中国輸入やめた人の理由と稼ぐ秘訣を徹底解説!

中国輸入は、中国から商品を輸入して日本で販売する物販ビジネスです。

近年はインターネットの普及により、中国から商品を輸入して販売するまでのやり取りがすべてインターネット上で可能になりました。

中国輸入は原価が安く、利益率が高いメリットがあります。中国輸入代行業者があるため、中国語ができなくても安心して仕入れ可能です。

このようにメリットが多く、中国輸入を既に初めて稼いでいる方もたくさんいます。

しかし、中にはタイトルのように中国輸入をやめてしまう方もいます。

「中国輸入儲からない」

「在庫管理が大変」

「中国輸入をやめてしまう理由は何か?」

「中国輸入をやめずに稼ぐ方法は?」

などと悩んでいませんか?

本記事を読むことで、

「中国輸入で稼ぐぞ!」

「中国輸入物販始めてみようかな」

と感じられます。

本記事では、以下の内容を解説します。

  • 中国輸入をやめた人の5つの理由
  • 中国輸入が稼げない理由
  • 中国輸入で稼ぐ方法

と感じられるでしょう。

中国輸入をやめてしまおうか悩んでいる方、中国輸入で稼げる方法を知りたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

物販NAVIの講師&監修者
講師プロフィール
船田 寛 42歳 広島県出身東京在住
「リアル~真実を追う180日~」第14回「EC戦略のスペシャリスト」
テレビ出演いたしました!

【期間限定】LINE友だち登録で以下の5つを300名様限定でプレゼント。(なくなり次第、ボタンを削除します)

5大特典
  1. Amazon中国輸入OEM完全攻略マニュアル
  2. 代表 船田のガチリサーチ実践動画
  3. 結果に直結する物販ツール2ヶ月無料クーポン
    (毎月5名様まで)
  4. Amazon OEM適正診断
  5. AmazonOEM「5Days実戦プロジェクト」

Amazon OEMコンサルタント。AmazonOEMで月30万円以上のプレイヤーを多数輩出

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
目次

中国輸入やめた人に共通する5つの特徴と理由

「中国輸入は稼げない」「中国輸入はやめた」という意見もありますが、中国輸入を続けている人は多くいます。

そもそも、儲からないなら誰も続けません。

続けている人は、中国輸入が儲かるから続けているのです。

 

中国輸入やめた人に共通する5つの特徴と理由は以下のとおりです。

  • 儲かる商品が見つからない
  • お金が増えた気がしない
  • 在庫管理が大変
  • 商品リサーチに追われる
  • 精神的に疲弊する

残念ながら中国輸入はすぐに稼げる、楽な仕事ではありません。

稼ぐためには毎日コツコツと作業を積み重ねる必要があります。

物販ビジネスは、正しい稼ぎ方を知っていれば、確実に稼げるビジネスです。しかし、正しい稼ぎ方を知らない方や毎日の作業がつらい方は「中国輸入は稼げない」と感じてしまいます。

以下に中国輸入をやめた人の5つの理由を説明していきます。

儲かる商品が見つからない 

中国輸入を辞めた人が多い理由の1つ目は、儲かる商品が全く見つからないことです。

「簡単に稼げるって聞くから、1時間に何個も見つかるかと思ってた…」と想像とのギャップで辞めていく人が多いです。

儲かる商品は、商品のリサーチのやり方が全て。

闇雲に商品を探しても見つかりません。

儲かる商品のリサーチのやり方さえ分かれば、必ず稼げるでしょう。

動画で見たい方は参考にしてくださいね!

