輸出ビジネス

Amazon輸出 初心者の方へ始め方・やり方を解説【2019年版】

Amazon輸出を初心者が始める場合のやり方について

Amazon輸出をこれから始められる方や、実践を開始して間もない方は何から始めて良いか分からなかったり、最初の段階でつまずくことが多いですよね。

「これってどうやったら先に進めるんだろう?」

「海外Amazonは英語だから進めにくいな…」

こんな風に思う部分も多々あると思います。

また、つい最近アマゾンでの個人輸出で利益を出せることを初めて知った方はどんなことから手を付ければ良いか分からないですよね。

でも、Amazon輸出は非常にシンプルなビジネスです。

初心者の方でも最初の準備さえ行ってしまえば問題なく行うことができます。

もちろん副業として取り組んで利益を出すことも可能です。

あまり難しく考えずにまずはこちらの記事で解説していることを一個ずつクリアしていきましょう。

 

何から始めたら良いか分からない方

最初の段階でつまづいてしまっている方

Amazon輸出に興味があってやり方を知りたい方

 

そんなあなたに最初の基本のポイントを解説させていただきます。

ぜひあなたたもAmazon輸出でトップセラーになる為の一歩を踏み出しましょう!

Amazon輸出初心者の方へ

 

Amazon輸出は個人で行える転売ビジネスの中でもとてもシンプルな手法です。

需要のある商品を仕入れて、仕入れた価格以上の価格で売ることが出来れば利益になります。

こういった転売ビジネスの中でも、特にAmazon輸出は稼ぎやすい転売ビジネスになります。

なぜなら、Amazonという巨大なプラットフォームを利用するからです。

元々お客様が沢山いる場所に商品を陳列することになるので、売れる商品のニーズさえ分かってしまえば、あとは商品の数を増やしていくだけで利益が膨らんでいきます。

ただし、Amazon輸出の場合は日本と海外の間でお金と商品のやりとりをするので、難しく感じてしまうことも確かですよね。

せっかく副業でも大きな利益を得ることが出来るチャンスがあるのに足踏みしてしまうことはとてももったいないことです。

ここではそういった障壁が無くなるようにAmazon輸出の始め方ややり方を順を追って説明していきます。

 

 

Amazon輸出 の始め方・やり方

 

Amazon輸出の実践を難しく感じる方は非常に多いです。

これを読んでくれているあなただけが難しいと感じているわけではなく、現在、バリバリの現役で稼いでいるトップセラーでも最初は難しいと感じていたのです。

しかし、実践のやり方を順を追って理解することで、Amazon輸出のシンプルさがお分かりになるかと思います。

 

1.売れ筋商品のリサーチ

 

まずは売れる商品の「リサーチ」を行います。

事前に売れる商品を調べることを リサーチ と言います。

陳列しても全く売れ無いような、需要の無い商品を仕入れても赤字になるだけなので、無駄な赤字を出さない為に、売れる商品を調べてから商品を仕入れます。

 

 

2.商品の仕入れ

 

リサーチが完了して、どんな商品に需要があるのかを調べたら実際に商品の仕入れを行います。

日本で仕入れられる需要のある商品と、海外のAmazonでの販売価格に差があれば、その差分があなたの利益として残ることになります。

あなたもご存知の通り、同じ商品だったとしても購入するお店が違えば商品の価格は違います。

この仕入れ価格をどれだけ安く抑えることが出来るかどうかで、あなたの手元に残る利益も変わってくることになります。

実践初期の商品の仕入れは家電量販店やオンラインでのネットショップからの買い付けでも十分に対応できますし、それだけで十分かと思います。

売上と利益が膨らんできた段階で卸契約などを進めることが出来れば、さらに利益率を高くすることが出来ます。

卸契約に関しては下記の記事で解説を行っております。

ぜひ併せてご覧ください。

 

 

3.出品

 

