Amazon輸出

Amazon輸出で商品が売れないたった3つの理由 原因が分かれば売れる!

Amazon輸出をおこなっている方の中でも多くの方が必ずぶち当たる問題。

「商品が売れないんですけど…」

「どうしたら売れる商品を扱えるようになるんだろ?」

という商品が売れないという問題ですよね。

もちろんこれを読んで頂いているあなたも、しっかりとリサーチを行って、仕入れ基準に達した商品を出品されていると思います。

それでも思ったように売れていかないの必ず理由があるのです。

そんな方でも大丈夫です!しっかりとAmazonというプラットフォームの性質を理解すれば初心者の方でも、伸び悩んでいる方でも在庫がどんどん売れていくようになります。

日本と海外Amazonの価格差を利用して稼ぐ、個人でも行える優位性の持った素晴らしいビジネスですから、簡単に諦めてはいけません。

商品が売れないことでモチベーションが落ちている

Amazon輸出を始めたばかりで売れる感覚を持てていない

こういった方はぜひこちらの記事をご覧いただければと思います。

きっと仕入れを行うのが怖くなるかと思います!

Amazon輸出で商品が売れない理由

 

Amazon輸出というビジネスモデル自体は確実に稼げる手法です。

特に副業初心者の方にとっては、副業ビジネスの中でも比較的稼ぎやすい方法であることを理解しましょう。

稼ぎやすいと言われているAmazon輸出に取り組んでも、なかなか商品が売れない状況にある方は、これを読んでいるあなただけではありません。

仕入れた商品がFBAの倉庫に残ってしまうのには理由がありますし、たとえ無在庫輸出を行っている場合でも、その出品した商品が売れないのにはしっかりとした理由があります。

その理由を知ることであなたが行っている方法が正しいかどうかの答え合わせをすることが出来ます。

ぜひ、次に解説する3点を確認して、軌道修正してみてください。

商品リサーチが間違っている

 

Amazon輸出の中でも最も重要な部分を占めるであろう「商品リサーチ」が間違っている可能性があります。

そもそも転売ビジネスの最大の強みは、既に売れているものを調べてから、プラットフォームに出品できるところにあります。

事前に売れる商品をリサーチしてから仕入れと出品を行うことで、あなたのリスクを最大限回避することが出来るのです。

それはAmazon輸出に限らず、全ての転売ビジネスに当てはまることです。

この「商品リサーチ」が間違っている場合、あなたが背負うリスクはどんどん大きくなっていくことになります。

Amazon輸出の場合は、FBA販売を行う場合と無在庫販売を行う場合とでは、そのリスクの取り方が違うので、リサーチの方法も少しだけ視点が違います。

あなたが今行っている手法に合った「正しいリサーチ法」であるかどうかを確認してみてください。

他のセラーが出品している商品からモデリングして、適正な価格で出品することが出来ればしっかり利益が取れる商品を見つけることが出来ます。

価格設定が間違っている

仕入れた商品を出品する際に価格設定が間違っている場合があります。

明らかに他のライバルセラーが出品している同じ商品の価格とはかけ離れた価格で出品をしてしまっている場合は、当然、あなたの商品が売れる確率はどんどん下がっていきますよね。

ですから、Amazonを一つの市場と捉えて、しっかりと競合の動きを見て価格設定を行う必要があるということです。

あなたはしっかりと競合の価格をチェックしていますか?

特に、FBAを利用して販売を行う場合はこまめに価格をチェックする必要があります。

スーパーでもネットショップでも、商品の価格変更は常に行われていますよね。

Amazonの中でも考え方は一緒です。

しっかりとメンテナンスを行わないと、本来は売れる商品も売れない商品になってしまいます。

売れる時期を逃している

 

これは先述した「商品リサーチ」と「価格」にも繋がりますが、商品にはそれぞれ「売れる時期」というものがあります。

そのタイミングを逃すと一気に売れにくくなってしまいます。

いわゆる、商品の『旬』を逃してしまっているということです。

逆に、その旬に乗ってしまえば、どんどん出品した商品は売れていくことになります。

商品リサーチの際に、これから仕入れて、海外Amazonに出品する時にちゃんとそのタイミングを掴むことが出来るのかをしっかりと考えてから仕入れを行うようにしましょう。

売れない・儲からない・稼げないは全て違う

 

ここまで出品した商品が売れない場合の確認ポイントを見てきました。

ですが、ここで再度理解しなければいけないことがあります。

それは、「売れない」「儲からない」「稼げない」というのは全て違う状態だということです。

あなた本当はどんな状態かを正しく理解してください。

それによって対応が変わってきます。

【売れない】状態

 

売れない状態というのは、少なくともリサーチ、仕入れ、出品という行動を行っているものの、なかなか自分が思うような形で商品が売れてくれない状態です。

この場合は、先ほど挙げた3つのポイントに沿ってご自身が正しい方法で出品を行えているかどうかを確認できれば解決できます。

【儲からない】状態

 

あなたが思うように儲からない状態というのは、商品が売れているが利益が出ていない状態であるか、もしくは、商品が売れていないかのどちらかに分かれます。

もし前者であれば商品の仕入れ価格と出品価格の差が少なく、思うように利益を取れていない為、リサーチの精度をあげる必要があるかもしれませんね。

 

【稼げない】状態

 

『稼げない』状態が一番厄介です。

なぜなら、あなたが稼ぐ為に必要な行動量が伴っているのかどうか、その上で正しい方法を行えているのかどうかを測る必要があるからです。

根本的なあなたの行動を見直す必要があるということになります。

これだけ転売ビジネスの1つのジャンルとして確立したAmazon輸出は、稼げている人が存在するからここまでの広がりを見せているのです。

あなた自身もどういった経緯でAmazon輸出を知ったかどうかは分かりませんが、それは稼いでいる人がしっかりと存在しているからノウハウを知ることが出来たのです。

あなたが取り組んでいる時間・方法・環境を見直してみてください。

正しい方法で行えば100%稼げます

 

繰り返しになりますが、Amazon輸出は確実に稼ぐことが出来ます。

売れる商品を安く仕入れて高く販売する。

行うことはそれだけです。かなりシンプルなのです。

もしうまく稼げていないということであれば必ず理由がありますから、こちらの記事で解説させていただいたことを振り返って、正しい方法で取り組めるようにしていきましょう!