メルカリ転売

NETSEA(ネッシー)で仕入れて無在庫転売で稼ぐ方法

転売ビジネスの道を歩み始めた人の前に立ち塞がる最初の壁が「在庫」です。

大量の在庫を抱えるリスクを懸念して、転売ビジネスを諦めてしまう人も少なくありません。

そこでおすすめしたいのがNETSEA(ネッシー)を仕入れ先に利用することです。

こうすることで無在庫転売という新たな道が開けます。

しかし目の前に道があってもはじめの一歩を踏み出すのは勇気がいりますよね。

「本当に稼げるの?」

「まず何をしたらいいのかわからない」

こんな風に考えてしまうかもしれません。

しかし、現時点であなたがこういった不安を抱えていても心配ありません。

まだ無在庫転売やNETSEAについて知識が足りていないだけのことです。

NETSEAを利用して転売は自分で在庫を抱えることがありません。

そのため初心者でも始めやすく、稼ぎやすいです。

行う作業としてはメルカリやヤフオクに出品した商品が売れてからNETSEAで仕入れ注文を行うだけです。

通常の販売と違い、面倒な梱包や発送は仕入先の業者が代行してくれます。

この記事ではNETSEAの登録方法からその先の流れまで解説します。

転売を始めたら部屋が在庫だらけになってしまった

転売で稼ぎたいけど仕入れ資金が少ない

NETSEAでの仕入れはこのような方にもおすすめです。

この記事を無在庫転売という新たな道を進むための地図としてご活用ください。

道の先に何があるのかが分かればもう怖くありませんよね。

後は稼ぐだけです。

 

NETSEA仕入れの無在庫転売のメリット

NETSEAでを使うと転売における梱包・発送の手間や在庫リスクを減らせるメリットがあります。

ただし、NETSEAに掲載されている全ての商品が無在庫転売に向いている訳ではありません。

商品ページを見ると様々な条件が記載されています。

これを踏まえてNETSEAを使うメリットを見ていきましょう。

 

在庫リスクが無い

NETSEAを使う一番のメリットは在庫を持たなくて良いということです。

通常の転売であれば販売する商品を実際に仕入れてからメルカリやヤフオクに出品します。

しかし、出品した商品がすぐに売れるとは限りません。

いつ見ても「出品中」になっている商品に怒りを覚える事もあることでしょう。

やけになって価格を下げ、結局は赤字になってしまうなんてこともあるかもしれません。

そんな事を続けていたら仕入れの資金も底をついてしまいますよね。

仕入れ先をNETSEAにすることで在庫もストレスも抱えずに転売を行うことが可能になります。

ただし無在庫転売ができるのは、NETSEAに掲載されている商品ページに「販売後注文可」と記載のある商品だけなのでご注意ください。

 

商品数が多い

仕入れができる商品が多いのもNETSEAの魅力です。

NETSEAのホームページには当日と前日に追加された商品の数が載っています。

これを見ると数千の商品が毎日追加されているのがわかります。

無在庫転売が可能な商品に絞ってみてもかなりの数です。

商品の数が多いということは仕入れの幅も拡がるということです。

無在庫転売という強みを活かして色々な商品を試してみるのも良いでしょう。

経験を積むことで稼げる商品の傾向も見えてきます。

 

商品を顧客直送できる

NETSEAで商品を仕入れる際、自分の顧客に直送してもらうことができます。

その際、納品書に記載される連絡先を仕入先ではなく自分のものに変更可能です。

納品書を入れずに発送してくれる業者もあるので注文時に確認してみましょう。

顧客に直送することで梱包と発送にかかる手間がなくなるので出品の回転を上げることができます。

この顧客直送ができるのは商品ページにある「消費者直送」の欄に丸が付いている商品だけです。

出品前に直送可能であるかしっかりと確認をしましょう。

NETSEAを利用した無在庫転売の流れ

実際に行う作業としては

1.NETSEAの会員になる

2.仕入れた商品の販売先を決める

3.転売する商品を決める

4.商品を出品する

5.売れた商品をNETSEAで仕入れて直送してもらう

このような流れになります。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

1.NETSEAに会員登録を行う

NETSEAを利用するためにはまず会員登録が必要です。

NETSEAのホームページ 上部にある「仕入れ会員登録する」というボタンをクリックすると会員情報の入力画面になります。

ID・パスワードなど必要事項を入力しましょう。

NETSEAは基本的に法人向けですが個人でも登録可能です。

個人の場合には

・会社形態→個人事業主

・会社名→自分の名前

と入力すれば問題ありません。

 

