輸出ビジネス

Amazon輸出FBA販売者向け 納品する送料を安くする方法は?

Amazon輸出でFBA利用時の送料を安くする方法

Amazon輸出FBAで販売を行っていく上で実践者としては、当然利益を求めるわけですが、その中でも重要な要素として送料があります。

日本からAmazon.comの倉庫へ納品する場合は、どれくらい送料を抑えられるかで利益率を改善することができます。

実践者であれば誰しもが思うはずです。

「FBAの納品の為の送料をもっと安く抑えられたら良いのに…」と。

国内送料と比べると国際送料は少々複雑ですが、理解して最適な方法を利用すれば、Amazon輸出のFBA納品送料を安くすることができます。

商品を販売すること以外にも利益率を高くすることができるようになりますので、ぜひこちらの記事をご覧いただいて、送料を安くする方法を実践していただければと思います。

 

Amazon輸出でFBA納品する際の送料はいくら?

 

送料を計算するには、最初にAmazon輸出FBAの納品方法を理解する必要があります。

Amazon輸出でFBA納品する方法は2種類あります。

1つ目は、アメリカの発送代行業者へ荷物を送り、アメリカの代行業者に納品をしてもらう。

2つ目は、直接Amazon.comに納品する。

こちらに関しては、インポーター(輸入者)が必須です。

輸出入時には荷受人がインポーターとなることが基本ですが、Amazon.comはインポーターにはなりません。

なので、インポーターを立てない限り、送り手順を間違えてなくてもAmazon.comのFBA倉庫には直接荷物を納品することができません。

Amazon輸出FBAの納品方法を2パターンを紹介しましたが、いずれにせよ、日本と同じように個人で納品することができないということになります。

なので、厳密にはAmazon輸出でFBA納品する際の送料ということではありませんが、アメリカへの送料は以下を参考にしてください。

EMS(国際郵便)料金表

UPS料金表

DHL料金表

FedEx料金表

各料金表にある一般価格はどれも非常に高いです。

届くまでの時間などが異なるので単純比較にはなりませんが、20㎏の送料での1kg当たりの送料は1275円~3046円となります。

ちなみに20㎏というのはだいたい140サイズのダンボール一箱分です。

 

FBA納品する際の送料を安くする方法

 

FBA納品する際の送料ではなく、正確にはアメリカへの送料を抑える方法となりますが2つご紹介します。

先ほど紹介した配送方法でEMSだけ異なるのですが、国際送料は重さで決まります。

実際の重さ(実重量)と、容積を重量換算した重さ(容積重量)の重い方が送料として採用されます。

※EMS(国際郵便)は実際の重さで送料が決まります。

例えばですが、140サイズのダンボールを空で送ったとしても、約20kgの容積重量があるので20㎏の送料価格で請求されます。

なので、送料を安くする方法の1つは、梱包方法を工夫することです。

隙間なく箱詰めしたり、複数箱発送する際はなるべく重さを同じにするということです。

2つ目は一度に多く発送することです。

基本的に1回の発送量が多い方が1kg当たりの単価は下がります。

 

送料を安く抑えることが利益に繋がる

 

Amazon輸出FBAにおいて、納品送料を安くすることで、利益が大きく変わります。

むしろ、先ほどのと実重量と容積重量の考えが抜けているだけで利益が全く異なります。

思ったより利益が出ていない、赤字になったという場合は送料の計算間違えが問題ということが多いです。

なので、利益計算をする際は商品の大きさに注意しましょう。

ちなみに、ほとんどの商品は容積重量の方が大きくなると思っていれば大きくは間違えません。

梱包を工夫したり、1回の発送の重量を大きくすることで送料を安く抑えることができます。

そうすることで利益に繋がりますが、一番最初に説明した通り、個人で行うにはあまりにもハードルが高すぎます。

そこで、送料を安く抑える方法として最も効果的なのが、代行業者を利用することです。

 

Amazon輸出はFBA納品代行業者をうまく使おう!

 

Amazon輸出でFBA納品を行うにあたり、よっぽど大規模で行わない限りは代行業者を利用したほうが送料は安くなります。

そして、利用する代行業者は日本から直接Amazon.comに納品できる業者にしましょう。

各業者の送料を一般価格で比較した際に、20㎏の送料での1kg当たりの送料は1275円~3046円となります。

しかし代行業者を利用することで1000円以内に収めることができます。

各代行業者によって価格はもちろんですがサービス内容なども異なるので比較検討をして決めましょう。

もちろん、代行業者を利用する場合でも、梱包の工夫と1発送当たりの重量を大きくするという方法はAmazon輸出FBAの納品送料を安くすることができるのでその2点は覚えておいてください。

FBA納品代行業者をうまく利用して送料を安くしましょう!

 

最後までご覧頂き有難うございます!