商品の仕入れが完了したら実際にAmazonに陳列をします。

このことを「商品を出品する」と言います。

出品を行った段階でやっとお客様の目に触れることになるので、商品の仕入れを行ったら早めに出品作業を行いましょう。

海外Amazonのアカウントを取得している状態であれば簡単に出品を行うことが出来ます。

Amazonの出品者用の専用ページは「Amazonセラーセントラル」というページになります。

このページで商品の出品や受注状況などを一覧で把握することが出来ます。

Amazonの場合は既に商品が登録してあるページに、自分が出品者として名乗り出るだけの簡単な手続きで商品を出品することが出来ます。

詳細な出品方法に関しては下記のページで解説を行っております。

びっくりするほどシンプルですので、ぜひ目を通しておいていただければと思います。

 

4.発送

 

あなたが出品した商品がお客様に購入されたら、あなたはそのお客様に向けて商品を発送することになります。

ここまで解説を進めてきた通り、かなり単純な仕組みであることが分かると思います。

売れる商品を探して、仕入れを行い、その商品を陳列して、売れたらお客様の元に発送するだけです。

しかも、この発送に関わる作業に関しては、Amazonの場合は「FBA」という仕組みがあり、Amazonから直接発送できる仕組みがあります。

これを行うことであなたの発送作業を簡略化することが出来ます。

FBA=フルフィルメント by Amazon

の略称になります。

Amazonが用意した商品を保管する倉庫に仕入れた商品を送れば、購入者からの受注を受けた際に迅速にAmazonが発送を行ってくれます。

日本からアメリカのAmazonの倉庫に商品を送る場合には諸々の作業を請け負ってくれる発送代行業者を利用することで仕入れ後の手間が省けます。

FBA販売を行う場合には発送代行業者を利用しましょう!

 

 

ここまでの一連の流れをこなしていけば、副業であろうと専業であろうと関係なく、アマゾンというお客様が大勢いるプラットフォームで、輸出ビジネスを行うことが出来ます。

このAmazon輸出ビジネスを行うには必要なものがいくつかあります。

その準備を整えてしまえば、誰でもアマゾンを使って個人での輸出を開始することが出来ます。

 

必要なもの・準備するもの

 

Amazon輸出に必要なものがいくつかあります。

そのうちのほとんどは最初に揃えてしまえば良いものです。

その都度必要になってくるものは限られていますので、最初にこれらの準備を行っておきましょう。

 

インターネットに繋がったパソコン

 

Amazonの輸出ビジネスでは、パソコンの作業が必要になります。

リサーチを行う場合も、仕入れを行う場合も、発送を行う場合もインターネットが繋がったパソコンでの作業が発生します。

スマホや携帯電話での作業は不可能とは言いません。

やり方を工夫すれば可能かもしれませんが、画面が小さいことや、パソコンでは出来る作業もスマホでは出来なかったりすることが多いので、必ずパソコンが必要だと思ってください。

 

クレジットカード

 

海外のAmazonで出品する出来るようになる為には、「クレジットカード」が必要となります。

出品者としての登録を行う為に必要となるものです。

また、商品を仕入れる際にも決済方法の手段としてクレジットカードは必要となります。

 

 

国内銀行口座

 

海外のAmazonで商品が売れた場合、その売上金の受取を最終的には国内の銀行口座が必要になります。

おそらく、この記事を読んで頂いているほぼ全ての方は銀行口座を所有しているかと思いますので、こちらは問題無いかと思います。

ただし、最終的にはクレジットカードの支払いの為に売上を充当するかと思いますので、クレジットカードの引き落とし口座と一緒にするのが良いかと思います。

また、副業で取り組まれる場合にはプライベート用とビジネス用の口座を分けて管理した方が、確定申告の際にも整理が楽になります。

 

海外Amazon出品用アカウント

 

これはAmazon輸出を行っていく上では最も重要なものになります。

「海外Amazonで商品を販売する為に必要な権利」と言い変えた方が良いかもしれませんね。

この出品用アカウントがあって初めて商品を出品することができます。

また、Amazonが定めたルール(=規約)に違反してしまった場合、このアカウントが無くなってしまうことがあります。

もし出品アカウントが無くなって場合は、もうAmazon輸出を行うことは出来なくなります。

しっかりとルールを守った上で実践を行っていく必要があります。

 