【Amazon 中国輸入 OEM】リサーチ 方法解説!初心者必見の重要ポイント説明しました

お金が増えた気がしない 

中国輸入は、仕入れ単価が安いので利益は出ます。

しかし、利益は出ているのにお金が増えた気がしないことがあるんです。

理由は、利益が全て在庫に変わっているからです。中国輸入は稼げるビジネスです。

しかし、中国輸入で稼いでいても「お金が増えた気がしない…」と感じ、やめてしまう方がいます。理由は「利益分の金額が、お金ではなく在庫になっているから」です。

例えば、銀行口座に資金が10万円あり、5万円で商品を仕入れたとします。5万円の商品を6万円で販売した場合、商品が売れたら利益は1万円。在庫は無くなり、口座残高は11万円になりますね。

しかし、5万円の商品が売れませんでした。残りの資金で3万円分仕入れて、3万円の商品を5万円で販売したとします。3万円の商品が売れた場合、利益は2万円。口座残高は7万円になります。

利益は2万円得ているはずなのに、銀行口座を見ると始めに用意した金額より残高が減っています。残高が減っている原因は、5万円で仕入れた商品が在庫になっているからです。

このように在庫が多い場合、利益を得ていても銀行口座を見ると残高が増えない状況に陥ります。

そして「お金が増えた気がしない…」と感じてしまいます。

お金が増えない中国輸入は、

  • 在庫が膨れ上がる一方で売上が一向に増えない状況
  • 利益は出ているのに、仕入れしすぎてお金が増えないの2パターンになります。

改善策は、在庫を必要最低限に抑えて、売上を伸ばすことです。

この原理を理解していないせどらーが、

  • 中国輸入はお金が増えた気がしない
  • 中国輸入は稼げない
  • 中国輸入はやめた!

という答えを出して、辞めていくのです。

在庫管理が大変 

中国輸入は、在庫管理が非常に重要です。

在庫管理がしっかりできていないと、過剰在庫を抱えてしまうおそれがあるでしょう。

余計なコストがかかったり、次の仕入れに資金が回せなくなります。

改善策は、FBAの活用です。

出品者に代わって、商品が注文からユーザーに商品が届くまでに必要な業務を代行するサービスです。

サービス内容は下記のとおりです。

  • 商品の保管
  • 注文処理
  • 配送
  • 返品に関するカスタマーサービス

24時間365日いつでも出荷できる体制や、代金のやり取り、クレーム対応まで手厚いサービスが魅力です。

というのも、

1つの商品を1個仕入れた場合と5つの商品を10個ずつ仕入れた場合、後者の方が在庫管理が大変なのは明確ですね。

どの商品がいくつ売れたのか、売り上げは……と考えていくと、数が増えると管理も大変になります。

在庫を管理しやすくする方法は3つあります。

  • 在庫はできるだけ持たない
  • AmazonFBAサービスを利用する
  • 在庫管理ツールを使う

在庫数が増えると管理が大変なため、在庫はできるだけ持たないようにしましょう。

仕入れたらすぐに売り、できるだけ在庫を減らすことが重要です。

AmazonFBAサービスを利用すると、Amazonで商品の保管から配送までに必要な作業を代行してくれます。

また、月額利用料がかかりますが、プライスターを利用すると在庫管理が楽になります。

プライスター

商品リサーチに追われる

中国輸入で稼ぐためには、儲かる商品を見つける必要があります。

儲かる商品を見つけるために、リサーチは必須です。

しかし、実際にリサーチを始めてみると以下のような問題に直面します。

  • 儲かる商品が見つからない
  • 毎日毎日リサーチをしなければならない

このようにリサーチ作業に追われて、時間ばかりが割かれていきます。

リサーチ作業に追われて稼げないことが中国輸入をやめる原因の一つです。儲かる商品が見つからない方は、リサーチのやり方が間違っているのかもしれません。

正しい方法を知り、儲かる商品を見つけましょう!また、稼ぎ続けるには毎日隙間時間をみつけてリサーチをする必要があります。

リサーチツールを使用して効率よくリサーチをしましょう!

