

 

FDAへの商品登録方法に関しては、日本貿易振興機構(JETRO)がその手順をまとめております。

食品施設登録ユーザーガイド ステップバイステップ操作手順

上記の資料をご覧いただければお分かりになるかと思いますが、FDAへの登録手順はかなり難解な手順となっています。
今後、永続的に食品の輸出を行うので無い限りはかなりハードルが高いと感じるはずです。

Amazon輸出の初心者の方や、まだ始めたばかりの方が食品ジャンルを攻めるよりは、他のジャンルで利益をあげれるようになってから取扱いを考えていっても遅くはないかと思います。

ただし、方法によってはFDAへの登録を行わずに食品の輸出を行うことは可能となりますので、その方法については別の記事で解説させていただきます。

 

FDA認証を受けずに販売した場合

 

もし、FDAの認証を受けずに食品や医薬品を販売してしまった場合にどんなトラブルが起きてしまうのかを考えましょう。

まずは法律的な部分でのハードルがありますので、通関で止められてしまう可能性があります。

昨今は個人での越境ECが盛んになりつつありますので、税関でのチェック体制も以前よりは厳しくなっています。

そもそも日本国外に発送することが出来ない可能性が高いかと思います。

もし仮に運よく米国への発送が可能になったとしても、販売に漕ぎつけた時点でリスクが発生します。

それは、

競合からの通報

購入者からのクレーム

の2点です。

食品ジャンルは確かに稼げる商品が多いです。

衣食住に関わるものなのでニーズ自体が他のジャンルよりも高いのです。

ですので、あなた以外のライバルセラーも様々なリサーチを行います。

FDA登録のハードルがある為、ライバルセラーは細かい所まであなたの出品情報を調査するでしょう。

その場合、ライバルセラーからAmazonやFDAへ通報されるリスクがあります。

また、実際に商品が購入されたとしても、購入者からクレームが来る場合もあります。

食品・医薬品・化粧品は体に入り込んだり、肌に触れたりするものですよね。

購入者も「安全」を第一に気にしています。

少しでも不満があればAmazonもしくはあなたに直接クレームを入れてきます。

そのクレーム処理の過程でFDAへの登録がされていないことが判明した場合は訴訟問題にまで繋がることもあります。

(アメリカでは日本よりも訴訟を起こすことが身近な行為です)

こういったリスクもありますので、特にFBAで販売する場合にはFDAの認証が必要な商品に関しては必ずチェックするようにしましょう。

 

結局、ルールを守らないと稼げない

 

結論、Amazon輸出を副業で行うとしても、あなたがどんなに初心者だったとしても、行っていることは「ビジネス」であることを理解しましょう。

決められたルールの範囲内で活動をすることが第一優先事項になります。
もし裏技的な手法でそのルールをかいくぐったとしても、どこかでほころびが出てきます。

プラットフォーム側は顧客を優先しますので、購入者や同じプラットフォームで活動している他のセラーからの通報が入れば、あなたのアカウントを停止することなど躊躇なく対応をしてきます。

こちらはルールを守っていない以上、文句を言うことも許されません。

これはFDAの認証の話に限ったことではありませんので、法令やAmazonの規約を順守した上で、しっかりと利益を積み上げられるようにしていきましょう!

 

Amazon輸出では食品ジャンル以外にも稼げるジャンルも商品も沢山あります。

あなたがもし現時点で思うように上手く稼げない状況にあるのだとすれば、何かしらの問題が潜んでいます。

その部分を早めに特定していくことが出来れば、稼ぐまでの時間を短縮できます。

一度こちらの記事も合わせてご覧いただければと思います↓

 

 

輸出する際に規制に注意しなければならない他の商品

 

食品カテゴリーは上記で解説を行ったように取扱いに注意しなければいけません。

しかし、輸出を行う場合にはAmazonを利用する・しないに関わらず、他にも注意すべき商品ジャンルがあります。

例えば化粧品などは人の肌に直接触れるものになりますので、食品と同じく法律による規制を注意しなければなりません。

 

 

また、そもそも日本から海外への輸出が出来ない商品もあります。

これは輸送中に爆発や破裂しそうな商品や、有害物質が含まれている商品が代表的なものになります。

意外かもしれませんが「インク」などは輸出の規制の対象になります。

 

 

Amazon輸出での売れ筋商品は食品だけではない

 

Amazon内での食品カテゴリーは確かに売れ筋の商品です。

FDAの申請を行ったうえで出品・販売をすることが出来れば、今よりも間違いなく売上と利益は上がるかと思います。

ただし、売れ筋の商品は食品カテゴリーだけではありません。

カテゴリー申請を行って出品規制が掛かったカテゴリーに出品することが出来れば出品できる商品の幅は広がります。

最も重要なのは、視野を広く持って様々なカテゴリーに目を向けることです。

 

【Amazon輸出初心者レベル】

カテゴリーを絞って出品を行い、商品が売れる感覚を掴む

【Amazon輸出中級者レベル】

複数のカテゴリーに目を向けて、扱う商品の幅を徐々に増やす

 

こういった流れで扱う商品を増やしていくことが重要です。

食品カテゴリーはあくまでもそのうちの一つとして捉えましょう。

食品を出品できないからといって稼げないということではありません。