2.販売先を決める

商品の販売先を決めましょう。

おすすめなのはメルカリとヤフオクです。

これらは利用者数も多く、出品するだけで大勢の目に留まるので売れやすいメリットがあります。

またNETSEAはアパレル系の商品が多いということもあり、フリマアプリやオークションと相性が良いです。

特にメルカリは女性ユーザーも多いのでレディースやベビー服などが売れやすいです。

まずはメルカリとヤフオクを使って無在庫転売を行うのが良いでしょう。

 

3.NETSEAで売れる商品をリサーチする

NETSEAのホームページでは「仕入れランキング」というものがあります。

カテゴリ毎に人気の商品がわかるので仕入れの参考にすることができます。

しかし、仕入れている人が多いということはそれだけライバルが多いということです。

そのため実績の少ない初心者には難しいかもしれません。

家電量販店で商品について質問したいと思った時、ベテランの店員と研修中の店員が近くにいたらベテランの方に声をかけてしまいますよね。

これは経験がある方が安心感があるからです。

同様に、同じ商品が並んでいたら評価数が多い出品者の方を選んでしまうのが人の心理です。

ライバルの多いランキング上位ではなく、少し下の順位を狙ってみるのも一つの手です。

商品を選ぶ際には

・販売後注文可

・消費者直送可

・画像転載可

・ネット販売可

これらの条件を満たしているかを商品ページで確認しましょう。

 

4.メルカリ、ヤフオクに出品する

NETSEAで目星を付けた商品がメルカリやヤフオクで需要があるか調べることも大切です。

例えばメルカリでは検索条件を利用すれば売り切れの商品に絞って検索することができます。

・販売実績があるか

・大体の相場はいくらか

これらを確認し、利益が出ると判断できたら出品をしましょう。

画像転載可の商品の場合はNETSEAの商品画像をそのまま使用できるので簡単です。

出品作業が完了したら後は商品が売れるのを祈りながら待ちましょう。

 

5.商品が売れたら仕入れて発送する

商品が売れたらNETSEAで注文をします。

直送可の商品の場合には「その他の住所(消費者直送)」を選ぶことで自分の顧客へ直送することができます。

商品送付先の入力をする際、「顧客直送用納品書を希望する」という項目にチェックを入れると

・連絡先→自分の情報

・送付先→相手の情報

という納品書が作成されます。

この場合の納品書には商品の価格は記載されません。

納品書を同梱してほしくない場合には注文時に確認してみましょう。

 

NETSEA仕入れのデメリット

 

簡単に稼ぐことができそうなNETSEAでの仕入れですがデメリットもあります。

このデメリットをどう乗り越えるかを考えることも稼ぐ為には重要となってきます。

 

競合が多い

NETSEAを使った無在庫転売は誰でも簡単に始めることができるメリットがあります。

しかし裏を返せばライバルが多いというデメリットにもなるのです。

実際、NETSEAで目星を付けた商品をメルカリで検索すると同じ商品がいくつもヒットすることも珍しくありません。

ライバルが多い中で稼ぐためには工夫が必要です。

例えばあえて仕入れランキングに載っていない商品から選ぶのも良いでしょう。

 

アカウント停止のリスク

メルカリやヤフオクでは規約で無在庫転売が禁止されています。

特にメルカリは無在庫転売に厳しくなってきており、短期間に商品を大量に出品するだけでもペナルティを受ける可能性があります。

また、利用者の通報が原因でアカウントを停止される事も多いので注意しましょう。

例えば

・商品の質問に答えられない

・実物写真ではない

などの理由で通報されることがあります。

万が一のことを考え、一つは自宅に保管しておくと安心です。

 

NETSEAでの売れる商品の探し方

 

商品選びで大切なのは

・NETSEAでよく仕入れられている商品

・メルカリやヤフオクで実際に売れている商品

この両面からリサーチを行うことです。

さらにライバルが少ない商品であることも重要です。

需要がある商品であっても自分が出品した商品が売れなくては意味がありませんよね。

NETSEAの仕入れでは在庫を抱える心配はないので色々な商品を試してコツを掴みましょう。

 

最後までご覧頂き有難うございます!