精神的に疲弊する  

中国輸入転売で稼ぎ続けるには、基本的に毎日商品リサーチをおこなう必要があるでしょう。

そのため、プライベートの時間が少なくなり睡眠時間を削ったりと生活に支障がきたします。

休んだら収入がなくなるため、商品リサーチの手を止めることができません

儲かる商品が見つかっても、商品数が多いため、在庫管理と発注に多くの時間がかかります。毎日時間を割いてるのに、儲かる商品が見つからないと精神的にも疲弊するでしょう。

稼げれば、資金が増えるのでOEMをおこない、半自動化をおすすめします。

中国輸入で稼ぎ続けるためには、常に新しい商品をリサーチしなければなりません。稼ぎ続けるためには、「リサーチ→仕入れ→販売」を繰り返す必要があります。

この繰り返し作業が続くため、稼げるようになっても作業が楽にならずにやめてしまう方がいます。

物販ビジネスでは商品が売れた後、何もしなければ新たな収入は無くなります。

つまり、休めば休んだ分だけ収入が無くなるシステムです。

物販で稼ぎ続けるには、商品が売れたら、またリサーチをして仕入れて販売して……という繰り返し作業を毎日継続しなければなりません。

稼げるようになっても物販ビジネスを続けていく限り、ずっと「リサーチ→仕入れ→販売」の作業の繰り返しです。

永遠に休みなく続く繰り返し作業は、誰でも嫌になる時があるでしょう。

中国輸入のために毎日時間を割かなければならないため、時にはプライベートの時間や睡眠時間を削る人もいます。

隙間時間をみつけては作業を繰り返し、プライベートの時間も削ってしまえば、精神的に疲れてくるのも当然ですよね。

休みなく働いて精神的に疲れてしまい、中国輸入をやめてしまう人が多いです。

中国輸入で稼ぐ秘訣 

中国輸入で稼ぐ秘訣は下記の5つです。

  • リサーチツールを使う
  • 事業計画を立てる
  • 資金を用意する
  • オリジナル商品を開発する
  • 実績のある指導者を持つ

ここまでの記事で、中国輸入をやめた人の理由を説明してきました。

中国輸入は稼げないと感じてやめてしまう前に、一度対策を考えてみませんか?

中国輸入で稼ぐ方法を知りたい方はこのまま読み進めていきましょう。

リサーチツールを使う

すべて手作業でリサーチすると多くの時間がかかるでしょう。

リサーチツールを積極的に使うことがおすすめです。

おすすめのリサーチツールは下記のとおりです。

ツールによって、最初の◯日間無料などもあるので、自分にあったツールを見つけてくださいね!

リサーチをすべて手作業で行うと時間がかかりますし、作業量も膨大です。

積極的にツールを活用しましょう。

【おすすめのリサーチツール】

  • Amazon出品大学の出品データ
  • ERESA PRO(イーリサ プロ)

Amazon出品大学のデータを使用したリサーチ手順は以下の通りです。

  1. Amazon出品大学から出品データをダウンロード
  2. 調べたいカテゴリを選択する
  3. エクセルで商品を編集する
  4. ERESA PROでリサーチ

Amazon出品大学では、Amazonの売れ筋商品がわかります。

ERESAは無料ですが、ERESA PROは有料です。

機能の違いについては下記のリンクを参照してください。

ERESA(イーリサ) PRO(プロ)

以下の動画では、セラースプライトを利用して実際にリサーチをしながら商品について解説していますので、ぜひご覧ください。

リサーチ解説

事業計画を立てる

中国輸入が稼げない理由の1つに「計画を立てていないから」と説明しました。

中国輸入ビジネスをするなら、しっかりと計画を立てましょう。

計画は、以下の5項目を考えるのがおすすめです。

  1. 目的・ビジョン
  2. 仕入先
  3. 市場環境(競合他社の存在など)
  4. 売上・損益予想
  5. 計画実行に必要な資金

行きあたりばったりのビジネスは失敗します

計画を立ててから進めたほうが何事も上手くいくでしょう。

中国輸入の場合は、関税なども絡んでくるため自分で計画を立てるのが難しければ、税理士に相談しましょう

中国輸入の場合、商品を発注して販売を開始するまでに約2週間かかります。

また、計画を立てるには、中国の休日や祝日の事情を理解しておく必要があります。

中国輸入は、関税なども絡んでくるため計算が複雑です。

計画を立てるのが難しい場合は、税理士に相談しましょう。ちなみに、中国輸入を始めるときの初回発注数はいくつにすればいいのか?という質問に対して以下の動画で説明しています。

初回発注数(目標個数)