海外法人口座

 

海外のAmazonで商品を販売した場合、もちろんその売上金を受け取ることが出来ます。

ただし、海外のAmazonはあなたの日本の銀行口座に振込を行ってくれるわけではありません。

海外Amazonはその決められた海外の銀行口座にしか振込を行ってくれませんので、一度、海外の口座を経由してから、あなたの日本の銀行口座への振込を行う必要があります。

手続き自体はそんなに難しい手続きを必要としませんのでご安心ください。

大多数のAmazon輸出実践者は「ペイオニア」という海外口座を利用しています。

Amazonからの売上はその海外Amazonが展開されている国の通貨で支払われることになります。

米国であれば ドル ですし、カナダであれば カナダドル になります。

しかし、ペイオニアを利用すれば現状のAmazon輸出が出来る国のほぼ全てをカバー出来る状態です。

詳細は下記のページをご覧ください。

 

 

仕入れ資金

 

あなたは商品を仕入れる為のお金が必要になります。

商品を仕入れてから販売する形になる為、まずはその商品を仕入れる為の資金が必要になるということです。

現金がなくても、クレジットカード枠があれば大丈夫です。

ただし、Amazonで売上が上がってもすぐに口座に入金されるわけではありませんし、商品を出品してもすぐに売れるとは限りません。

資金は現金も含めて余裕を持った状態で実践をスタートすることが望ましいかと思います。

 

英語力は?

 

最後に、『英語力』に関してです。

結論を言ってしまえば、あなた自身が英語をペラペラ話せたり、スラスラと英語の文章を読める必要はありません。

現在はネット上で英語の翻訳をしてくれる無料のサービスがあります。

「Google翻訳」などが代表的なものです。

英語の文章はこれらの翻訳サービスを逐一使用していけば問題なくクリアすることが出来ます。

また、Amazon輸出を行う中で出くわす英文は、そのほとんどが定型文に近い形です。

ですから、一度調べてしまって慣れてくれば、多少単語が変わっても意味を読みとることが出来るようになっています。

副業で輸出ビジネスをされているほとんどの方が、そのレベルで実践を行っています。

ですからあなたも英語力に自信がなくても大丈夫です。

もちろん、英語が話せる・読めるという方であればそれがアドバンテージになるのは間違いありません。

Amazon輸出はシンプルです!

 

これまで見てきた「Amazon輸出の始め方・やり方」ですが、とてもシンプルなビジネスだと思いませんか。

商品を安く仕入れて、高く売る。これが根幹にあるビジネスです。

その為に必要なものがいくつかあるわけですが、逆に言えば、これさえ準備できればあなたは海外輸出というライバルが少なめの市場で利益をあげることが出来るのです。

「海外に商品を販売する」というビジネスを個人で行っている人はまだまだ少ないですからね。

しかも使用するのは世界でもトップをひた走るECサイト・Amazonですので、集客はAmazonにおまかせできてしまいます。

ぜひこちらの記事を最後まで読んでいただいたあなたも、海外のAmazonを舞台にして、考えられないような利益を手に入れられるように、少しずつ準備始めていきましょう!

 

 

Amazon輸出で商品が売れない人の典型的な例

 

Amazon輸出は副業で始めたとしても、正しい方法で実践を行えば稼ぐことが出来ます。

しかし、商品がなかなか売れずに苦戦する人もいらっしゃいます。

海外Amazonへの輸出を行う上で、商品が売れない人はいずれかの理由で商品が売れる状態をつくることが出来ていません。

 

1.商品リサーチが間違っている

2.商品の出品価格の設定が間違っている

3.商品が売れる時期を逃している

 

これらのいずれかであるパターンが多いのです。

つまり、商品の仕入れ・出品の前に勝負が決まってしまっているのです。

もしあなたが、これからAmazon輸出を開始されるのであれば、これらのポイントに注意しながら仕入れるべき商品を選定していってください。