以下のリンクは、リサーチから売上予測までのポイントをまとめた動画です。

利益予測

資金を用意する 

個人輸入ビジネスを始めるには、最初の仕入れに使う資金の用意が必要です。

最低でも、10万円は用意しましょう。

法人形態でビジネスを運営する場合は、別途費用が必要です。

法人化には、合同会社の場合10万円前後、株式会社の場合で20〜25万円前後かかります。

資金が用意できなくて困っている方は、銀行融資を受けるのも一つの手です。

中国輸入で実績のある人は、融資を受けている人が多いです。

日本政策金融公庫には創業融資という制度があります。

起業する際に受けられる融資なので、初めての人でも丁寧に教えてもらえます。

法人としてビジネスをする場合は、さらに資金が必要になります。

ただ、法人化の手続きは、素人には難しいです。一般的には司法書士や公認会計士に依頼します。法人化のための資金と手続きを依頼する料金が別途必要です。依頼料は、10万円前後が相場です。

法人化したら、法人カードを作りましょう。

法人カードがあれば、最大2ヶ月弱支払いを繰り越せるため、商品を仕入れる際に便利です。

法人化して、最初の2年間は決算書がプラスになるように努力しましょう

そうすると、3年目には1,000万円程度の融資が受けられます

事業拡大もしやすくなるでしょう。

オリジナル商品を開発する

OEMを取り入れて、競合他社と差別化しましょう。

OEMとは、Original Equipment Manufacturerの頭文字をとった略語であり、中国などから仕入れた商品に自社のロゴを付け足し、自社のオリジナル商品を制作することを言います。

中国から輸入した商品は基本的にノーブランドですので、タグやロゴの付け足しをして、オリジナル商品として売り出す手法がスタンダードです。

自社のブランド商品が持てるということは、他商品との差別化に繋がるので、あなたの商品を選ぶ理由になります。

もちろん、ロゴやデザインを丸々同じものにしてしまうと盗作になってしまうので、そこは気をつけなければなりません。

中国輸入商品をOEMする際は、パッケージ(箱、ラベル、印字)品質の違いで他社と差別化ができ、何倍もの売上を生むこともあります。

しかし、OEMを始めようと思っても初心者せどらーからすると難しいと考えるかもしれません。

そのような方におすすめな、

簡単にできるOEM販売方法は、以下の3つになります。

  1. タグをつける
  2. 複数商品をセットにする
  3. ロゴをつける

上手くブランディングできれば、月収100万円も夢ではないでしょう。

実績のある指導者を持つ

中国輸入に限らず、ビジネスでいち早く結果を出すにはメンターの存在が欠かせません

中国輸入コンサルをやっている人のメルマガやブログを比較して、実力のあるメンターを見つけましょう。

小さく始めたい方は、YouTubeなど無料で学べるとこからおこなってもいいですね!

中国輸入に限らず、ビジネスで効率的に成長したい方は、実績のある指導者からノウハウを学ぶといち早く成長できます。中国輸入のコンサルはお金がかかります。

しかし、自分だけで稼ごうとするとやり方が間違っていても気づかずにトラブルが起きてしまう可能性があります。

指導者がいれば、自分の方法が間違っていないかアドバイスを受けられます。また、指導者は経験を積んでいるため、稼ぐための効率的な方法を学べます。

メリットが大きいですね。

そこまでお金を用意できない方は、無料で情報を入手しましょう。インターネットサイトやYouTube、電子書籍を利用すれば、無料で学べます。近くに図書館があれば、本を借りて学ぶこともできますね。

良かったら、下記の動画を参考にしてくださいね。

【Amazon 中国輸入 OEM】初心者が月収5万円を手にする具体的なプランを提案!

稼げるまで継続する

中国輸入は、最初はあまり利益が得られません。

毎日リサーチをして、仕入れをして、販売して……と作業を繰り返していくことで、少しずつ儲かるようになっていきます。

中国輸入を続ければ、段階的に稼げるようになります。

「商品が売れる→売れる数が増える→取り扱う商品を増やす→店舗の評価や実績が上がる」

このように1つずつ段階を踏んで利益を増やしていくため、一気に稼げるようにはなりません。

毎日の作業をコツコツ積み重ねて、継続することが儲かるための近道です。

毎日努力していても、途中でトラブルに遭遇したり、思うように売り上げが伸びずに悩むこともあるでしょう。

それでもあきらめず、稼げるまで続ける人が中国輸入では稼げるようになりますよ!

結果を出す人の特徴

他のライバルセラーと差別化できる中国輸入で稼ぐ3つの方法! 

他のライバルセラーと差別化できる3つの方法は下記のとおりです。

  • AmazonOEMをおこなう
  • ヤフオクやフリマアプリなどAmazon以外でも販売する
  • ツールやアプリを活用する

それぞれ、解説します。

Amazon OEMをおこなう 

中国輸入でさらに利益をあげるには、OEMをおこないます。

OEMをおこなうことで、効率的にライバルと差別化ができるでしょう。

中国には、白物、無印と呼ばれる何も書いてない商品がたくさんあります。

OEMには、

自社のロゴをつける以外にも既存商品の色を変える、素材を少し変えるなど、小さな工夫だけでオリジナル商品として販売できるので、手軽に挑戦できます。

決して1から開発する必要はなく、様々な方法でOEMをすることが可能。

アリババ、Amazonで検索すると、白物とOEMされたブランド商品を発見できます。

興味がある方は、調べてみると良いでしょう。

具体的に中国輸入でOEMをおこなう手順

OEMの手順は以下のとおりです。

  1. 事前リサーチ
  2. 工場への見積もり依頼
  3. 工場から見積もり回答
  4. サンプル依頼
  5. サンプル確認
  6. サンプル確認後の再検討
  7. 再サンプル品や初期量産品の確認
  8. OEM商品の量産依頼
  9. OEM商品の量産品の確認、販売

それぞれ、解説します。

事前リサーチ

リサーチが必要です。

通常の仕入れと同じように「商品はどれくらいのニーズがあるのか」「実際にどれくらい購入されているのか」とリサーチをおこないます。

OEMは最小ロット数が100個〜200個と通常の仕入れよりも、ロット数が多いです。

そのため、リサーチは通常よりも念入りにおこなう必要があります

工場へ見積もり依頼

なるべく、どのようにいたいのか具体化して伝えましょう。

  • 入れたいロゴのデザイン画像
  • 完成した商品のイメージに近い商品写真
  • その他事前に確認したい詳細や質問事項など

ロゴが1種類か、2種類かによっても変わります。

そのため、何度も細かく伝えることが大切です。

工場からは、

「最小ロット数」「単価」「サンプル費用」「サンプル作成期間」「量産期間」「別途かかる費用」の返答がある場合が多いです。

特に細かく確認したい項目は、見積もりの時に代行業者に伝えると良いでしょう。

自分が作りたい物をしっかりと伝えて、見積もりを出してもらうことが重要です。

工場から見積もり回答

まず、内容を確認します。

例)

  • 最小ロット:100個
  • 単価:日本円で900円
  • サンプル費用:2100円
  • 期間:6週間(サンプルは14日間)
  • 別途、刻印の型代が2,500円

上記の段階で、このまま作成するか、作成を見送るかを決めます。

工場が繁忙期だと、見積もりだけで2週間かかる場合もありますので、それを含めて検討しましょう!

サンプル依頼

OEMをおこなうことを決めたら、サンプル作成の依頼をします。

ロゴの刻印の場合、ロゴのデータを準備しましょう。

サンプルができたときに「イメージしていたものと違う…」とならないように、しっかりコミュニケーションを取ります

ロゴをどこに入れるかなど、その他必要事項を確認しながらサンプルを依頼しましょう。

サンプル確認

完成したサンプルが届いたら、サンプルの現物を見て確認します。

思い通りの商品になっていない場合も少なくありません。

イメージ通りの商品を作るには、しっかりとしたコミュニケーションが大事なのです。

サンプル確認後の再検討

この再検討の手順は、以下の通り完成したサンプル品の状態によって変わります

  1. 完成したサンプル品を見て、イメージと違う場合

→修正点を細かく伝え、再度サンプルの依頼

  1. 完成したサンプル品で量産したいけれど不安な場合

→最終的な量産全てではなく、その一部の個数で生産を依頼

  1. 完成したサンプル品で量産する場合

→量産に進む

工場によって、サンプル品と量産品で使用する工場のラインが異なる場合があります。

使用するラインが違うと、サンプル品と量産品とで誤差の範囲を超える違いが出てくることが少なくありません。

これを防ぐために、2のような初期量産という手順を追加します。

再サンプル品や初期量産品の確認

サンプル品と初期量産品とでは使用する工場のラインが違う場合があります

その点も注意して確認しましょう。

問題なく量産となった場合は、次の量産の依頼をおこないます。

OEM商品の量産依頼

やっと、OEM商品の量産を依頼します。

最初の見積もり依頼からおよそ2ヶ月くらいの期間がかかります

OEM商品の量産品の確認、販売

待ちに待った量産品の完成です。

完成した商品の確認をします。

販売のためには商品の写真が必要なので、量産品が完成したら商品写真の準備をしましょう。

そうすれば、スムーズに販売できます。

OEMのメリット

Amazonでは基本的に、すでに同一商品の販売ページが存在する場合には、そこに相乗りして販売することが決まりです。

そのため、値崩れが起きやすく、多くのせどらーが悩んでいます。

しかし、オリジナル商品を作れば、このリスクも防げるでしょう。

OEMは、利益率が20%〜30%と高いことも利益があげやすいポイントです。

例えば、

ロゴ入れ、送料や関税、消費税などの諸経費込み900円前後で仕入れた製品を、3,000円程度で販売できるのです。

ヤフオクやフリマアプリなどAmazon以外でも販売する

 

中国輸入で売れる商品をAmazonだけでなく、ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリを利用しましょう

販路を拡大させることで、利益を増やせる可能性があります

販売した商品にかかる手数料は、サービスごとに異なります。

ヤフオク8.8%、メルカリ10%で、カテゴリーによってはAmazonより低いです。

インターネットで商品を購入する場合、自分がよく使う電子マネーで支払えるサイトを選んだり、貯めているポイントとの連携するサイトを選んだりする人も少なくありません。

販路を増やせば、新しいお客さんと出会える可能性も増えるでしょう。

複数アカウントでの転売など、各サイトの規約に反する売り方は、アカウント停止のリスクがあるので注意してくださいね。

ツールやアプリを活用する 

中国輸入に限らず、利益をあげるには商品リサーチと作業の効率化が不可欠です。

そのためには、役立つツールやアプリを積極的に利用することをおすすめします。

先ほど、紹介したツールを活用し、情報収集をすると良いでしょう。

また、Amazonでの販売の効率化には、FBAを使うのがおすすめです。

作業の効率化をはかり、リサーチに時間を割けばより稼げます

中国輸入やめた人の理由と稼ぐ秘訣:まとめ

本記事のまとめは以下のとおりです。

  • 儲かる商品を見つけるにはリサーチが重要
  • お金を増やすには在庫を必要最低限に抑える
  • 競合と差別化をはかるならOEMをおこなう
  • OEMは見積もり依頼から約2ヶ月かかる
  • フリマアプリやヤフオクを活用して、販路を広げれば新しい顧客と出会える
  • Amazon販売は、FBAを活用して作業を効率化する

AmazonOEMと中国輸入を組み合わせて、効率よく稼ぎましょう。

日本では多種多様なビジネスがありますが、その中でも中国輸入ビジネスは比較的取り組みやすくなってきました。

副業として始める方がいる一方で、さまざまな理由でやめてしまう方がいます。

中国輸入は正しい方法で毎日コツコツと作業を進めていれば必ず稼げます!

思うように稼げていない方は、本記事を参考にして「どこで行き詰まったのか?」一度考えてみましょう。

原因がわかれば対策も立てやすくなり、確実に稼げる方向に近づきますよ!

\Amazon OEM攻略動画を今だけプレゼント!/

5つの動画でAmazon OEMを徹底理解!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

300名様限定で今だけプレゼント!/

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次